1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. ミニライブラリー寄贈プロジェクトから考える ミャンマーの子ども達の学習環境

更新日:2018/08/02

ミニライブラリー寄贈プロジェクトから考える ミャンマーの子ども達の学習環境

特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)

この募集の受入法人「特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

e5845f8d0f-Reading_Books.jpg

ミャンマーで20年活動するNGOブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)がシリーズで行うイベント。第1回目のテーマはミャンマーの子どもたちの学習環境。第2弾は9月13日「ミャンマーの人材育成」開催予定!

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程

時間:18:45-20:00(18:15~受付開始、18:30頃からスライドを流しながら雑談を始め、20:00頃には質疑応答、その後自由解散予定。)

募集対象

こんな方におすすめです!
-ミャンマーのことを知りたい
-ミャンマーの幼児教育、児童文化、子どもの学習環境に関心がある
-日本のNGOがミャンマーで何をしているか興味がある
-国際協力を身近に考えたい 

注目ポイント
対象身分/年齢
募集人数

30名

募集詳細

私たち ブリッジ エーシア ジャパンは、ミャンマーで20年以上、国際協力の活動を続けている団体です。


長年、ミャンマー各地でいろいろな活動をしている団体だからこそ、分かりやすく、かつディープにミャンマーの現状を皆さまに伝えることができると考え、このたび「ミャンマーから学ぶ国際協力」というイベントをシリーズで行うことにしました。


第一弾は、「ミニライブラリー寄贈プロジェクトから考えるミャンマーの子ども達の学習環境」について 現在、私たちが実施している"Book&Toyプロジェクト"の成果を報告しながらご紹介します。


村落部の学習環境、都市部の僧院学校、図書やおもちゃの貸出状況、どんな遊びが好きなのか等々、活動を通じて見えてきた子ども達の変化や課題について、BAJヤンゴン事務所調整員がお話しします。

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

根本悦子

設立年

1993年

法人格

認定NPO法人

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の法人活動理念

「ともに知恵を出しあい、ともに汗を流す」

 私たちはいま、貧困、難民、環境破壊など、国境を越えた世界規模の問題に直面しています。BAJはこうした解決が不可能と思われるような問題に対し、地域から考え、地域で行動を始めることで、解決の道を探ります。

 特に日本と関係の深いアジアの人々と連帯し、健康で幸福な生活につながる環境を整え、アジアの人々との共生を実現するために、政治体制や宗教、民族言語、文化の違いを越えて、相互理解の架け橋となれるよう願いながら、4つの目標を定め、活動を進めています。

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の法人活動内容

1. 技術習得や能力強化の機会を提供

2. 収入向上の支援

3. 地域発展のための環境基盤整備

4. 循環型社会の構築

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)のボランティア募集

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の職員・バイト募集