こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 2018年宮城県南三陸町「北の恋人岬幸せの鐘」建立・除幕式サポートボランティア

    更新日:2018/10/11

    2018年宮城県南三陸町「北の恋人岬幸せの鐘」建立・除幕式サポートボランティア

    三陸復興観光コンシェルジェセンター
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    9b77c04538-1528695126752.jpg

    ★2018年宮城県南三陸町「北の恋人岬幸せの鐘」建立・除幕式サポートボランティア大募集★
    宮城県・南三陸牡蠣倶楽部に展開する恋人岬プロジェクト、北の恋人岬幸せの鐘散策路整備、幸せの鐘設置作業補助など

    活動テーマ
    • 防災
    • 減災
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 宮城
    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    募集対象

    ■条件

    ・平成 30 年 6 月現在、満 6 歳以上(小学生以上)の方で心身共に健康な方
    ※但し小学生~中学生までは保護者同伴に限ります

    ・現地集合現地解散ができる方
    ※明神崎荘にご宿泊予約された方には最寄り駅からの有料送迎も可能ですが、事前にセンターにお問い合わせ、ご予約して下さい。

    ・自己管理、自己責任においてボランティア活動、奉仕活動ができる方

    ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方

    注目ポイント
    • 宮城県・南三陸町の復興創生に貢献できる!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生
    • シニア
    募集人数

    400名

    募集詳細

    2018年【宮城県南三陸町】

    恋人岬にしか出来ない「北の恋人岬 幸せの鐘」建立準備、除幕式をサポートボランティア募集

    三陸復興観光コンシェルジェセンター


     震災から7年が過ぎニュースでは復興を遂げた場所が映し出されたり活字に掲載されております。被災した沿岸部には、未だに復興どころか復旧さえしていない現実がまだまだ至るところに見受けられ、私達最前現場に留まり一緒に光 を見出せる真の復興の旗印は「復興創生」です。微力でも力添えが出来る光を創りだす環境に一歩でも近づけるように今もう 一息のお互い様によるお力添えによるご理解、ご協力をよろしくお願い致します。


    ■条件

    ・平成 30 年 6 月現在、満 6 歳以上(小学生以上)の方で心身共に健康な方

    ※但し小学生~中学生までは保護者同伴に限ります

    ・現地集合現地解散ができる方

    ※明神崎荘にご宿泊予約された方には最寄り駅からの有料送迎も可能ですが、事前にセンターにお問い合わせ、ご予約して下さい。

    ・自己管理、自己責任においてボランティア活動、奉仕活動ができる方

    ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方


    ■募集期間

    募集開始2018/5/21~募集終了2019/3/31


    ■活動内容

    南三陸牡蠣倶楽部に展開する恋人岬プロジェクト、北の恋人岬幸せの鐘散策路整備、幸せの鐘設置作業補助

    ※雨天時でも決行する場合もございますので、長靴、雨合羽、軍手は必ずご持参ください。


    ■活動日時

    各日 9:00~17:00 ※時間調整可能


    ■集合場所

    〒986-0700 宮城県本吉郡 南三陸町志津川袖浜174-3

    明神崎荘駐車場南三陸牡蠣倶楽部牡蠣小屋


    ■活動場所

    〒986-0700 宮城県本吉郡 南三陸町志津川袖浜174-3

    明神崎荘駐車場南三陸牡蠣倶楽部牡蠣小屋から徒歩二分


    ■募集人数 2名〜400名


    ■宿泊要相談 ※明神崎荘0226-46-6331※ボランティアプラン有


    ■ボランティア活動費:無


    ■お申し込み方法

    三陸復興観光コンシェルジュセンター事務局アドレス

    【恋人岬プロジェクトボランティア参加お申込み】と件名に記載し、 お名前(ふりがなもお願い致します)、いつでも御連絡がとれる連絡番号、参加予定期間、現地までの交通 手段を必ず記載して頂き先ずはメールにてお知らせ下さい。 メール到着次第数日の期間にてこちらからご連絡させて頂きます。 1 週間経っても御連絡がない場合、恐れ入りますが再度メールをお願い致します。


    ■団体情報

    三陸復興観光コンシェルジェセンター事務局 番号 070-5018-1023

    ※電波環境により繋がらない場合、不在時の場合もございますので予めご了承下さい。

    ★ツイッター、Facebook、インターネットで「三陸復興観光コンシェルジュセンター」をチェック!

    ★「南三陸牡蠣倶楽部」ホームページ、Facebookもチェック!


    ■主催団体/南三陸牡蠣倶楽部/三陸復興観光コンシェルジェセンター

    主管 恋人岬プロジェクト実行委員会


    ■その他ボランティア手続き案内

    ※ボランティア申し込み締め切りはボランティア可能日の2週間前なります。

    1日でもお申込み可能です。

    お申込み人数も 1 名からでも可能ですが、最少催行人数 2 名となり次第ボランティア確定とさせて頂きま す

    天候不良及び荒天候により当日中止となります事や作業途中での中止もございますので予めご了承下さい。


    ★ボランティア持ち物: 合羽、動きやすく汚れても濡れてもいい服装、長靴、水筒、タオル、害虫対策グッス、筆記用具、メモ帳、 他各自必要な持ち物

    ※ボランティア保険加入は各自お手続きをお願い致します。 加入希望者は、予めお住まいの地域の社会福祉協議会でボランティア保険にご加入の上お越し下さい。


    ★志津川湾遊覧と漁体験船&海の見えるシーフードバーベキューアクティビティ

    ・募集期間:6/1~8/15

    ・参加費:大人1名5000円、こども(小学生以下)1名2000円

    ※いずれも天候等による休止あり


    ■キーワード

    宮城県 南三陸町 小学生 中学生 大学生 学生 シニア 命日 311 3月11日

    • cbdb6c6547-1517976997406.jpg
    • 16f9647485-IMG_4325.jpg

      恋人岬への入り口です

    • 95ad9acbf2-IMG_4328.jpeg

      「北の恋人岬」完成予想です。素敵ですね。

    • 61209f0409-IMG_4336.jpeg

      もうここまで作業が進んでいます!

    • f018f10511-IMG_4334.jpeg

      恋人岬から見える風景です。青い空と海、森の緑が印象的です。

    • c682842fe7-IMG_4333.jpeg

      「北の恋人岬」夫婦松です。津波にのまれましたが、流されずに今も残っています。強い愛の象徴です。

    • 088495074c-IMG_4329.jpeg

      散策路を整備しています。

    • 5c4fb6d01b-IMG_4330__1_.jpeg

      こういった作業も大変ですが、多くの人に来てもらうためにも大切な作業です。

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • a38a4763ad-1528695125016.jpg

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    三陸復興観光コンシェルジェセンター

    代表者

    高橋宮倫子

    設立年

    2017年

    法人格

    未設定

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの法人活動理念

    東日本大震災から七年が過ぎてニュースでは復興を遂げたあちこちの場所が映し出されたり活字に掲載されております。


    そんなメディアには流れていない大津波により被災した沿岸部のあちこちには、未だに復興どころか復旧さえしていない現実がまだまだ至るところに見受けられ、私達最前現場に留まり一緒に光を見出せる真の復興の旗印は「復興創生」です。

    つまりは新しいインフラが出来るだけでなく、人の心の復興となりえる新しい場所づくりや、豊かな気持ちで幸せを感じられるお互い様の関係を構築できるための人と人との交流促進を6年10か月に渡りぶれずにまっすぐに活動を邁進しております。

    そんな活動が八年目に入りこれからの南三陸町における真の復興へ邁進する為にも全国からのボランティアの皆さんからの力添えを糧に、皆さんと本当の笑顔や元気にたどり着けるその日までご一緒に場所づくり交流

    をよろしくお願い致します

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの法人活動内容

    東日本大震災にて被災した南三陸町を中心に、岩手、宮城、福島にまたがる三陸復興観光国立公園を三陸復興観光コンシェルジュとして三陸の魅力を紹介します。

    「見ておきたいだけで、被災地と言われた東北の海に行ってもいいですか?」


    この問いに三陸復興観光コンシェルジェセンターは、


    「是非どうぞ」


    とお答えします。



    東日本大震災から八年目となった今は、全国からボランティアしたい一方的な想いでの支援にならないように、現地コンシェルジェが地元の想いや、支援ではなく今何が必要な志縁かをきちんとつなぎ手として調整して、


    更には「被災地を見て学んで次の災害に備えたい」


    「東北の海の幸である美味しいものを食べてゆっくり温泉三昧に行きたい」


    「東北の四季折々の景観や観光を楽しみたい」


    そんな全ての想いやその時にしかできない想い出を形にするのが、三陸復興観光コンシェルジェセンターです。


    更に現地コンシェルジェとして、東北復興の現場最前線での三陸復興観光コンシェルジェセンターの一員としてしっかりと、人と人との交流をメインに、全国や世界からたくさん訪れて頂ける方々と地元の方々との笑顔を育み、元気にふれあえる志縁活動を推進させて頂きます。


    お気軽にお問い合わせや現地案内窓口にお尋ねください。心よりお待ち申し上げております。

    減災スタディツアー・合宿

    1000年に一度の東日本大震災からの教訓を活かす減災スタディツアー、合宿プラン

    Go to 三陸復興国立公園観光プラン

    三陸復興国立公園観光プラン

    三陸復興国立公園を巡る着地型観光プラン

    Go to 有名観光地旅行プラン

    有名観光地旅行プラン

    世界遺産平泉、日本三景松島と繋がった復興観光旅行プラン

    Go to 沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    三陸復興観光コンシェルジェセンターのボランティア募集

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの職員・バイト募集