こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 6月16,17日大阪開催!「災害ボランティア・リーダートレーニング」講座

    更新日:2018/08/08

    6月16,17日大阪開催!「災害ボランティア・リーダートレーニング」講座

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV) + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    7f9319b1c9-11.jpg

    本研修では、防災・減災に関する知識、被災者とボランティアとのコミュニケーション、現場の安全管理やリーダーシップなど、状況の変化に対応しつつグループをまとめる判断力を養います。

    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 防災
    • 減災
    開催場所
    • 大阪 大阪市 大阪市立住之江会館 (地図)
    必要経費
    • 3,000円

    (サポート会員/学生:1000円)

    開催日程

    6月16日(土)10:00~18:00
    6月17日(日)10:00~18:00
    (要両日参加)

    募集対象

    ①下記の講座のいずれかを受講した者、もしくは災害ボランティア経験を有する者
    「災害ボランティア研修」等 (主催:行政または各社会福祉協議会)
    「災害ボランティア入門」(主催:ピースボート災害ボランティアセンター)
    「災害ボランティア入門(Web検定)」
    ②「救急救命講習」を受講していること。
    ※消防署や日本赤十字社などの公的機関、もしくは医療機関や民間救急団体が主催しています。
    ※地域によって、講習日程が合わない場合は、下記WEB講習(約45分程度)を修了していること。ただし、PBVでは公的機関での実施訓練を推奨しています
    ▼応急手当WEB講習▼

    ③ボランティア保険(天災タイプ)に加入していること。
    ※各自治体の社会福祉協議会にて発行しています
    参照:社会福祉法人 全国社会福祉協議会発行の「ボランティア活動保険」案内

    注目ポイント
    • 2011年から現在まで、全国で72回開催し、1000人以上の方が受講されました。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア
    募集人数

    30名

    募集詳細

    【受講者募集!】大阪開催6月16日(土)、17日(日)災害ボランティア・リーダートレーニング

    「災害ボランティア・リーダートレーニング」は、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)が
    東日本大震災での災害支援活動を行う中で得た知識や経験を元に作られたトレーニング・プログラムです。

    本研修では、防災・減災に関する知識、被災者とボランティアとのコミュニケーション、現場の安全管理やリーダーシップなど、状況の変化に対応しつつグループをまとめる判断力を養います。トレーナーは、東日本大震災や、毎年発生する水害での現場活動経験者が担当します。

    災害支援の基礎から応用編までを学ぶ、2日間のプログラムです。


    《受講者の参加動機》

    ・災害支援経験はあるが、円滑な活動について体系的に学びたかった。

    ・今後起こる震災に備えて、被災者の為にできる事を知りたかった。

    ・何か行動して役に立ちたい!という想いがあり、まずは被災地での活動の知識を深めたかった。


    《参加者の感想》

    ・被災地ならではの安全管理・危機管理について知ることが出来て、目から鱗だった。

    ・受講者同士のグループワークを通じて、被災地での円滑な活動についての視野が広がった。

    ・被災地での活動の知識を通じて、地元地域での防災活動のヒントを得た。


    近年話題にのぼる、南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70~80%の確率で発生すると言われています。災害時自分を守り、被災者の役に立てる知識を学びませんか?

    みなさんのご参加を心よりお待ちしています。


    以下、概要です。


    ◆日時

    6月16日(土) 10:00-18:00

    6月17日(日) 10:00-18:00

    2日間のトレーニングです。


    ◆会場

    大阪市立住之江会館

    16日:会議室2

    17日:大会議室


    ◆参加費&持ち物

    3000円(サポート会員/学生:1000円)

    筆記用具 動きやすい服装


    ◆内容

    【1日目】

    ・「災害の仕組みと災害支援の枠組み」

    災害の種類とその影響を知り、日本における災害支援の枠組みを学ぶ。

    ・「災害ボランティアの活動内容」

    減災のサイクルの図解を使い災害支援の全体像を知り、災害ボランティアの必要性を理解する。

    「ワークショップ①」

    被災地では様々なシチュエーションに遭遇する。過去の大規模災害から生まれた災害事例ワークショップ。多様な判断力を身につける。

    ・「災害ボランティアリーダーとしての心構え」

    被災地の状況を把握し、被災者とボランティアを繋ぐ存在として必要な備えと共に、支援に関わる様々な人への配慮と多様性を尊重する考えを学ぶ。


    【2日目】

    ・「安全管理と緊急時の対応」

    安全に活動を進める為に必要となる判断基準を学び、傷病者発生時の対応方法を学ぶ。

    ・「ワークショップ②」

    災害ボランティアリーダーが直面した事例を元にディスカッションを通して考察する。

    「災害ボランティアリーダーシップ」

    実例を元にした多様なリーダーシップ像を知り、チームをまとめる力を養う。

    ・「今後の備え~地域での活動~」

    災害時はもちろん平常時から、将来の災害に備えるための取り組みを考える。


    ◆詳細・申し込み

    「PBV 災害ボランティア・リーダートレーニング」で検索ください。


    ※講座参加には条件があります。こちらもHPでご確認ください。

    又、お電話での申し込みも承っています。

    03-3363-7967


    ■お問合わせ先
    一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
    ・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
    ・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
    ・Fax : 03-3362-6073

    • 4bdbf1baed-02.jpg

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 友達が増える
    • 土日中心
    • 資格・スキルを活かせる
    • dd1a40e0a4-103.JPG

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 5f7e9105b1 1a9248b577 pbv logo  1

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV)

    代表者

    山本隆

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動理念

    東日本大震災の被災者支援のため、NGOピースボートが阪神淡路大震災以来培ってきた独自のシステムにより国内外からボランティアを組織し、被災地の自治体、社会福祉協議会およびNPOなどと協力して、それらボランティアによる緊急支援活動および地元の雇用創出を含む復興支援活動を展開することを目的とし、また、日本国内外において地震、津波、台風などの自然災害が新たに発生した場合、国内外のボランティアが火急かつ効果的かつ持続的に被災者を救援、支援できるよう、災害ボランティアの育成と被災地へのより効果的な派遣システムの確立と普及も目的としています。

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動内容

    東日本大震災では、被害の大きかった宮城県石巻市・女川町を中心に、緊急・復興支援活動を展開。全国47都道府県、また世界52の国と地域からの災害ボランティアが1万人以上参加しています。

    自然災害に加え、原発事故を伴った福島では、子どもたちの“夢と健康"を目的とする国際交流・自然体験などの保養プロジェクトを行っています。

    また、台風被害や豪雪被害への緊急支援を行ったほか、今後起こり得る大規模災害に備えたボランティア・リーダーの人材育成をはじめとする防災・減災へも積極的に取り組んでいます。

    2016年~2018年には、新宿区協働事業として新宿区や他団体と共に、新宿区内の防災減災意識の向上と共助の担い手育成を目的とした「しんじゅく防災フェスタ」を開催します。

    ピースボート災害支援センター(PBV)のボランティア募集

    ピースボート災害支援センター(PBV)の職員・バイト募集