1. 【結局、貧困って誰が悪いの?】”世界の不均衡を体験する” 貿易ゲーム

    更新日:2018/04/21

    【結局、貧困って誰が悪いの?】”世界の不均衡を体験する” 貿易ゲーム

    NPO法人HERO
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    742230148e-singly_international_recruiting_68129_main.png

    ゲームに参加しながら世界の仕組みを体験できる!!小学生から大人まで参加可能!貿易のしくみのシミュレーションを通して、世界の貿易、国際関係、資源問題、パワーバランスを学ぶことの出来る人気イベント! 

    活動テーマ
    • 外国人労働者
    • 移民
    • 人種差別
    • 平和
    • 国際交流
    • フェアトレード
    • 飢餓
    • 教育格差
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 東京
    • 愛知
    • 大阪
    必要経費
    • 800〜2,000円

    参加費用:学生1,000円 / 大人2,000円 
    リピート割:学生600円 / 大人1,000円

    活動日程
    • 2018/05/05
    • 2018/05/12
    • 2018/06/30

    東京会場 :5月5日、6月30日
    名古屋会場 5月12日

    募集対象

    貧困問題をどうにかしたい!
    世界で起きる問題の原因を理解したい!
    戦争をなくしたい!
    そもそもなんで先進国と途上国があるの?
     
    こんな想いがある人はぜひ参加してください!

    注目ポイント
    • ゲームに参加しながら世界の仕組みがわかってしまう!
    • 他の国民を疑似体験することで、世界の見方が変わる!
    • 世界を平和にするためのヒントが見つかる!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア
    募集人数

    50名

    募集詳細

    これは世界で最も完璧なゲームです。


    とにかくリアルです!

    大人から子どもまで参加できます!
    結末は何度やっても予想がつきません!
    誰でも勝者になる可能性があります!!




    そして、
    実はあなたもすでにこのゲームの参加者です。


    ┏★ 貿易ゲームとは

    貿易のしくみをシミュレーション(疑似体験)することを通して、世界の貿易、国際関係、資源問題、パワーバランスを学ぶことのできるゲームです。


    いくつかの先進国チームと途上国チームに分かれ国際機関の定めに従って、モノを生産し取引をします。
    国によって資源や技術力が異なるので、与えられた条件のなかで他国チームと交渉したり、新しい技術を考えたりして、一番多くのお金を生み出した国が勝ちます。



    世界の仕組み、体験してみませんか?


    ┏★ セミナー詳細

    【東京会場】

    日程:2018年5月5日(土)

    時間:13:30~16:30

    場所:JICA地球ひろば

    市ヶ谷駅徒歩8分


    日程:2018年6月30日(土)

    時間:13:30~15:30

    場所:入谷ホール

    入谷駅徒歩3分


    【名古屋会場】

    日程:2018年5月12日(土)

    時間:12:30~14:30

    場所:名古屋日本陶磁器センター 高岳駅、新栄町駅より徒歩6分


    対象者:どなたでもご参加頂けます

    ★毎回8割以上の方が初参加でお1人でご参加頂いています。


    参加可能人数:50人(先着順)

    参加費用:一般 2,000円 / 学生1,000円


    ┏★過去参加者の声

    「途上国、先進国の問題をゲームを通して実際に学ぶことができてよかったです。先進国に住んでいる自身の役割を学びました。」




    「本当に面白かったです!!途上国ってほんとに何もないんだ、何もないか交渉でもいつも不利で、先進国に言われた条件をのむしかないもどかしさも、リアルに学べました!!世界ではこんなことが起きていたのかあああ!!」




    「日常でこういう刺激に出会えないので、、(笑)」

    ============



    世界の総資産の半分は1%の富裕層が所有しているそうです。
    そして、その1%の人達の平均資産は270万ドル。



    このゲームに参加し、勝利するものはその1%の富裕層になりうるのか!それとも、、、?



    ┏★NPO法人HEROとは?


    【可能性0%を1%に】というミッションのもと、これまでカンボジアに18か所の学校建設をし、学生向けの学校建設スタディーツアーでは年間300人以上の学生と共にカンボジアで学校建設や運動会などを行っています。
    よく「NPOなのに!!」とか「NPOっぽくない!!」と言われます。…おかしいなぁ(´;ω;`)

    • 5f25ed0003-22547144_1589166994496497_1287690788_o.jpg
    • b39c12d922-DSC07516.JPG

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    「楽しみながらもすっごい考えさせられるゲームでした!何回でも参加したい!」



    「将来フェアトレードに関する仕事がしたかったので、すごく参考になりました。」



    「途上国、先進国の問題をゲームを通して実際に学ぶことができてよかったです。先進国に住んでいる自身の役割を学びました。」

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • 96d79114c5-17917050_1403588399721025_392484840_o.jpg
    • efa892f553-2016-01-23_16.30.29.jpg
    • 8e02cbf665-DSC07589.JPG

    法人情報

    Square tiny 18fc00bda6 hero1
    Square small 18fc00bda6 hero1

    NPO法人HERO

    代表者

    橋本博司

    設立年

    2011年

    法人格

    NPO法人

    HEROの法人活動理念

    "可能性0%を1%へ" これが我々NPO法人HEROのミッションです。


    どんな場所に生まれようと、自分の可能性に挑戦できる世界を創りたい。


    HEROの法人活動内容

    HEROでは様々な方面での事業展開を行っています。

    ■学校建設

    初等教育の土台づくりを重視し無料で通える学校を建設しています。現地の各州の教育省と連携をとっているため、建設後の運営費や先生の人件費などは一切かかりません。


    ■貧困対策事業

    【1日1ドル以下の生活】をしている家庭が貧困から脱却をしてもらうために、豚を貸し付け育ててもらい、その豚を売却したお金を生活費の足しにしてもらう「マイクロ養豚バンク」事業を2014年夏より実施しています。


    ■メディカルサポート事業

    カンボジア・シェムリアップで日本人の観光客を対象にした日本語対応クリニックを運営しています。そこで出た売上の一部で、貧しいスラムの人達への食糧支援や村の子どもたちの健康診断を実施していきます。

    ■スタディーツアー・社会貢献型インターンシップ事業

    日本の大学生を対象に、カンボジアで学校建設をみんなで行うスタディーツアーや、72hで現地でビジネスを立ち上げてもらうインターンシップを実施しています。

    【スタディーツアー実施内容例】学校建設(レンガ積み、ペンキ塗り等)/科学実験教室/歯みがき教室/運動会/村でのホームステイ/アンコールワット観光…など。

    【インターンシップ実施内容例】飲食店の立ち上げ運営/ 観光客向けのオプショナルツアーの企画・販売/移動式販売車を利用した事業運営…など

    HEROのボランティア募集

    HEROの寄付募集