こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. 6/7 シンポジウム「アフリカのSDGs達成に向けた東アジアの役割と連携」

更新日:2017/06/20

6/7 シンポジウム「アフリカのSDGs達成に向けた東アジアの役割と連携」

ハンガー・フリー・ワールド
  • 開催場所

    明治神宮前〈原宿〉駅 徒歩2分 [東京都渋谷区神宮前1 原宿クリスチャンセンター1F会議室] (地下鉄明治神宮前駅5出口から徒歩約2分 JR原宿駅から徒歩5分)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

この募集の受入法人「ハンガー・フリー・ワールド」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

c8b5088fe0-event0607.jpg

「SDGsケニア・フォーラム」事務局長のフローレンス・シェブオ・ムリさん

活動テーマ
開催場所
  • 東京 渋谷区 東京都渋谷区神宮前1丁目11−1 原宿クリスチャンセンター1F会議室 (地図)

地下鉄明治神宮前駅5出口から徒歩約2分 JR原宿駅から徒歩5分

必要経費

無料

募集対象

SDGsやTICADに関心のある方

注目ポイント
対象身分/年齢
募集人数

40名

募集詳細

日時: 6月7日(水)14:00-16:00

締切: 6月7日12時まで

主催 :市民ネットワーク for TICAD

お問い合わせ先:

市民ネットワーク for TICAD(担当:廣内・稲場)

〒110-0015台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階西

(特活)アフリカ日本協議会気付


アフリカにおけるSDGs達成に向けた現状と取り組みについて紹介したうえで、TICAD、FOCAC(中国・アフリカ)、KOAFEC(韓国・アフリカ)など東アジアとアフリカを結ぶイニシアティブがアフリカのSDGs達成に向けて現在果たしている役割について考察します。そして、今後、東アジアがアフリカのSDGs達成にどうかかわっていくべきか、市民社会はどうすべきかを検討します。


フローレンス・シェブオ・ムリさんプロフィール

2016年に「SDGsケニア・フォーラム」を創設し、事務局長に就任。2013年以降、貧困をなくすための世界規模の市民社会ネットワークである「GCAP」(貧困をなくすためのグローバル・コール)のケニアでのリーダーを長年務め、貧困や不平等の解消のためにケニアの市民社会の連携・調整を図る取り組みを続けてきた。また、2016年の「TICAD VI」ナイロビ開催においては、TICADに取り組むケニアの市民社会のリーダーとして、アフリカ市民社会のサイドイベントの開催や、ケニア政府との連携・協力、日本の市民社会との橋渡しなどを担った。昨年3月来日。東アフリカ・カトリック大学卒業、ケニヤッタ大学修士(国際関係・外交学)。

法人情報

“食べる、生きる、明日を育む。”
代表者

原田麻里子

設立年

1984年

法人格

NPO法人

ハンガー・フリー・ワールドの法人活動理念

ハンガー・フリー・ワールド(HFW)は、飢餓に苦しむひとびとの「食べる」を取り巻く環境を変えていき、「生きる」力を育むことで、世界の「明日」へとつなげていく国際協力NGOです。食べ物を送るといった緊急支援も大切ですが、HFWでは、住民たちが自分の力で食べ物を得られるしくみや地域づくりに取り組んでいます。

ハンガー・フリー・ワールドの法人活動内容

○海外活動

アジア・アフリカの4ヵ国で、地域の住民とともに、栄養改善や教育などの地域開発やアドボカシー、啓発活動、青少年育成を行っています。

○国内活動

飢餓や食料問題について伝え、一緒に解決に向けて行動を起こすよう呼びかけています。また、政府や国際会議に、政策提言などを行なうほか、

青少年育成にも取り組んでいます。

ハンガー・フリー・ワールドのボランティア募集

ハンガー・フリー・ワールドの職員・バイト募集