1. 韓国ソウルにてインターン募集 認定書発行、日韓交流!KPOP国際交流!

    更新日:2018/12/29

    韓国ソウルにてインターン募集 認定書発行、日韓交流!KPOP国際交流!

    アジア希望キャンプ機構
    メインビジュアル背景画像

    韓国ソウル(ホンデ)のKPOPスクールと多国籍カフェでインターンシップ

    ・生涯教育院(多文化カフェ)での日本語教室

    ・KPOPキャンプの企画と運営、オーディションサポート

    ・アコピアスターのトレーニングプログラム

    ・ひろば韓国語教室運営のサポート

    ・日韓ワークキャンプの企画と運営+同行引率(選択可)

    ・住民センター(公民館)での日本語講師

    ・NGOアジア希望キャンプ機構の活動を支援

    ・韓日未来フォーラム

    ・日本に向けての広報活動(ブログ作成など)

    ※具体的な担当業務は、本人の希望、韓国語能力、継続期間、経歴などによって異なります。

    ※自分探しや海外での変わった体験、韓国語練習や韓国人友達つくり、韓国旅行を希望する人のためのプログラムではありません。

    ◆募集期間:2018年11月07日から2028年10月末まで随時募集です。

    ◆日本国以外の多国籍インターン大学生たちが働いています。フランス、日本、ドイツ、フィンランド、フィリピン、ハンガリー、ブラジル、スウェーデンなどから20名程度のインターンが勤務中です。

    基本情報

    26d9d8c8f8-intern_international_recruiting_66048main.png

    日本のいいところ、韓国のいいところを伝えましょう♪

    活動テーマ
    • 国際交流
    勤務場所
    • 韓国

    ■ACOPIA School
    ソウル特別市麻浦区東橋洞204-57,202号室
    地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 2番出口 徒歩5分
    ■多文化カフェ
    ソウル特別市麻浦区東橋洞203-57、1階カフェ
    地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 2番出口 徒歩5分

    待遇

    無料

    【インターン期間中&修了後の特典☆彡】
    1. インターン期間中、ひろば韓国語教室で韓国語個人レッスン (週1回2時間、無料)
    2. インターン期間中、アコピアKPOP教室でダンスレッスン (週1回2時間、無料)
    3. 世界各国からの大学生インターンたちと同じ空間(交流ラウンジ)で勤務
    4. インターン修了後、アコピアハウスの空ベッドを6泊以内で年間2回提供 (生涯、無料)
    5. インターン期間中&修了後、アコピアカフェで飲料提供 (生涯、無料)
    6. インターン修了証とオリジナルバッチを贈呈
    7. アコピアファンドで毎月韓国旅行 (アコピア多文化カフェ収入)
    8. KPOPオーディション同行、KPOPキャンプ同行
    9. 交通費と昼食代
     →交通費(1日5000ウォン)、昼食費(1日5000ウォン※8時間勤務の場合のみ)を月末にまとめて支給しています。
    10. インターン期間中、アコピアハウスに居住する場合は通常料金の20%割引
    11. 仁川⇔熊本往復航空券+熊本2泊をプレゼント (5ヶ月以上フルタイム勤務の場合)

    ◆多国籍インターン大学生たちが働いています。フランス、日本、ドイツ、アメリカ、フィリピン、ハンガリー、ブラジル、スウェーデンなどから5~10名程度のインターンが勤務中です。

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1〜3ヶ月)

    3か月以上の場合:週3回出勤して4時間ずつ(9-13時もしくは14‐18時)
    2か月の場合:週3回9-18時(8時間勤務)
    1か月の場合:週5回9-18時(8時間勤務)

    ※原則3か月以上が望ましいですが、短期間で希望の方は、ご相談ください。
    インターン期間によって、勤務回数が異なります。

    ※時間は、月~土09:00~18:00の内、4時間又は8時間
    ※曜日と時間は選択可。8時間勤務の場合12:00~13:00は昼食休憩。
    ※勤務日時は曜日固定→応相談

    勤務頻度

    週2〜3回

    期間は、3か月以上が原則です。
    ※時間は、月~土09:00~18:00の内、4時間又は8時間、週3日~5日。
    ※曜日と時間は選択可。12:00~13:00は昼食休憩。
    ※勤務時間は3つの中で選択可能、09:00~13:00、14:00~18:00、10:00~17:00

    募集対象

    ・日本語ネイティブの方。国籍は問いません
    ・最低1ヶ月間以上勤務できる方。1ヶ月間の場合は週5回
    (月~土09:00~18:00の内、4時間又は8時間、週3日~5日。)
    ・日本の大学または高校に在籍している方(高校生の場合には両親の同意が必要です)
    ・韓国語は話せなくても大丈夫です(日本人正社員、日本以外の国籍のインターンも在籍しています)
    ・基本的なパソコンの操作ができる方(Excel等)
    ・自分から積極的に学ぼうとする姿勢を持っている方
    ・国際交流に関心があり目的意識を持っている方
    ・異文化のなかで積極的に行動できる方
    ・VISAは、ワーキングホリデー、居住、留学
    ※90日間短期(無VISA)の場合は滞在目的とインターンシップの意志がしっかりしている方。韓国の大学や語学堂などに留学中の方も申請可能です。

    注目ポイント
    • ソウルでしか体験できない国際交流、KPOPダンスレッスン費が免除。
    • 「国際交流インターンシップ認定書」を発行
    • KPOPキャンプとオーディションサポートもあります。
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    3名

    関連スキル
    • Web・アプリ制作
    • 翻訳/通訳
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    アジア希望キャンプ機構(ACOPIA)では、一緒に日韓交流のお手伝いを体験してみたい日本人と在日韓国人のインターンシップ生(大学生)を募集しています。


    コリアプラザひろばNGOアジア希望キャンプ機構が主催する国際交流事業を主管する株式会社です。コリアプラザひろばは、日本人インターンと韓国人ボランティアに支えられて運営されています。皆さんはアジア希望キャンプ機構のボランティア・インターンです。


    日韓の相互理解に貢献したい!

    韓国人に日本の良さを知ってもらいたい!

    日本人に韓国の良さを知ってもらいたい!

    韓国で働く体験をしてみたい!

    アジアの国際協力に貢献したい!

    フェアトレードを体験して実現したい!

    韓国と日韓問題を取材したい!

    等々


    興味のある方、ご連絡下さい。常時5名程度の日本人インターンが勤めています。

    日本人の他にもドイツ、フランス、フィリピン、トルコ、イギリス、ベルギーなどからのインターンも働いています。常時5~10名程度のインターンが働いています。

    • c5584ecf60-image__9_.jpg

      世界文化遺産をめぐる引率ボランティア

    • 0a8fda8490-image__7_.jpg

      地元の方々との交流

    • 21a50b4a80-image__6_.jpg

      ワークキャンプ

    • d061d7f035-image__9_.jpg

      KPOPダンス

    • 028ea94073-1517304932730__1_.jpg

      多国籍インターン

    • ba1bfa990c-intern_international_recruiting_66048_sub1.jpg

      KPOPスクール

    • 17c4e7a0b7-dlsxjs.jpg

      勤務期間による出勤回数と勤務時間

    • 87512aa3a0-12.jpg

      海外インターンたちが随時10名ほどです。

    • 0c0e82c86d-11.jpg

      日本人への韓国語教室

    • 35207bcd7a-image.jpg

      KPOPキャンプ

    体験談・雰囲気

    このインターンの体験談

    玉井舜基さんのインターン体験談です。

    (立教大学現代心理学部・延世大學校交換留学)


    2016年の9月からインターンとして働いている玉井舜基です。

    今年の2月から韓国の延世大学に交換留学生として約一年間滞在することになり、ちょうど語学力も伸び、余裕ができてきた9月からインターンをさせていただいています。もともと学校の授業以外にも課外活動をたくさん経験したいと考えており、またせっかく韓国語を学んでいるので、韓国語を生かしながらできるインターンを探していました。また日本に帰国した後、就職活動が始まるので海外でのインターンの経歴を得ることが出来るいい機会だと思いインターンを申請しました。


    私がアジア希望キャンプ機構で主に活動できた3つのことを報告したいと思います。まず一つ目ですが、日本に関心を持っている韓国人学生を対象に、日本で奉仕活動、交流会、また日本文化体験をさせる「日本キャンプ」です。私自身韓国に住みながら、韓国の方と一緒の時間を過ごし、毎回新しい発見と驚きがあります。それは現地に行かなければ決して味わうことのできないことです。「日本キャンプ」では主に現地日本での活動を通して、観光では味わうことのできない体験をさせるプログラムです。私が韓国でしか体験することができなかった文化を感じれたように、当日参加する方々にも特別な日本文化体験をさせることができたらいいなという気持ちで仕事をさせていただきました。



    冬の「日本キャンプ」は1月と2月に行われます。準備期間の4ヶ月は何をしていたのかというと、日本の団体と連絡を取り合いながら、奉仕活動と交流会の企画を考えたり、また当日の日程表の作成をするなどデスクワークが中心でした。一見地味な仕事ですが、準備期間が何より大切です。

    私は今年の1月に長崎へ赴き、キャンプを進行しました。実際に韓国の高校生と大学生を連れて、多くの体験をさせました。大学訪問、清掃ボランティア、日韓交流会、着物体験、長崎ちゃんぽん作り、長崎平和公園で平和学習、温泉体験、ハウステンボスや日本三大夜景を見に行ったりもしました。参加者は多くのプログラムを通して多くの気づきがあったと言います。例えば長崎は日本の文化と西洋の文化、また中国の文化が混じり合う不思議な国である。清掃活動でゴミの少なさに驚き、またゴミを持ち帰る日本人の民度は高い。などと日本の良さに気づいてくれました。


    さらに大学訪問の時や日韓交流会で知り合った日本人と連絡先を交換し合って、仲良く連絡しあっていた姿が印象的でした。交流会は長崎ちゃんぽん作りをしながら参加者は自然と会話しようとしていました。参加者の一人が会話表現集を持ってきて、頑張って会話をしようとする姿も印象的でした。言葉は意思疎通する上で大切な要素の一つですが、なんとか自分の気持ちを相手に伝えようとする気持ちが大切なのだと考えさせられました。

    次に「多文化共生」というプログラムにも参加させていただきました。これは韓国の中高生と一緒に国際ボランティアをするプログラムで、普段生活している中で決して会うことのできない韓国の中高生たちと交流する貴重な体験でした。ボランティアしながら彼らが将来どのようなことを考えているのか、学校生活はどのように送っているのかを知る機会になりました。私はこの「多文化共生」を通して特別に短期のアルバイトをする機会に恵まれました。アルバイトでは韓国に移住してきた移住民を模した人形を販売、または韓国の子供たちに人形作り体験をさせるものでした。私の韓国語がつたなく、苦労したこともありましたが、韓国の子供たちに少しでも国際的な雰囲気、「多文化」を感じさせることができたのだと思います。

    最後に「熊本キャンプ」ですが、これは11月の下旬に行われたプログラムでして熊本から来られた方を韓国の名所を案内する同行リーダーを任されました。伝統韓屋村に案内して伝統的なお茶体験、景福宮にて韓服体験、ホームステイを通して参加者の方々は非常に満足した様子で帰られました。参加者の中には何度も訪れる人もいましたが、今回は特別な経験をさせていただいたということで、とても感謝されました。


    特徴
    • 初心者歓迎
    • 短時間でも可
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:30%、女性:70%

    • fdd3575641-1517304932730__1_.jpg

      多国籍インターン

    • febad9c7eb-intern_international_recruiting_66048_sub2.jpg

      KPOPキャンプ

    • 5b993cbabc-KPOP.jpg

      KPOPスクール

    • 3cbb5ca351-intern_international_recruiting_66048_sub2.jpg
    • b9b1dd2960-dlsxjs.jpg

      勤務期間による出勤回数と勤務時間

    法人情報

    Square tiny f26b894340 image  1
    Square small f26b894340 image  1

    アジア希望キャンプ機構

    代表者

    KYU CHEOL CHO

    設立年

    2013年

    法人格

    NPO法人

    アジア希望キャンプ機構の法人活動理念

    国際ボランティア委員会は、アジアの平和共存と相互理解のために二つのプロジェクトを実行します。国際ボランティア委員会が実行している二つのプロジェクトとは、

    ①「アジアの希望キャンプ」をアジアとヨーロッパの多くの国で実施することと

    ②「ボランティアの世界地図」を完成すること です。

    「アジア希望のキャンプ」は、アジアを舞台にした国際ワークキャンプです。


    国際ワークキャンプの開始は1920年第1次世界大戦後、荒廃したフランスの村を支援するため、世界各国から若者が集まって農地を再建したことから始まったことです。このワークキャンプは、できるだけ開催地に迷惑を与えず、より実質的な国際交流をしながら現地の人々に役立つというビジョンを持っています。

    また、開催地までの旅費は参加者各自が負担し、現地集合、現地解散を原則として、参加者がより独立して動けるようにします。宿泊と食事は、キャンプ場などを活用して参加者が協力して自分で解決する場合もあり、ホームステイ、宿泊施設の提供などホスト国や現地の提供を受けることもあります。

    100年前に「国際ワークキャンプ」が始まった地域はヨーロッパでしたが、「アジア希望キャンプ機構」の実施する「希望キャンプ」はヨーロッパではなくアジアとアフリカで開催されます。今私たちのボランティア助けを必要としているのは100年前のヨーロッパではなくアジアとアフリカだからです。

    アジア希望キャンプ機構の法人活動内容

    1. 韓国と日本、世界各国で国際ワークキャンプ

    • 韓国各地で年間2回
    • 日本各地で、7~8月に20回、1~2月に20回(年間40回)
    • 韓国と日本を除く世界各国で進行(年間20回以上)

    2.ボランティアの世界地図の作成と情報公開
    地球上のどこで誰がどのようなボランティアを求めているかに関する情報を調査し、整理し、その情報をこのホームページに公開することにより、国際ボランティア活動への参加を希望する世界中の若者たちが共有できるようにしたいと思います。いわば、国際ボランティア情報のポータルサイトを作って皆と共有したいと思っています。

    アジア希望キャンプ機構のボランティア募集

    アジア希望キャンプ機構の職員・バイト募集