こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 滋賀のボランティア募集一覧
  3. 滋賀でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 滋賀の学生集まれ!学生がつながる場を一緒に作りませんか?

更新日:2018/07/27

滋賀の学生集まれ!学生がつながる場を一緒に作りませんか?

滋賀学生コミュニティ kaname
メインビジュアル背景画像

この募集の受入団体「滋賀学生コミュニティ kaname」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

90ebb1537e-IMG_4374.JPG

滋賀の学生がつながる場を作る

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

特になし

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

自分のペースで活動できるように、お一人お一人に合わせさせていただきます。

活動頻度

応相談

募集対象

学生(中高生も大歓迎です!)

注目ポイント
  • たくさんの滋賀の学生や社会人と繋がれる!
  • イベントの企画運営が学べる
  • もう1つのくつろげる居場所ができる
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

一緒にやりたいこと

☆滋賀での学生生活をより魅力的なものに!

皆さんは滋賀が好きですか?

滋賀の学生には「滋賀」にあまり魅力を感じていない人が多いです。

「京都」や「東京」と比べて、都会ならもっと日々がたのしいだろうなと考えたり。

でも、そんなことを考えていても、みなさんが滋賀にいる事実は変わりません。

どうせ滋賀にいるなら、滋賀での学生生活を楽しいものにしよう!

そんな思いで日々活動しています!

ですから、「滋賀、あんま好きじゃないな......」そんな方も大歓迎!

私たちと一緒に《学生に魅力的な滋賀》を一緒に作りませんか?


☆滋賀の学生の「つながり」を作る

人の出会いは無限の可能性を秘めています。

もちろん出会いは偶然の産物です。

ですが、出会いの機会を増やし、確率を上げることはできます。

13もの大学があり、滋賀県は人口10万人あたりの学生数が全国3位でありながら、今まで希薄だった、滋賀の学生のつながりを作り出すことで、滋賀の、滋賀の学生の新たな可能性を引き出せるのではないか?

そんな思いから、滋賀の学生の「コミュニティ」の形成に挑戦しています。


☆イベントの企画運営

kanameのメインの活動は、イベントの企画運営です。下に挙げているような挙げているようなイベントを一緒に企画してくれる仲間を募集しています!

・「近江の国ミライ会議」

2012年に長野県小布施町から始まった志を持った若者が集まり、地域の未来について話す「若者会議」というイベント。北は札幌、南は熊本まで全国に波及したそのイベントの滋賀版である「近江の国ミライ会議」を春に開催し、その企画運営をします。

2018年2月24日(土)ー25日(日)に第二回を開催します。

・「ふっトーク」

学生同士が本音で語り合える場です。「本当の自分をいられる空間」を目指しています。

「場づくり」や「ファシリテーション」といった技術の勉強を勉強することができます。

・その他

県内のいくつか大学で、その大学内の学生向けのイベントも予定しています。

  • 8c8515861f-IMG_2161.JPG

    びわ湖放送「勇さんのびわこカンパニー」に出演した時の様子です!

  • 16f4bc331c-IMG_2352.JPG

    今年の3月には「近江の国ミライ会議」を開催し、高校生から社会人までたくさんの方にご参加いただきました!

  • c549bc88ac-IMG_1787.JPG

    昨年12月のイベントのスタッフの写真です!

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:50%、女性:50%

  • c4cf111147-IMG_2239.JPG
  • a1149a767e-IMG_2363.JPG
  • 9f0beeb9e2-IMG_2001.JPG

団体情報

滋賀学生コミュニティ kaname

代表者

京都大学文学部四回生 大澤健

設立年

2016年

法人格

学生団体

滋賀学生コミュニティ kanameの団体活動理念

 みなさん、 物事の大切な部分のことを「要(かなめ)」とよく言いますが、そもそも「要」とは何のことかご存知ですか?

 実は扇の骨をとじ合わせるため、その根もとにはめられた釘のことを「」と言います。そして、その釘がないと扇がバラバラになってしまうことから「大切な部分」という意味で要が使われるようになったのです。


 確かに扇骨一本でいくらあおいでも風は起こせませんし、一本では使い物になりません。

 ところが、扇骨を要によってひとつに統べた扇をひとたび仰げば心地よい風を起こすことができるのです。


 これと似た様なことが「」についても言えるのではないでしょうか?

 一人では難しいことも、みんなで力を合わせれば成し遂げることができることは少なくありません。


 滋賀県は人口10万人あたりの学生数が全国3位と、非常に学生の多い地域です。

 ところが現在、その交流はあまり盛んではありません。


  この現状は、滋賀の学生の、滋賀の可能性を狭めてしまっているのではないでしょうか。


 これからの地域、ひいては日本のミライを担っていく若者のつながりをを作ることが地域貢献・社会貢献となる

 そう信じて、滋賀の学生の結節点、すなわち《kaname》となれるように活動をしてまいります。

滋賀学生コミュニティ kanameの団体活動内容

イベントの企画運営

・近江の国ミライ会議

 学生30〜50名が参加する一泊二日の合宿イベント「近江の国ミライ会議」を3年連続で開催しています。

滋賀学生コミュニティ kanameのボランティア募集

滋賀学生コミュニティ kanameの職員・バイト募集