こちらのボランティアは募集が終了しています。

メインビジュアル背景画像

基本内容

80bd4c88c1-WUOita_Logo.jpg

大分から、地域から、対話を通じてよりよ世界を

活動テーマ
活動場所

立命館アジア太平洋大学、大分県で主に活動

必要経費

無料

活動に参加するための交通費、及び企画を実施する場合の開催経費はメンバーで折半します。参加費収入で補える可能性アリ。

活動頻度

週0〜1回

募集対象

日本国内で国内と海外の社会問題にかかわる人を増やしたい と思っている人 活動の意欲がある大学生

注目ポイント
  • 地域に密着し、大学生やNPO、企業などとの協働
  • 企画立案の自由度が高い
  • 国内外の情報、ボランティア情報をSNSで発信し、関心を持つ機会の提供​
対象身分/年齢
募集人数

10名

募集詳細

【活動】

ネットワーキングと教育・啓発を活動の軸とし、関心を持つ機会を提供しています。

ネットワーク:地域には若者から大人、産官学といった様々な人であふれています。同じコミュニティの人以外でも人と出会うことで新しい刺激に出会い、興味関心が沸くきっかけになります。


【教育・啓発】

私たちが住んでいる社会には、まだまだ私たちが知らないことがたくさんあります。自分の興味関心を引くものはどこかにあります。それを見つけることで主体的に活動するためのきっかけになります。 私たちはこの「きっかけ」を作ることで、活動したいけど活動する機会がない、むしろ何も興味がなかった、社会問題に興味がなかったという人を巻き込んで活動しています。 現在、月に一回の勉強会を催し、モデルケースを活用した学習や、NPOの方を呼んで講演して頂いたりしています。また、国際協力ウィークを企画し、SDGsをテーマに立命館アジア太平洋大学学生の興味関心を引きつけようとしています。 定期的にミーティングを開き、企画を練っています。

  • 192d396c2c-16976572_1205635322896830_304404764_n.jpg

    活動に様子

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

活動:ネットワーキングと教育・啓発を活動の軸とし、関心を持つ機会を提供しています。 ネットワーク:地域には若者から大人、産官学といった様々な人であふれています。同じコミュニティの人以外でも人と出会うことで新しい刺激に出会い、興味関心が沸くきっかけになります。 教育・啓発:私たちが住んでいる社会には、まだまだ私たちが知らないことがたくさんあります。自分の興味関心を引くものはどこかにあります。それを見つけることで主体的に活動するためのきっかけになります。 私たちはこの「きっかけ」を作ることで、活動したいけど活動する機会がない、むしろ何も興味がなかった、社会問題に興味がなかったという人を巻き込んで活動しています。 現在、月に一回の勉強会を催し、モデルケースを活用した学習や、NPOの方を呼んで講演して頂いたりしています。また、国際協力ウィークを企画し、SDGsをテーマに立命館アジア太平洋大学学生の興味関心を引きつけようとしています。 定期的にミーティングを開き、企画を練っています。

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:50%、女性:50%

団体情報

代表者

鈴木 洋一

設立年

2016年

法人格

任意団体

Wake Up Japanの団体活動理念

・社会的不条理を自己責任で片付けない

・国内外の社会問題をつなぐ

・一人ひとりの力は小さい。けれども、共に行動をすることで社会は変えられる。

Wake Up Japanの団体活動内容

・若者/学生を対象にしたリーダーシップ研修事業

・若者/学生を対象にしたカンファレンス事業

・世代間を繋ぐソーシャル交流会事業

・社会問題に立ち向かうマンスリーキャンペーン事業

Wake Up Japanのボランティア募集

Wake Up Japanの職員・バイト募集