こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. わかもの発信!エコな未来提案

    更新日:2016/12/17

    わかもの発信!エコな未来提案

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1f5382d047-ACTIVO.jpg

    ~持続可能な社会についてワークショップを通じて提案しよう~

    活動テーマ
    • 騒音
    • 不法投棄
    • 公害
    • 絶滅危惧種
    • 水問題
    • 森林破壊
    • リサイクル
    • 地球温暖化
    • 耕作放棄地
    • ゴミ拾い
    • 景観破壊
    • バリアフリー
    • 産学官連携
    • 空き家
    • 生物多様性
    開催場所
    • 京都

    京エコロジーセンター
    京都市伏見区深草池ノ内町13

    必要経費

    無料

    無料

    募集対象

    ●「持続可能な社会のために、地域社会はどうあるべきなのか」議論したい人
    ●「こんな事したい、このテーマについて話し合いたい」という想いのある人
    ●「社会のために何かしたい!」という人

    注目ポイント
    • 「社会への無関心の構造を打破する」ことを理念に、事業を展開している「株式会社Ridilover」より講演いただきます!(何と関東から来られます)
    • ニューヨークやロンドン、アルゼンチンのブエノスアイレスからヴェトナムのハノイまで、 「環境」や「持続可能性」をテーマに、世界500都市以上で開催されているイベント「green drinks」からも講演いただきます!
    • 毎年行われる祇園祭から出る廃棄物を減らすため日本初、そして世界初のリユース食器の使用を展開している「祇園祭ごみゼロ大作戦」ボランティアリーダーも講演に来られます!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生

    募集詳細

    2016年12月17日(土)10時~17時に京都市の伏見区にあります京エコロジーセンターにて、大学生や若者を対象にした「わかもの発信!エコな未来提案」というイベントを開催します。

    エコな未来提案とタイトルには記載されていますが、「持続可能な社会」は、環境問題に限らず様々な問題が関係してきています。

    休憩にはお茶を飲みながら参加者同士の交流時間もあり、社会課題(持続可能な社会)について話し合いたいという若者は是非ご参加下さい。


    ■事例発表

    【事例①〈団体〉祇園祭ごみゼロ大作戦】
    毎年行われる祇園祭から出る廃棄物を減らすため日本初、そして世界初のリユース食器の使用を展開。
    一昨年60トンだった燃やすごみを34トンにまで減量させることに成功しました!その活動について、ボランティアスタッフとして取り組んでいた学生が発表します!
    祇園祭ごみゼロ大作戦詳細は下記URLにて


    【事例②<団体>PaKT主催のgreen drinks Kyoto】
    持続可能をテーマに年齢、肩書き関係なくたくさんの参加者と対話ができます!
    そしてここにくればあなたの欲しいライフスタイルを対話によって見つけ、実現できるイベントです!
    PaKTについてはこちら!

    green drinks Kyoto facebookはこちら!


    【事例③〈企業〉株式会社Ridilover(リディラバ)】
    「社会への無関心の構造を打破する」ためには、一個人が社会問題により深く携わり、より自分ごと化することができる「旅」をメディアにするということを考え、リディラバは生まれました。(関東より、 リディラバの中島氏をお迎えする予定です。)
    株式会社Ridilover詳細は下記URLにて


    【日付】

    2016年12月17日(土)


    【当時スケジュール】

    9:30 受付開始

    10:00 開会あいさつ

    10:10 ワークショップ「持続可能な社会って何?」

    11:10 参加団体による持続可能な社会に向けた取り組み発表①~③

    11:55 提案タイム

    12:10 昼食

    13:00 気になる提案について話し合おう

    14:35 提案された各テーマの内容発表

    16:05 参加者からのコメントを参考に次へのステップを考える

    17:00 閉会

    ※昼食は、持参もしくは近くのコンビニを利用していただく形になります。

    ※参加費は、無料です。


    【会場】

    京エコロジーセンター

    【お申し込み】下記URLよりお願いします。



    担当:青山 、竹内

    Facebookイベントページにも掲載しています♪

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    • 3,4回生が多い
    関連大学
    • 京都橘
    • 同志社
    • 立命館
    • 龍谷
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Square tiny 2b70d52f1e author image 984user
    Square small 2b70d52f1e author image 984user

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)

    代表者

    館長 高月 紘

    設立年

    2002年

    法人格

    未設定

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)の法人活動理念

    (センターホームページより)

    京エコロジーセンターとは・・・

    ◎環境にやさしい活動の輪を広げる拠点施設です。

    いにしえより自然環境と共生し、伝統文化を育んできた京都。

    夏暑く冬寒い厳しい気候であるにもかかわらず、千年の都が栄えたのは、

    人々の生活の中に、その厳しい自然と共生する知恵が息づいていたからといえるでしょう。


    そんな京都で、平成9(1997)年12月に、「地球温暖化防止京都会議(COP3)」が開催されました。

    この会議で採択された二酸化炭素の削減目標である「京都議定書」の実行がいよいよ求められています。
    世界歴史文化都市としてのみならず、COP3開催都市としても国際的にその名が知られるようになり、

    これを記念して「京(みやこ)エコロジーセンター」は開設されました。環境学習と環境保全活動の拠点として、多くの方に活用されています。

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)の法人活動内容

    持続可能な地域社会を築くための活動に参加・参画する人を増やし、人と人、様々な団体をつなげる。

    ●環境ボランティアを始めとした、人材育成講座を中心に展開し、環境保全活動を始めるベースを身に付けた人を増やし、実際に活動の場を提供し、自主的に活動を展開できるスキルを身に付ける支援をします。

    ●活動する場が増えるよう、京都を中心とした地域社会、NGO、事業者、行政、教育機関との連携を密にし、多くの人材が自主的に活動を展開し、個人や団体の活動の輪を拡げることを支援します。

    ●様々な場所で展開される新たな環境保全活動を充実したものにするため、育成した人材が携え、様々な場所で展開されていくようなプログラムを開発します。

    ●多くの場所で環境保全活動が展開されていくために、人材育成・支援、活動の場創り、ソフト開発で得たノウハウ、成果を国内外に発信します。

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)のボランティア募集

    京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)の職員・バイト募集