こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【子どもの見守り】子育てひろば、子育てサロンでの見守りボランティア募集

更新日:2020/03/13

【子どもの見守り】子育てひろば、子育てサロンでの見守りボランティア募集

NPO北海道ネウボラ
メインビジュアル背景画像

基本情報

ab9196213f-ainosato.jpg

子育てひろばや母親向け講座等イベント中の乳幼児の見守りスタッフを募集しています。

活動テーマ
活動場所

札幌市北区あいの里
札幌市北区麻生、石狩市、当別町など札幌市北区近郊のイベントもあり。

必要経費

無料

活動場所までの交通費はご負担ください。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

活動頻度

週0〜1回

毎月第二火曜日:あいの里ネウボラ★MamMamステーション(あいの里助産院)
毎月第二金曜日:あさぶネウボラ★MamMamステーション(麻生キッチンりあん)
毎月第4金曜日:あいの里児童館子育てサロン講座企画協力(札幌市あいの里児童館)
現在予定:その他の不定期イベント(8/28当別町カフェイベント、10/7麻生商店街おすそわけマーケット、10/12石狩子育てメッセ)

募集対象

月に数回の平日午前中の活動が中心です。
子育て経験のある方、子育て支援、見守りボランティア、託児ボランティアに興味がある方。子育てボランティア講習を過去に受講したことのある方や、子育て支援員、保育士、幼稚園教諭などの資格をお持ちの方。
育児が終わって時間に余裕のある方や日中時間のある大学生など、子どもに関わる活動に興味のあるかたのご応募をお待ちしています!
※応募返信はGmailからの返信となります。
@gmail.comドメインのメール設定をご確認ください。
土日除く3日以内に返信がない場合、迷惑メールフォルダもご確認ください。

注目ポイント
  • 赤ちゃんや小さなお子さんと関わり、安全を見守りしてくださるボランティアさんの募集です!
対象身分/年齢

募集詳細

すべての子どもと家族に優しい社会を目指して、子どもは社会の宝、子どもを社会が支える家族支援を普及啓もう、地域モデルの構築を目指しています。

体験談・雰囲気

特徴

団体情報

NPO北海道ネウボラ

“子育て家族と地域のみんなが、幸せに生きるためのつながる社会”
代表者

あべ 絵里奈 (五嶋 絵里奈)

設立年

2015年

法人格

任意団体

NPO北海道ネウボラの団体活動理念

ミッション

●妊娠期から切れ目なく、子どもを持つ家族の困りごとすべてに応じる、ワンストップの相談窓口ネウボラを作ります

●地域の力で子育てを支えるために、地域と密着した「お互いさま」の仕組み作りと理解を深めるための活動をします

●子どもを中心とした社会の形成のため、女性の仕事と育児の両立のため、男性と女性の相互理解を目指します

●仕事を望む女性が、望む仕事を持ち、望む能力を発揮し、自分らしく活躍するため、女性の復職・両立を支援します

●子どもを中心とした社会の形成のため、世代を超えた価値観・ライフスタイルの多様性との共生への理解を深めるための活動をします

NPO北海道ネウボラの団体活動内容

【研究会主催】

北海道ネウボラ研究会/北海道ネウボラシンポジウム主催


【子育てイベント・勉強会主催】

札幌女子ネウボラミーティング主催

札幌市児童館で開催される子育てサロン中でのイベント企画、運営(月1回)


【子育てひろばの開催】

地域の定期的子育てひろばの開催(休止中)

地域の出張子育てひろばの開催(依頼受付中)

過去実績:おすそわけまーけっと(あさぶ商店街)、石狩子育てメッセ(石狩市)


【プレママさんとベビーママのひろばMamMamステーションの開催】

あさぶネウボラ★MamMamステーション(麻生キッチンりあん)月1回

あいの里ネウボラ★MamMamステーション(あいの里助産院)月1回

札幌駅前ネウボラ★MamMamステーション(まさき歯科医院)月1回 ※コロナ禍休止中

栄町ネウボラ★MamMamステーション(ハッピー・ファム合同会社東区事務所内)月1回

西18なかよしネウボラ★MamMamステーション(西18エリア個人会員自宅サロン)月1回

あかはな子ども食堂内ネウボラ★MamMamステーション(西区西町会館)月1回


【子育て相談室「モイ・ルーム」開催】

かでる2・7の6階女性プラザ内にて、月1回、毎月第4水曜日に開催

オンライン子育て相談室各種


【ファミリー支援員養成講座開催】

サポーター資格養成講座

インストラクター資格養成講座

地域サポーター資格養成講座

NPO北海道ネウボラのボランティア募集

NPO北海道ネウボラの職員・バイト募集