こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 日本初!学生版「地域おこし協力隊」事業の ①参加者 ②運営スタッフ募集!

    更新日:2017/07/29

    日本初!学生版「地域おこし協力隊」事業の ①参加者 ②運営スタッフ募集!

    NPO法人共存の森ネットワーク
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    c29c183d2e-DSC_0089__3_.JPG

    全国10か所以上の集落で事業展開しているNPOの新事業にジョインする大学生の仲間を募集!

    活動テーマ
    活動場所

    東京都世田谷区・明大前駅(京王線)
    (認定NPO法人共存の森ネットワーク オフィス)

    必要経費

    無料

    オフィスへの交通費など

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    活動頻度

    週2〜3回

    募集対象

    ◆以下のいずれかに興味のある方!◆

    地域活性化 / NPO運営 / 新規事業立ち上げ / コミュニティ / 伝統 / 農山漁村

    注目ポイント
    • 設立10年以上!全国の農山漁村での事業実績がある若者主体のNPOの運営に携われる!
    • 地域での活動ノウハウあり!農水省・環境省・文科省と協働で高校生向け「聞き書き甲子園」事業を16年実施中!
    • 全国に80人以上いる当NPOの学生メンバーとの交流も!(隔月のテレビ会議や合宿など)
    対象身分/年齢
    募集人数

    3名

    関連スキル

    募集詳細

    ①学生版「地域おこし協力隊」として地域で実際に活動したい人(参加者)

    ②学生版「地域おこし協力隊」事業の運営を行いたい人(運営スタッフ)


    今回はこの2つを募集中!

    まずはお問い合わせください!!


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆過去5年間で10倍以上に増加!

    いま、地域おこし協力隊がアツい!


    総務省の統計によると、平成22年度は全国で257人だった地域おこし協力隊。

    東日本大震災などの社会情勢の変化により、平成27年度には2625人にまで隊員数は増えました。



    大学新卒者も含め、地域おこし協力隊を志願する人は年々増えています。



    ◆一方で、地域おこし協力隊にはこんな落とし穴も・・・


    数年前には生田斗真主演でドラマ化されるなどして、

    地方創生等に関心のある若者にとって

    魅力的にみえる地域おこし協力隊という仕事。


    しかし、協力隊には3年という任期があります。

    その3年の間に、任期後の仕事を見つける、ないし自ら作らなければ、地域で生活を続けることは難しくなります。

    「地域おこし協力隊の落とし穴」とよく言われているのは、任期後の生活が保証されていないことなのです。



    ◆なぜ学生版「地域おこし協力隊」が必要か

    ~「自らが仕掛け人になる」経験をしたかどうかが大切~


    地域おこし協力隊の数がそれだけ増えている背景には、地域に課題が山積している現状があります。


    地域のお祭りに準備から携わった

    田植えと稲刈りのお手伝いに行った

    地域の案内マップを手作りした


    これらは小さなことかもしれませんが、いずれも地域にとっては大変意味のあることです。

    そして、これらを「自ら考えて行う」という経験が、なによりその人にとっての成長に繋がります。


    将来、協力隊としての3年間の任期後も生活に困らないように、好きだった「地域・田舎」「伝統」を嫌いにならないように

    学生のうちから、地域での経験を積んでおくことが必要だと考えています。





    === 「①参加者」の活動内容 ===

    認定NPO法人共存の森ネットワークが活動させていただいている全国の集落を訪ね、
    農作業の体験やまち歩き、竹林整備などを行います。

    (具体的な活動内容はこのページ末尾の動画などをご覧ください)


    *活動頻度:2カ月に1回程度

    (土日に1泊2日で行きます)


    *活動場所:新潟、愛知、福岡 のいずれか

    (活動場所までの交通費は基本的に自己負担)


    *参加費:3000円~5000円程度

    (滞在中の食費、宿泊費、ターミナル駅から集落までの往復レンタカー代など)


    *各回の参加人数:10人程度

    (高校生から20代の若手社会人まで様々な年代の当NPOメンバーが参加します)




    ===「 ②運営スタッフ」の活動内容 ===

    主に事業のPRやメンバーのモチベーション・レベルアップに向けた施策を

    当NPOの理事とともに推進します。


    ① 学生版「地域おこし協力隊」隊員との定期ミーティング

    2017年から本格始動する当事業には、全国3つの集落(新潟・愛知・福岡)で学生が活動しています。

    それぞれの集落で活動するメンバー(隊員)と定期的に(2か月に一度を想定)電話会議を行ない、

    活動計画の確認や活動での悩みなどを聞きアドバイスを行うなどします


    ② 事業プラン策定、及びガイドブック作成

    当事業の強みや特徴などを整理し、NPOとしてどのように事業運営をするかをまとめた「事業プラン」を策定します。

    また、当事業を説明するための資料(ガイドブック)を作成します。


    ③ 活動記録づくりと情報発信

    各地で行う活動を、文章・写真・動画・・・その他様々な手法で記録し、HPやTwitter、facebookなどで事業の価値を世の中に発信します。

    また、ネット上だけではなく、年に数回は情報発信を目的としたセミナー、イベント等も企画します。


    ④ 隊員向けの合宿の企画・運営

    全国の隊員を集めた合宿(一泊二日)を年に数回行います。

    どこで行うか、どんな内容にするか、どんな講師を呼ぶかなどを考えます。


    • d90052b954-395051_455120231200295_2039441688_n.jpg

      集落で活動(ワラで縄をなう、なわない)している①参加者の様子

    • 2d5016cfe6-DSC_0116.JPG

      ①参加者は2か月に一度のペースで集落へ通い活動する予定です。②運営スタッフは、時には彼らと一緒に活動へ同行するときもあります。

    • 370896412b-2.JPG

      NPOの主要事業「聞き書き甲子園」の一コマ。高校生100人がマタギや伝統工芸士などを一対一でインタビューしに行く事業で、2017年で16年目を迎えます。

    • 427025bfa6-395051_455120231200295_2039441688_n.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    2017年1月から本格スタートする、学生版「地域おこし協力隊」事業。

    初年度は新潟・愛知・福岡の3集落で、大学生たちが活動します。



    では、①の参加者たちはどんな活動をしているのか・・・その様子をご紹介します!



    ①新潟県




    ②愛知県




    ③福岡県

    >> 福岡県の活動は、こちらの当NPOのWEBサイトをご覧ください <<

    特徴
    雰囲気
    関連大学
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    • 9a76f2b7c0-member_children_recruiting_58599_sub2.jpg

      ①参加者たちによる稲刈りの様子@新潟

    法人情報

    NPO法人共存の森ネットワーク

    “人と人、人と自然、世代と世代をつなぐ活動を行うことで、持続可能な社会づくりを目指す”
    代表者

    澁澤壽一

    設立年

    2003年

    法人格

    NPO法人

    共存の森ネットワークの法人活動理念

    人と人、人と自然、世代と世代をつなぐ活動を行うことで、持続可能な社会づくりを目指す。

    共存の森ネットワークの法人活動内容


    全国7つの農山漁村で行っている地域交流活動、

    聞き書き甲子園の実施運営、

    その他各地域での地域づくりや聞き書き事業の実施運営。



    =======================



    【聞き書き甲子園】(2002年~)

    対象:高校生


    全国から選ばれた80人の高校生が、農山漁村に住む「名人」(=マタギ、海女、伝統工芸士など)に一人で聞き書きし、記録する取り組みです。2019年度で18年目の開催。



    主催:聞き書き甲子園実行委員会

    (農林水産省/文部科学省/環境省/公益社団法人国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク)


    募金協力・企業寄付:株式会社ファミリーマート

    助成:日本財団

    協賛・協力:
    トヨタ自動車株式会社、一般財団法人環境文化創造研究所、公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会、富士フイルムホールディングス株式会社、株式会社長塚電話工業所、株式会社トンボ、京王電鉄株式会社、株式会社ティムコ、公益財団法人SOMPO環境財団、株式会社ベネッセコーポレーション


    後援:

    総務省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、全国山村振興連盟、全国過疎地域自立促進連盟、NPO法人「日本で最も美しい村」連合




    =======================




    【きく・かく・えがく ~東京のふるさと・自然公園~】(2018年~ @東京都)

    対象:中学生


    都市部の中学生が東京の森で「森の話」を聞き物語を書き、影絵にして表現するプログラムです。


    主催:きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~実行委員会

    (東京都・あきる野市・檜原村・NPO法人共存の森ネットワーク)


    協賛:東京ガスグループ「森里海つなぐプロジェクト」

    協力:株式会社ベネッセコーポレーション進研ゼミ 中学講座

    助成:トヨタ環境活動助成プログラム

    後援:青梅市・奥多摩町・日の出町




    =======================




    【学校の森・子どもサミット】2014年~

    対象:小学生

    「学校林」等を活用した森林環境教育の事例を全国の小学生が発表する取り組みです



    主催:学校の森・子どもサミット実行委員会

    (公益社団法人国土緑化推進機構、公益社団法人福井県緑化推進委員会、公益財団法人オイスカ、公益財団法人ニッセイ緑の財団、一般財団法人日本森林林業振興会大阪支部、一般社団法人全国森林レクリエーション協会、NPO法人共存の森ネットワーク、福井県、福井県教育委員会、福井市教育委員会、若狭町教育委員会、林野庁)




    =======================




    【共存の森づくり】(2004年~)

    主な対象:高校生・大学生





    新潟・千葉を中心に全国7地域(愛知・滋賀・奈良・岡山・福岡)での大学生らによる地域づくりの活動です




    =======================




    【真庭なりわい塾】(2016年~)

    対象:社会人

    岡山県真庭市北部の中和地区(旧中和村)をフィールドに、はるか昔から紡いできた暮らしを学びながら、持続可能なライフスタイル、なりわいを考えるプログラム

    共存の森ネットワークのボランティア募集

    共存の森ネットワークの職員・バイト募集