最終更新から1年5ヶ月以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

  1. 海の子森の子クラブー継続型ボランティア募集! 海山で四季を通して活動

    更新日:2017/11/08

    海の子森の子クラブー継続型ボランティア募集! 海山で四季を通して活動

    一般社団法人 地球の楽校
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    efaf075df4-P9040108-1024x748.jpg

    鎌倉の海山川がフィールド!日帰りの自然体験活動を運営しています。

    活動テーマ
    • 子育て/育児
    • 待機児童
    活動場所
    • 神奈川

    鎌倉の海・山・川。[例]三浦半島、相模川、神津島(サマーキャンプ)

    必要経費

    無料

    活動を学ぶ期間は、交通費実費のみ自己負担。

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年間)

    継続型の活動ですので、毎回でなくても継続して来ていただける方を募集しています。

    活動頻度

    応相談

    募集対象

    子どもの成長支援活動、環境教育、地域の人づくりに興味がある方。

    注目ポイント
    • 子どもたちの成長を長く見守れるやりがいのある経験ができます!(年長~小学6年生までの子どもが、会員として継続的に参加するため、子ども同士や私達リーダーとの関わりがより身近で深まっていく環境です。)
    • 海や森での活動スキルやリスクマネジメントが実践的に身に付きます!
    • 1年以上継続的に参加し、考え方やスキルを身につけた方は、有給ボランティアへ昇格できる仕組みがあります!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    4名

    募集詳細

    子ども達に十分な体験を!

    子ども達をめぐる問題 はさまざまです、 基礎体力の低下、友人とのコミュニケーションの減少、社会生活への不適応、さらには学習意欲や規範識、自己肯定感の低下などいくつも挙げることができます 。その原因 は、これまであった家庭や地域の教育力の低下と、子ども社会の不在により、子どもの発達段階において経験すべき様々な体験を経ないまま、年齢を重ねてしまうからだと考えられています。


    自立心・協調性 ・責任感 ・忍耐力 =人間力 などのような、人間形成の基盤となる資質・能力がその成長に合わせて充分に養われていなことが指摘されています。 そこで 学校、家庭、地域が一体となって発達段階に応じて身に付けるべき資質や能力が養えるよう、多様な 体験の機会と場を意図的につくっていく必要があります 。「聞いたことは忘れる、 見たことはおぼえる、体験したことはわかる、発見したことはできる」

    豊かな体験 ・経験は子どもの日常のなかで養われますが、 大切な点は大人が教え含めるのではなく、子どもが本来備えている自ら学び取る力により、自らを成長させていくということ。 「知識 」や「計画 」から始めるよりも 、まず は「心と体を動かしてみる 」ことから始 まる活動は、子どもの学びの力を育てます。

    • 5287885fc5-P8190090-1024x752.jpg

      活動のための全員ミーティング。これからの活動を紙芝居を使って説明しています。

    • aafc443433-201CAD1-1024x768.jpg

      明日の磯釣りの仕掛けを子ども達に教える

    • 0884f7a280-P8080198.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談


    学生Sさん

    この活動は、子どもたちにどんなことを提案できるか、また子どもが困った時には、見守った方が良いのかどうかを考えさせられる活動です。続けていくうちに、いつのまにか自分の成長に気づきました。子ども一人一人の成長も楽しみになりました。


    学生Kさん 
    子どもや自然の中での活動は、私の子どもの頃を思い出させ、自然遊びの先輩として何か力になれそうだと思いました。継続して通ううちに、自分では意識していなかった子どもへの対応力が養われます。これからも力になれたらと思います。


    学生Mさん
    自分が好きな水辺や海岸での活動で、しかも子ども達と遊ぶことができ、とてもはまっています。活動の基本である水の中のリスクマネジメントという役目を期待されて活動できるのが、とてもやりがいがあります。


    このボランティアの雰囲気

    明るく、頑張り屋なメンバーが多いです!一人一人が、自分ができることを楽しみながら精一杯頑張っています。経験を積むと活動リーダーとして任される、ということも経験できます、そんなときにはさらに張り切ってしまうことも。活動で悩んだり困ったりしたらミーティングで話し合い、みんなで考え運営する仕組みですからとても心強いですよ。心強いといえば、ここ鎌倉は、地域の人が共に助け合っていく土壌があり、この魅力も見逃せません。

    特徴
    • 土日中心
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • テンション高め
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 青山学院
    • 東京農業
    • 立教
    男女比

    男性:30%、女性:70%

    法人情報

    Square tiny 630292a0f9 2fb30ea496 author image 75354user
    Square small 630292a0f9 2fb30ea496 author image 75354user

    一般社団法人 地球の楽校

    代表者

    長谷川孝一

    設立年

    2005年

    法人格

    一般社団法人

    地球の楽校の法人活動理念

    地球の楽校の理念

    次の世代へ健康な地域の自然と暮らしを次の世代へ責任を持って手渡せる社会を創る

    海の子森の子クラブの4つの目的
    〇子どもがワクワクして過ごし自ら育つ環境をつくり、活動を通してその成長の基礎となる「体験から学び取る力」を支援しています。
    1 自然の中で仲間と協力しながら遊び、コミュニケーション能力を身につける
    2 安全、危険を理解し、安全に遊ぶ方法と体づかいを身につける
    3 自主性・自立性を高め、積極的に参加し、自ら考え行動できる力を身につける
    4 自然の中で遊ぶ事により、自然の大切さに気づき行動する心を育てる


    地球の楽校の法人活動内容

    4つの目的を叶えるために、活動リーダーは次の3つの「う」 をモットーに成長支援をしています。

    う 「受け止める」 子どもの自由な感情・発想をありのままに受けとめる。

    う 「寄り添う」   子どもの感情、 考えや行動に寄り添い成長への必要な支援を常に考える。

    う 「促 す」    必要なら、行動や観方のヒントを出す。 あるいは勇気づけし背中をおす。


    活動日     毎月1日の日帰りの活動を3つのクラスで実施、1年に3回のキャンプ活動。
    活動場所    鎌倉市材木座海岸他
    活動の特徴  体験型の野外活動で、4月から10月までは磯の自然観察、波遊び、スノーケリング、カヌーなどを行う。

              参加型学習(アクティブラーニング)の考え方により活動を計画し実施している。

    参加者年齢 年長(6歳)~小学6年生



    地球の楽校のボランティア募集

    地球の楽校の職員・バイト募集