こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 白神山地 森林の楽校2016

    更新日:2016/10/07

    白神山地 森林の楽校2016

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    3a120dd379-9819096f674f19454906266cea15ad43.jpg

    紅葉シーズンの白神山地で人と自然を満喫する2日間

    活動テーマ
    • 生物多様性
    活動場所
    • 秋田

    秋田県山本郡藤里町藤琴字上坊中86番地「白神ぶなっこ教室」(旧坊中(ぼうちゅう)小学校)

    必要経費

    ◇10月21日(金)から参加の場合
      学生・会員: 25,000円/一般: 27,000円
     (宿泊費(2泊6食)、ガイド料、体験料、現地での車代、保険料等)
    ◇10月22日(土)から参加の場合
      学生・会員: 20,000円/一般: 22,000円
     (宿泊費(1泊4食)、ガイド料、体験料、現地での車代、保険料等)

     ※申し込みと同時の入会も可能です。
     ※集合場所までの往復交通費および、
      温泉入浴代(1回300~400円)は、
      各自でご負担願います。
     ※交流会のアルコール代は、別途実費を申し受けます。

    募集対象

    関心のある方。初心者大歓迎。

    注目ポイント
    • 世界遺産のふもと、ぬくもりある木造の廃校活用施設を拠点に活動
    • 地元の方によるガイドでのブナ林散策や、昔話を聞きながらの夜の交流会
    • 森林作業にも取り組んで、白神山地の人と自然を満喫する2日間
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    20名

    募集詳細

    JUON NETWORKが全国16ヶ所で開催している、

    森づくり体験プログラム「森林の楽校(もりのがっこう)」。

    世界遺産のふもと、ぬくもりある木造の廃校活用施設を拠点に、

    森林作業や、地元の方によるガイドでブナ林散策、

    夜は、昔話を聞きながらの交流会など、

    白神山地の人と自然を満喫する2日間です。


    紅葉シーズンの白神山地を満喫しませんか。

    金曜夜の集合と、土曜朝の集合、2通りあります。

    お気軽にご参加ください。初心者大歓迎。


    ◎詳細・申し込みはこちら→


    【と き】

    2016年10月22日(土)~23日(日) 1泊2日

    [21日(金)からの前泊も可能]


    【ところ】

    秋田県山本郡藤里町(秋田県北端、青森県との県境の町)


    【宿 泊】

    白神ぶなっこ教室(旧坊中(ぼうちゅう)小学校)

    (秋田県山本郡藤里町藤琴字上坊中86番地)

    ◇宿泊施設に改装してあり、畳の部屋に布団で寝られます。

    ◇地元の食材をふんだんに使った、郷土料理が楽しめます。


    【内 容】

    ◇「高倉森」登山:

    紅葉の名所である県境釣瓶落峠を越えて、津軽峠からの軽登山。

    比高180mの軽登山は片道1.5時間で、

    きれいなブナ林の中を登り、ブナの巨木が見られます。

    登山口近くに400年ブナ、マザーツリーがあります。

    ◇森林作業

    ◇ブナ林散策:

    「岳岱自然観察教育林」(樹齢400年を超えるブナ等)の散策

    ◇交流会など


    【集 合】

    ア, イ, ウいずれか都合の良い日時でお越しください。

    ▼10月21日(金)から参加の場合

    ◇ア. 白神ぶなっこ教室(旧坊中(ぼうちゅう)小学校)18:40集合

    ▼10月22日(土)から参加の場合

    ◇イ. JR奥羽本線「二ツ井」駅 8:00集合

    ◇ウ. 池袋発夜行バス「二ツ井」停留所 8:10集合


    【参加費】

    ◇ア. 10月21日(金)から参加の場合

    学生・会員: 25,000円/一般: 27,000円

    (宿泊費(2泊6食)、ガイド料、体験料、現地での車代、保険料等)

    ◇イ, ウ. 10月22日(土)から参加の場合

    学生・会員: 20,000円/一般: 22,000円

    (宿泊費(1泊4食)、ガイド料、体験料、現地での車代、保険料等)

    ※申し込みと同時の入会も可能です。

    ※集合場所までの往復交通費および、温泉入浴代(1回300~400円)は、

    各自でご負担願います。

    ※交流会のアルコール代は、別途実費を申し受けます。


    【定 員】

    先着20名 ※最少催行人数4名。


    【締 切】

    10月6日(木) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。


    【主 催】

    JUON NETWORK


    【日 程】

    ※当日の天候や現地の状況により日程を変更することがあります。

    ◆10月21日(金)

    18:40 ぶなっこ教室集合(ア.の人)

    19:00 開校式・夕食

    ◆10月22日(土)

    7:30 朝食

    8:00 JR奥羽本線「二ツ井」駅に集合(イ.の人)

    8:10 池袋からの夜行バス「二ツ井」停留所に集合(ウ.の人)

    8:30 ぶなっこ教室出発

    10:30 「高倉森」登山

    17:30 温泉

    18:00 夕食、交流会(ガイドさんを交え)

    ◆10月23日(日)

    7:30 朝食

    8:30 世界遺産センター見学(各自)

    9:00 森林作業

    12:00 昼食

    13:00 ブナ林散策:岳岱自然観察教育林(予定)

    16:00 閉校式、送迎

    └大館能代空港またはJR鷹ノ巣駅までお送りいたします。


    【その他】

    ▼よくある質問

    「どんな作業をするの?」「体力に自信がない」「持ち物は?」などなど、

    森林の楽校に関するよくあるお問い合わせを、まとめました。

    ▼過去の活動の様子


    【お問い合わせ】

    認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

    〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内

    Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091

    E-mail:


    ◎詳細・申し込みはこちら→

    • 0b778b9fbf-9819096f674f19454906266cea15ad43.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    参加者の声




    ○なぜ森林の楽校に参加したか



    JUONの森林の楽校に参加するのは、
    9月の「四国のへそ」に続いて二度目です。



    「木のある暮らし」が、ステキなライフスタイルとして語られることに、
    なんだか違和感を感じる自分がいました。
    そう思っていたときに、「四国のへそ」の開催情報を
    東京ボランティア・市民活動センターのHPで見つけ、
    「初心者も参加可」というので、旅行がてら気軽に申込みました。
    そこで、間伐体験をして、初めて木を切ったとき、
    切り株を触ったら、みずみずしくぬれていた、
    つまり、木が生きていることに気付いた自分にショックを受けました。
    「乾燥した木製品としてしか、木を知らなかった!」



    そこで、もっと木のこと、木が育つ森林のことを知りたいと思って
    白神山地の楽校に参加しました。




    ○プログラム



    3日間コースは、23日(金)の午後に集合し、山菜のミズ採り体験です。
    「山菜そば」の上に載っている、水煮の山菜らしきものしか知らない身にとっては、
    どれが食べられる山菜なのか、まったく見分けがつきません。
    指導者、市川善吉さんに教えていただきながら、
    夜のおかずにできる分量を参加者一同で採りました。



    もちろんただ採るだけではなく、調理する前には、下処理が必要です。
    調理加工された製品しか目にしてないのは、
    木だけではなく、食の世界も同じな都会暮らしです。
    宿泊施設の廃校を活用した「白神ぶなっこ教室」では、
    地元のお母さんたちが、美味しい「ごっつぉ」に変身させてくださいました。
    毎日の美味しい食事も楽校の楽しみです。



    夜の交流会では、林業体験の指導者等地元の方との交流が楽しみです。
    「熊に出会った時の対処の仕方」なんて、
    「胆の据わった熊と、臆病な熊の二種類いる。」
    それぞれどう対処したらいいでしょうか?
    答えはぜひ、楽校に参加して聞いてみてください。



    24日(土)は、2日間コースの参加者も合流し、
    世界遺産センター見学、営林署の方の講義、そして、
    岳岱自然観察教育林の近くの人工林で、「枝打ち」体験です。
    木材としてまっすぐの木を育てるためには、適切に枝を落とす必要があります。
    林業の世界は、今やった仕事の結果が出るのが、
    何十年先、百年先ということも珍しくない世界です。



    仕事で、目先の結果や次年度の計画を考えるのが精いっぱいな毎日の
    自分にとって、「未来を見据えた仕事をする」林業の世界は新鮮すぎます。
    私の枝打ち体験した木、もしかすると○十年先に現場に入った方が
    「誰だよ、こんな枝の落とし方したのは。」
    「売り物にならんじゃないか、困るんだよ~こういう雑な仕事じゃ。」
    と怒っている姿が目に浮かびます。今からあやまっておきましょう。



    雨と小雪がちらつき、翌25日(日)の登山予定は変更になり、
    2泊3日という短い日程で、林業のほんの一部の体験ではありますが、
    充実した時間を過ごしました。



    今は道路の街路樹、公園の木を見ても
    なんだかいとおしく感じてしまう自分がいます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 土日中心

    法人情報

    Square tiny fc4a9e6ad1 a3bbd35bff author image 355 user
    Square small fc4a9e6ad1 a3bbd35bff author image 355 user

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    生源寺 眞一

    設立年

    1998年

    法人格

    認定NPO法人

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動理念

    ★活動目的

    都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶことにより環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、過疎過密の問題の解決に取り組み、自立・協助の志で新しい価値観と生活様式を創造していくことを目的とする。

    ★3つの重点課題

    ○都市と農山漁村の交流の中で、先輩世代から若者世代に日本の自然や文化を受け継ぎ、次代を担う人材を育成する。

    ○樹恩割り箸をシンボルに、木を使うことの意義や日本がこれまで営んできた森林を中心とした持続可能な社会について伝える。

    ○樹恩割り箸・森林の楽校、田畑の楽校を通じて、国産品の自給率を高めるよう努め、農山漁村の活性化につなげていく。

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動内容

    ★事業の3本柱

    ○都市と農山漁村の交流、森林・田畑の保全(森林の楽校・田畑の楽校)

    ○ボランティア人材育成 (エコサーバ-検定・森林ボランティアリーダー養成講座)

    ○国産品・地産地消の推進(国産間伐材製「樹恩割り箸」)

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)のボランティア募集

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の職員・バイト募集