こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 徳島のボランティア募集一覧
  3. 徳島での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 10/29【林業と福祉の連携を体験する】四国のへそ 森林の楽校(もりのがっこう)

更新日:2022/10/21

10/29【林業と福祉の連携を体験する】四国のへそ 森林の楽校(もりのがっこう)

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
  • 開催場所

    阿波池田駅 徒歩3分 [三好市] (【ところ】 徳島県三好市池田町[セルプ箸蔵」)

  • 必要経費

    500〜1,500円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

この募集の受入法人「JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

三好地域は徳島県下でも有数の林業地域であり、林業生産に加え、林業と福祉が連携した割り箸工場があるなど、林業が盛んな地域です。森の手入れだけでは飽き足らない、体験や交流を通して三好の林業を知りましょう。

活動テーマ
開催場所

【ところ】 徳島県三好市池田町[セルプ箸蔵」

必要経費
  • 500〜1,500円

【費 用】(資材費、体験料、昼食代・保険料等を含む)
学生・会員:500円
一般:1,500円
◇集合場所からの送迎
無料(主催者側で負担するため)
※それ以外の手段で来られる方は、現地までの交通費は各自ご負担下さい。

開催日程

【日 程】
▼10/29(土)
 8:30 JR阿波池田駅及びバスターミナル(セルプ箸蔵まで送迎いたします)
 9:00 受付(セルプ箸蔵) 
 9:10 オリエンテーション
      JUON NETWORKの概要
 9:30 三好地域の森林・林業・木材産業
10:00 樹恩割り箸の概要
10:20 休憩
11:30 割り箸製造現場見学及び製造体験
12:00 昼食(さぬきや)
12:50 質疑応答(セルプ箸蔵)
13:30 セルプ箸蔵発(植栽体験地へ)   
14:30 植栽体験(10本/1人程度)
16:00 植栽体験地発
17:00 JR阿波池田駅等着

募集対象

学生、社会人

注目ポイント
  • 三好地域の森林・林業・木材産業の現状を知る。
  • 体験や交流を通して三好の林業を知る。
  • 林業生産に加え、林業と福祉が連携した割り箸工場がある。
対象身分/年齢
募集人数

15名

特徴

募集詳細

【と き】 2022年10月29日(土)

【ところ】 徳島県三好市池田町[セルプ箸蔵」

徳島県三好市池田町州津井関1104-11

電話:0883-72-2291

【内 容】

◇三好地域の森林・林業・木材産業の現状(座学)

◇樹恩割り箸製造体験

◇植栽体験

【定 員】 最小携行人員:10名

【締 切】 10月21日(金) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。

【主 催】 認定NPO法人JUON NETWORK


【費 用】

学生・会員:500円(資材費、体験料、昼食代・保険料等を含む)

一般:1,500円

◇集合場所からの送迎

無料(主催者側で負担するため)

※それ以外の手段で来られる方は、現地までの交通費は各自ご負担下さい。

【集 合】

◇セルプ箸蔵 集合:9:00

◇JR阿波池田駅及びバスターミナル 集合:8:30

セルプ箸蔵まで送迎いたします。

【留意事項】

① コロナ及び天候等により内容の変更(延期)や中止の可能性があります。

② 植栽体験では、

・服装は、長袖・長ズボン(パンツ)でお願いします。

・雨具(カッパ)をご持参ください。

・熱中症予防の為、水筒等の水分補給できるものをご持参ください。

・ヘルメット・軍手・長靴は、主催者側で用意します。


【日 程】

▼10/29(土)

8:30 JR阿波池田駅及びバスターミナル(セルプ箸蔵まで送迎いたします)

9:00 受付(セルプ箸蔵)

9:10 オリエンテーション

JUON NETWORKの概要

9:30 三好地域の森林・林業・木材産業

10:00 樹恩割り箸の概要

10:20 休憩

11:30 割り箸製造現場見学及び製造体験

12:00 昼食(さぬきや)

12:50 質疑応答(セルプ箸蔵)

13:30 セルプ箸蔵発(植栽体験地へ)

14:30 植栽体験(10本/1人程度)

16:00 植栽体験地発

17:00 JR阿波池田駅等着


【問合せ・申込み】
認定NPO法人JUON NETWORK
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091

体験談・雰囲気

このイベントの体験談

四国のへそ森林の楽校が行われ、参加させていただいた。

生協のお弁当を食べる際などに用いられており、徳島大学生にとって馴染み深いものである。
今回の森林の楽校では、この樹恩割り箸を通し、森の大切さや林業の現状について学習した。

バスを降りると、広大な山々と清らかに流れる谷川に迎えられた。
徳島県三好市のセルプ箸蔵。緑が広がるこの地で樹恩割り箸は作られている。
ここではまず、座学にて林業とJUON NETWORKについて学び、
のちに割り箸の生産工程見学を行った。
ここで印象に残ったのは、樹恩割り箸が林業と福祉の連携によって製造されているということだ。
このセルプ箸蔵には障害者も働いており、障害者の就労の場としても機能している。
国産の材木を利用することで、国産木材の需要拡大と林業への理解を促しながら、
障害者とのパートナーシップを築き、ノーマライゼーションの実現に取り組む理念に魅力を感じた。
我々が何気なく使っている割り箸の背景にこのような取り組みが隠れていると知り、
深い感慨を抱いたものである。

このイベントの雰囲気

午後からは大学の森に移動し、作業体験を行った。

薪割り作業は非常に重労働であったが、私にとって初めての林業体験だったと思う。
作業を通し、実際の山仕事でどんなことをするのかを知るとともに、
自然の恵みを実感することができた。

今回の森林の楽校では、林業への理解が深まったともに、
林業を取り巻く様々な課題を見つめ、未来について考えることができた。
今、日本の一次産業は危機にある。
我々にはあまり馴染みのない林業だが、目をそらさず問題を見つめ、
このままだとどんなこと未来が待っているか?
何をどうすれば未来が変わるか?と考える機会を持つことが必要だと感じた。
また、この研修で森と親しむことの大切さを知ることもできた。
おそらく割り箸を使うたびに、私はあの三好の森を思い出すのだろう。
これからも森を忘れないでいたいと思う。

森、地域、人をつなげるJUON NETWORK。
小さな力ではあるが、今後もこの輪の中で、活動に貢献してゆきたい。
この度は貴重な体験をありがとうございました。

特徴
雰囲気

法人情報

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

“都市と農山漁村が支え合うネットワークを森林などをめぐる体験・交流・応援の活動によってひろげ、持続可能な社会を創造することを目的としています。”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

生源寺 眞一

設立年

1998年

法人格

認定NPO法人

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動理念

★3つの重点課題

①人が、自然(森林・田畑・河川・海)を持続的に活用できる社会。

②農山漁村が、都市とともに持続的に存在できる社会。

③若者が、人と自然、都市と農山漁村をつなぐ担い手として持続的に活躍できる社会。

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動内容

★事業の3本柱

○都市と農山漁村の交流、森林・田畑の保全(森林の楽校・田畑の楽校)

○ボランティア人材育成 (エコサーバ-検定・森林ボランティアリーダー養成講座)

○国産品・地産地消の推進(国産間伐材製「樹恩割り箸」)

取り組む社会課題:『教育,環境,まちづくり』

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)のボランティア募集

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の職員・バイト募集