1. 【在宅可】デジタルマーケティングで社会問題解決。NPOインターン募集!!

更新日:2020/12/02

【在宅可】デジタルマーケティングで社会問題解決。NPOインターン募集!!

特定非営利活動法人 インフォメーションギャップバスター
メインビジュアル背景画像

基本内容

be2d98e562-k2.jpg

情報格差という社会問題を事業を通して解決を試みるNPO法人です。

活動テーマ
勤務場所

メインは在宅勤務です。
月1の企画会場や外部組織での打ち合わせに同行して頂く場合があります。

待遇

無料

【得られるもの】
・NPOの広報、ファンドレイジング、マーケティング施策を実行する経験
・情報格差で困っている人々のために、貢献できることがあるという実感
・社会人として働くことを具体的にイメージできるようになること

※交通費など実費は負担いたします。

勤務日程

随時勤務(勤務期間:1週間〜1ヶ月)

勤務頻度

応相談

募集対象

・情報社会の問題に関心がある方
・インフォメーションギャップバスターの基本理念に賛同される方
・NPOの広報、ファンドレイジング、マーケティングに関心がある方
・地味で細かい作業でも積極的に取り組める方
・最低3か月~6ヶ月、平日週1回以上、決まった曜日に活動できる方
・Office系ソフトの基本操作ができる方
・キーボードを見ないでタイピングができる方
・Adobeソフトを使ったデザインやWEBサイト制作のスキルがある方

注目ポイント
  • 社会をよくしたいという【情熱】が必要な仕事です!
  • マーケティング施策の結果を見ながら次のアクションを考える冷静な【判断力】が必要な仕事です!
  • あらゆる分野の人との出会いの中でコミュニケーションを取っていく【協調性】が必要な仕事です!
対象身分/年齢
募集人数

3名

関連スキル

募集詳細

あなたもきっとできる、社会問題の解決!

社会問題の解決は誰がやるのか知っていますか?

政治家がやるもの?


いいえ、政治家だけではありません。

企業やNPOなどの事業を通して社会問題を解決することができるのです。


私たちの活動では様々な社会問題の解決に取り組んでいます。

例えば、耳が不自由などの理由により、電話が使えずに困っている人がいます。

 夜中に突然お腹が痛くなって病院へ行きたい時...。

 ちょっと前に宅急便の不在票がポストに入った時...。

 今すぐ飲み会の場所を予約したい時...。

そんな時に電話リレーサービスというサービスを活用することで、

こういう問題を解決できます。その解決のサポートを行っています。


私たちはあらゆる人がお互いに思いやり合うことで、情報のバリアが解消されて、日本がより豊かな社会となると考え、そんな思いで参加者に色々なバリアへの気づきをもたらすイベントを運営しています。

現在、月に1回イベントを運営しています。

芸術、文化、法律、医療などあらゆる分野の方をお招きして、勉強するイベントを企画・運営しています。

短期的なボランティアでは絶対に体験できない事をインターンとして体験してみませんか?

インターンとしての活動があなたの成長に繋がるように全力でサポートします。


【期待する成果】

・インフォメーションギャップバスターの活動を支える、WEBマーケティングにおける様々などの施策を実行すること


【仕事内容】

(1)Webを中心とした広報・情報発信

団体のWEBサイトのアクセス解析や更新、SNSやブログ、メルマガ、WEB広告などのライティングを担当していただきます。数字を見ることや文章を書くことが好きな方、デザインやマークアップのスキルをお持ちの方、大歓迎です。

(2)ファンドレイジング企画・運営

サポーターや寄付獲得のため、ダイレクトメール、クラウドファンディング、WEBマーケティング、イベントなどの企画・調査を行なっていただきます。皆さんのアイディアと実行力に期待しています。

(3) イベントの運営

各種メディアにてイベントの集客を行っていただきます。場合によってはマスコミ向けのプレスリリースを作成していただきます。

またイベント当時の会場の設営や受付、そして事後のレポート作成などをしていただきます。

人とお話しするのが好きな人、イベントを実行するのが好きな方、大歓迎です。


担当していただく仕事内容は状況に応じて変わりますが、ご応募の際は「希望内容」欄にどの業務に特にご関心がおありかをお書きください。


【得られるもの】

・NPOの広報、ファンドレイジング、マーケティング施策を実行する経験

・情報格差で困っている人々のために、貢献できることがあるという実感

・社会人として働くことを具体的にイメージできるようになること


【応募条件】

・情報社会の問題に関心がある方

・インフォメーションギャップバスターの基本理念に賛同される方

・NPOの広報、ファンドレイジング、マーケティングに関心がある方

・地味で細かい作業でも積極的に取り組める方

・最低3か月~6ヶ月、平日週1回以上、決まった曜日に活動できる方

・Office系ソフトの基本操作ができる方

・キーボードを見ないでタイピングができる方

・Adobeソフトを使ったデザインやWEBサイト制作のスキルがある方大歓迎


見学も大歓迎です!履歴書・志願動機等は見学をしていただいてからでOKです!

気軽にご連絡下さい!

【人数】3名程度

【期間】要相談

【勤務時間】週8時間程度 、週1日程度出勤。出勤日・時間帯応相談

【応募方法】見学後又は直接 履歴書、志望動機(A4 1枚程度)を事務局までメールまたは郵送にて送付。

【連絡先】(担当:伊藤)までご連絡ください。

  • 37e00f54aa-katsudo.jpg

    視覚障がい者と聴覚障がい者のコラボ企画で美術館鑑賞ワークショップを開催しました。

  • e5a40c65ab-k3.jpg

    耳が聞こえないなどの理由で電話が使えない人をサポートする電話リレーサービスの普及シンポジウムを開催しました。

  • 68302ac1b9-k6.jpg

    国会議員にお会いして労働環境改善の要望を提出しました。

体験談・雰囲気

このインターンの雰囲気

若い方が結構います。社会人のスタッフもいますのでコミュニケーション能力が鍛えられます!

外部団体(企業など)の打ち合わせも多いので楽しみながら就職活動に向けたスキルアップも出来ちゃいます☆

特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

特定非営利活動法人 インフォメーションギャップバスター

代表者

伊藤 芳浩

設立年

2011年

法人格

NPO法人

インフォメーションギャップバスターの法人活動理念

Beyond the Information Barrier(情報バリアを越えて)
〜誰もが情報を得ることのできる豊かな社会
を創ろう〜


インフォメーションギャップバスターの法人活動内容

NPO法人インフォメーションギャップバスターは、情報バリアを解消する事で、誰もが情報を得ることのできる豊かな社会を実現すべく、以下の3つの事業を行っています。

 (1) 啓発:一般市民に情報格差問題を認識してもらい、解決行動を促す

 (2) 教育:情報リテラシー教育を実施し、情報格差問題の自発的な解決能力を向上させる

 (3) 要望:情報格差解消のために関係団体に働きかけ、解決を促す

インフォメーションギャップバスターのボランティア募集

インフォメーションギャップバスターの職員・バイト募集