こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 障がいをもつお子さんと秋の高尾山に登ろう!

    更新日:2015/11/01

    障がいをもつお子さんと秋の高尾山に登ろう!

    NPO法人こども応援ネットワーク アンダンテ事業部
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    8fdc555e24-singly_children_recruiting_46046main.png
    活動テーマ
    活動場所

    東京都八王子市 高尾山
    (長津田駅or新宿駅集合)

    必要経費

    無料

    なし

    募集対象

    こどもと遊ぶことが好き!ボランティアをやってみたい!障がいってなに?少しでも気になった方は是非お問い合わせください♪
    ※18歳以上,高校生不可

    注目ポイント
    • 自分自身が楽しむことがとっても大事!こどもたちもつられて楽しんでくれます☆
    対象身分/年齢
    募集人数

    15名

    募集詳細

    初めてでも安心!障がいを持つこども達と楽しく高尾山に登ろう♪


    こどもたちは遊ぶことが大好きです!それは障がいを持っていても同じこと。私たちは障がいを持つこどもたちの遊びを支援しています。

    当日はお子さんと1対1で担当し、一緒に登山イベントに参加していただきます。

    当法人のスタッフが引率しますので困ったことなどあればすぐに対応できます。

    また、事前にイベントや担当するお子さんについての説明も行いますのでボランティアをしたことのない方や、障がい者と関わったことのない方でも安心してご参加いただけます。


    ※応募多数により女性からのご応募は締め切らせていただきます。男性からのご応募のみ受け付けています。

    ※お申込み、お問い合わせの際にはからメールを受信できるように設定しておいてください。

    設定方法

    docomo →

    au→

    softbank→

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    今回、私はアンダンテの高尾山山登りに参加し、担当のお子さんと常に一対一で向き合える、貴重な経験をすることが出来ました。最初は引き継ぎなどはどうすれば良いのかと戸惑いもありました。けれど、時間が経つに連れ、徐々に対応することが出来るようになりました。

    障がいのある子どもたちと一人ひとりのペースで、一緒に何かを目指したり、楽しんだりと、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。

    (20代学生/女性)


    ボランティアに参加させて頂き、本当にいい経験を積むことが出来たと感じました。 言葉が通じているのかどうかはわからないけど、私が「たのしい?」って聞いたら「たのしい」ってリピートしてくれたり、素敵な笑顔で笑ってくれたので、私の方が力をもらいました!無事に山頂まで辿り着き、お子さんの方から私の手を握ってきてくれた時は本当にうれしかったです。

    (20代学生/男性)

    このボランティアの雰囲気

    私たちは普段から障がいを持つこども達の遊びを支援しています。

    そのため、常にこどもたちが楽しいと思えるような雰囲気作りを心がけています。

    ボランティアとして参加する際にも是非“遊ぶぞー"という気持ちを持って参加していただけたらと思います!

    特徴
    雰囲気
    関連大学
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    NPO法人こども応援ネットワーク アンダンテ事業部

    代表者

    佐藤洋子

    設立年

    2001年

    法人格

    NPO法人

    こども応援ネットワーク アンダンテ事業部の法人活動理念

    障がいのあるなしにかかわらず、地域で、生まれたときから共に生き共に育ち、誰もが自分らしく生きることを応援すること

    こども応援ネットワーク アンダンテ事業部の法人活動内容

    障がいを持つこどもたちの“遊び"のお手伝い

    (プール、温泉、スキー旅行、電車の旅、海水浴、山登りなど)

    こども応援ネットワーク アンダンテ事業部のボランティア募集

    こども応援ネットワーク アンダンテ事業部の職員・バイト募集