こちらの海外プログラムは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. ベトナムの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. ベトナムでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 取材して記事を書く「基礎ジャーナリスト講座inホーチミン」参加者募集

更新日:2015/07/03

取材して記事を書く「基礎ジャーナリスト講座inホーチミン」参加者募集

開発メディア
  • 活動場所

    ベトナム (ホーチミン)

この募集の受入法人「開発メディア」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

09f85f42f6-de35bda499829b62ef5fa1e29908b3e1.png

途上国を多角的に見よう

活動テーマ
活動場所

ホーチミン

必要経費

社会人16万8000円、学生14万8000円
*渡航費や保険代は含みません
*含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費、講習費
*6月15日(月)までのお申し込み(入金完了)は1万円割引!
*ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック!

募集対象

途上国、国際協力・開発、メディアに興味のある人
とくに途上国を掘り下げてみたい人、文章力をアップさせたい人にお勧め!

注目ポイント
  • ganasのモットーは「途上国を知る。世界が広がる。」です。基礎ジャーナリスト講座では、途上国で暮らすさまざまな人を取材し、記事として発信することを目指します。途上国=貧しい、または笑顔、などとステレオタイプ的に一括りすることはできません。「複眼の視点」で途上国を考察してみませんか。そうすることで、参加者ご自身の世界観・価値観も広がると考えています。まずは説明会にお越しください。
特徴

募集詳細

記者インターンシップ「基礎ジャーナリスト講座 in ホーチミン」を主催するのは、途上国・国際協力に特化したNPOメディア「開発メディアganas」(運営は特定非営利活動法人開発メディア)です。同行する編集長の指導を受けながら、参加者自身が直接、現地のいろんな人にインタビューし、記事を書くという内容になっています。観光なしとハードですが、自身の行動力、洞察力(視点のもち方)、文章力などをアップさせる絶好のチャンスです。基礎ジャーナリスト講座の開催は今回が4回目。ベトナムのホーチミンは初めてですが、これまでにフィリピン・セブで2回、ベトナム・ハノイで1回実施してきました。■基礎ジャーナリスト講座の“5つのポイント”1)毎日が取材・執筆取材先までは参加者全員で移動し、着いたら個人で自由に取材します。取材は、現地の事情を深く知る手段。卒論のフィールドワークや企業のリサーチにも活用できます。ホテルに戻ってからは各自で記事を書きます。2)取材先は多種多様取材先は、貧困層に職業訓練を提供する会社、孤児院、2000ドン(11円)食堂、宝くじ売りの家などいろいろ。参加者の興味にあわせて決めていきます。さまざまな場所を取材するので、いろんな角度から途上国を見られます。取材では英語も使います。3)記事は署名入りで掲載リライトを重ね、記事の質を高めていきます。優秀な記事はganasの公式ページに署名入りで掲載。数千人の読者に届きます。4)マンツーマンで指導ganas編集長が同行し、視点のもち方はもちろん、ねた探しからインタビューの仕方、データの取り方、文の組み立て方までを1対1でお教えします。記者の基本的なスキルはもちろん、伝わる文章の書き方も学べます。このノウハウはエントリーシートの作成にも役立ちます。5)コミュニケーション力が向上取材の基本は、物事を深掘りする質問力。質問力は、記者としてだけでなく、どんな仕事にも活用できます。■詳細◎行き先:ベトナム・ホーチミン◎期間:2015年8月2日(日)~9日(日)(現地6泊・帰りの機内1泊)*現地集合(空港でのお迎えあり)・現地解散◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円*渡航費や保険代は含みません*含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費、講習費◎〆切:2015年7月2日(木)*6月15日(月)までのお申し込み(入金完了)は1万円割引!*ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック!◎定員:8人(先着順)◎事前研修:7月末を予定*参加者の都合を優先し、日時を決める予定です◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)◎お問い合わせ先:[email protected]◎説明資料:◎ムービー:(2014年夏「基礎ジャーナリスト講座 in セブ」)◎申し込み方法:お問い合わせいただければ申込書をお送りいたします■無料説明会(東京・JICA地球ひろば)~お気軽にご参加下さい!~5月15日(金)19:00*月26日(火)19:15*月6日(土)18:15*月25日(木)19:15月(未定)*の回は「ミャンマーの今」ミニ講演会付き

  • 22b9c46a28-2222222222.jpg

    貧困地区の家庭を訪問し、取材する(写真はハノイ)

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談

・「個人で自由に取材できるのが楽しい。複数の人にインタビューすると、記事に深みが出ることがわかった。悲惨そうに見える人が実はその現状に満足していることも意外だった。途上国についてあまり勉強してこなかったが、これからはフィリピンに限らず学んでいきたい」(早稲田大学3年、女性、基礎ジャーナリスト講座 in セブ)・「インタビューの際にどうやって人の心をつかむか、知りたいことをどう聞き出すか、データをどう取ってくるか、文章の組み立てはどうするかなどを学んだ。自分のスキルが日に日にアップするのが実感できた。アウトプットするから、ひとつひとつの体験が強烈に印象に残る」(筑波大学4年、女性、基礎ジャーナリスト講座 in セブ)・「ただの道もアンテナを張って歩けば見えないものが見えてくる。それを記事にするプロセスで、社会的背景が浮き上がる場合もある。このツアーでは数字、根拠の重要性を学んだ」(社会人、女性、基礎ジャーナリスト講座 in セブ)

この海外プログラムの雰囲気

参加者同士で切磋琢磨。良い記事を発信すると、参加者はもちろん、読者からも大きな反応があります。

特徴
雰囲気

法人情報

代表者

長光大慈

設立年

2012年

法人格

NPO法人

開発メディアの法人活動理念

ganasは、途上国や国際協力・開発をテーマとする硬派のNPOメディアです。途上国の情勢・文化・生活、開発のトレンド、国際協力NGOの取り組み、BOPビジネスの動向など、大手メディアがカバーできない情報を中心に発信します。そうすることで、こんな見方もあるのか、という「複眼の視点」の提供を目指します。

途上国には貧しさや不条理もあれば、魅力的な音楽や料理もあります。そしてなにより、日本ではなかなか出会えない人たちがいます。途上国の人たちと本音で触れ合うと、日本社会に根強く残る「○○はこうあるべき」論が心の中で薄まっていくことがあります。良い面・悪い面含めて、途上国を知ることは多くの日本人にとって"世界"を広げてくれる、と私たちは信じています。

媒体名のganasとはスペイン語で「やる気」という意味です。書き手は学生や若い社会人などのボランティア、デスクはプロボノ。やる気のある人が集まって、このNPOメディアを運営しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

開発メディアの法人活動内容

Global Media Camp in セネガル、ミャンマー、カンボジア、フィリピン

Globalライター講座

77日記者研修


開発メディアのボランティア募集

開発メディアの職員・バイト募集