こちらのインターンは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO・NGOインターン
  3. タイのNPO・NGOインターン募集一覧
  4. タイでの国際系NPO・NGOインターン募集一覧
  5. タイ山岳民族支援ボランティアと現地NGOでのインターン募集

更新日:2020/06/10

タイ山岳民族支援ボランティアと現地NGOでのインターン募集

Sharing Eco Tour & Homestay

この募集の受入団体「Sharing Eco Tour & Homestay」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

83b00609d0-1-intern_international_recruiting_4088main.png

私たちと共に豊かで平和な社会を築いていきましょう!

活動テーマ
勤務場所

タイ国チェンライ県

待遇

2週間-18,000タイバーツ(1バーツ約3.3円)
3週間-19,000タイバーツ
4週間-20,000タイバーツ
5週間-23,000タイバーツ
6週間-26,000タイバーツ
7週間-29,000タイバーツ
8週間-32,000タイバーツ
9週間-35,000タイバーツ
10週間-38,000タイバーツ
11週間-41,000タイバーツ
12週間-44,000タイバーツ

半年や1年間滞在ボランティアさんも大歓迎です。
参加費に含まれているものは、食費、宿泊費、チェンライ空港もしくはチェンライバス停送迎費用、日本語・英語通訳費用、ボランティア時に発生する移動費と材料費、ボランティア時に発生する建設費、山岳民族の村ホームステイ費、登山時のガイド費、象乗り体験費、チェンライ市内観光費用です。
土曜日の夕食と、活動がお休みである日曜日の3食のみ基本的に含まれません。

ミラーオリジナルボランティアT-shirt、山岳民族手作りの水筒入れ、ボランティアとインターン終了時には英語の修了書をおつくりします。

参加後のボランティア期間の延長は、1週間毎に4,000タイバーツの費用が発生いたします。

長期での参加が厳しい方のために、4泊5日ボランティアツアーも募集しています!

勤務日程

随時勤務(勤務期間:1週間〜1ヶ月)

勤務頻度

応相談

募集対象

・ボランティア精神に豊富で何事にも積極的な方。
・多少の暑い気候に耐えられる方。
・自分の行動に責任をもてる方。
・異文化を理解する努力のできる方。
・協調性のある方。
・目的意識を持っている方。
・自分の経験を積みたいというだけではなく、ミラーを一緒に盛り上げたいという意識のある方。
・2週間以上滞在可能な方。

注目ポイント
  • 現地で活動
  • 社会問題と向き合う
  • 観光出来る

募集詳細

タイ国チェンライ県に位置するタイ現地NGOミラー財団に滞在しながら、他の外国人ボランティアさん(日本、オーストラリア、イギリス、アメリカ、ドイツ、カナダ、シンガポール等)やタイ人インターン生と共に活動しませんか?現在、山岳民族が抱える問題は、タイだけの問題と別にして考えることは出来ません。先進国といわれる日本が、その問題の原因になっている場合があるからです。私たち日本人は、知らず知らずのうちに、彼らのような社会的弱者を搾取してしまっているのです。世界がグローバル化している今、彼らの問題は国境を越え、1国だけでは解決することは困難です。また、彼らが抱える同じような社会問題は日本を含め、様々な国や地域で抱えています。実際に、現地で「見て」「聞いて」「感じて」「考えて」「実践して」ください。あなたの知識や技術を生かし、私たちと共に豊かで平和な社会を築いていきましょう。ミラー財団は、日本に事務所はありませんので、ご自分で航空券の予約や海外旅行保健等手続きをしなければなりません。タイの現地NGOですので、日本の常識が通用しないときもあるでしょう。しかし、様々な苦労を通じての経験は、最終的にあなたの血となり肉となります。私たちミラー財団に賛同してくださる方、一緒に活動しませんか? 

〇基本的な活動の例〇

―週に2~3回、小中高校、もしくは村で日本語と日本文化の授業を受け持ちます。特に授業のメニューはありません。過去の日誌を参考にし、ボランティア自身に授業内容を考えていただきます。―子どもキャンプを企画し主催します。―子どもスポーツ大会を企画し主催します。―コミュニティーやお寺で日本語のレッスンを受け持ちます。―学校での活動日誌を毎回書きます。―特別学級(障害をもつ子どもたちの学校)の授業を受け持ちます。―山岳民族博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成を手伝います。―あなたの関心、アイディア、経験、技術を活かし、他プロジェクト(物乞いの子ども防止キャンペーン等)を手伝います。―古着の整理整頓をします。―食事を作る手伝いをします。―英語もしくは、タイ語の資料の翻訳をします。―ホームページ上のボランティア活動日記を毎日書きます。―ホームページ作成の手伝いをします。―オーガニックの畑の手入れをします。(草刈、水やり等)―Childcare centerで子ども(2歳~5歳)のお世話をします。―スタッフとミラーに来る子どもたちに日本語を教えます。―宿泊している建物やミラー敷地内のお掃除をします。―寄付の募集、ボランティア募集の宣伝をします。―村のトイレや橋建設作業のお手伝いをします。特別な技術をお持ちの方は、異なる活動になりますのでご相談ください。以下は過去の活動例です。★看護士・・・子どもの健康チェック★電気工事士・・・ミラー財団や村、学校の配線チェックと整備★養護教諭・・・子どもたちに性教育の提供★農業の専門家・・・有機農業の企画・実施

〇その他滞在中に可能なこと〇

―山岳民族の村にホームステイしたり象に乗り、彼らの生活を見て体験し理解することが出来ます。―30人以上が暮らすミラーの敷地内で、タイ人ボランティアや、他の外国からのボランティアと共に生活をし、タイ文化やタイ社会、様々な国の事情を学ぶことができます。(1人部屋ではありません)―週に1回、大型ショッピングセンターへ必需品の買出しに行くことができます。―基本的に、火曜から土曜まで活動をします。日曜と月曜は、ミラー財団がお休みです。お友達になったタイ人スタッフや他の外国人ボランティアと、自由にタイ観光へ行くことができます。―他の外国(カナダ、アメリカ、シンガポール、イギリス、オーストラリア、ドイツ等)からのボランティアや、タイ人ボランティア、山岳出身のボランティアもいますので、彼らの言葉や文化を学んだり、様々な民族や国のお友達をつくることができます。以下のどれかの条件をクリアーされている方は、大大募集中です。・日本語教師を目指し、日本語養成講座を受講している方。・日本語教師養成講座420時間を終了している方。・保育士、幼稚園教諭、小学校教諭等の子どもに関わる仕事の免許をお持ちの方、または現在免許を取得するために受講されている方。・ウェッブサイトのデザイナーの方。・ホームページ作成する技術をお持ちの方。・ライターの方。・農業に詳しい方。・その他特別な技術を持っている方。(ご相談下さい) 

〇受け入れ可能な日〇

2013年6月2日、6月16日。2013年7月7日、7月21日。2013年8月4日、8月18日。2013年9月1日、9月15日。2013年10月6日、10月20日。2013年11月3日、11月17日。2013年12月1日、12月15日、12月22日。2013年12月以降も募集しています。メールでお問い合わせください。通常のお迎え可能な時間は、チェンライ空港20:00集合、もしくはチェンライバスターミナルご希望の場所20:30集合になります。The Mirror Foundationの大きな看板を持ったスタッフが迎えに行きます。タイ航空TG140便利用の場合、18:10発(スワナプーム空港)→19:40着(チェンライ着)になります。チェンライ空港にご希望の方は、チェンライ空港マップの以下のページに記載されています10番「郵便局」の隣にありますベンチが集合場所です。チェンライバスターミナルご希望の場合は、チェンライバスターミナル1(ナイトバザールに隣接するバス停)の中央にありますベンチが集合場所です。それ以外の時間帯ご希望の方は、一度ご相談下さい。 長期での参加が厳しい方のために、4泊5日ボランティアツアーも募集しています! 

〇お見送り可能な日〇

毎週土曜日のみ。通常のお見送り可能な時間は、チェンライバスターミナル、チェンライシティーの場所18:00、もしくはチェンライ空港18:30お見送りになります。それ以外の時間帯ご希望の方は、一度ご相談下さい。 

〇ボランティアのための持ち物〇

忘れ物のないようお願いします!!・パスポート・パスポートのコピー2枚・海外旅行保険・日よけ用の帽子・タイの観光ガイド本(地球の歩き方、ロンリープラネットがおすすめ)・タイ語辞書もしくは、タイ語会話本・傘・カッパ(リュックを覆えるポンチョが望ましい)・トレッキング、ボランティア時に着る汚れても良い動きやすい長袖、長ズボン・スニーカーもしくは、トレッキングシューズ(山登り)、ビーチサンダル(村内、ミラー用)・寝袋(ミラーで300Bでレンタル可能)・軍手・ノートブックパソコン(ミラーの敷地内では、WIFIが使用可能です)・下着・服(キャミソールやホットパンツ等の肌を出し過ぎる服は、ミラーやホームステイ先、お寺で着ることは出来ません)・パーカーか薄手のフリース1枚(防寒着)・バスタオル&タオル・洗濯用洗剤(エコの物だと望ましい)・日焼け止め・ビニール袋(何枚かあると便利です)・薬類(ポカリスウェット、絆創膏、風邪薬、胃腸薬、解熱鎮痛剤、虫刺されの薬、冷えピタ、ビオフェルミン、マスク、アルコール消毒用ジェル、酔い止め等)・洗面用具・カメラ・カメラの充電器(タイでは、電圧/周波数:220V 50HZ  プラグ:Aタイプ、BFタイプ、Cタイプが使用できます)・ドライヤーが必要な方はご持参ください(タイでは、電圧/周波数:220V 50HZ  プラグ:Aタイプ、BFタイプ、Cタイプが使用できます)・メモ帳・虫除けスプレー・リュック(大きなスーツケースは、村に宿泊する時に利用できません)・小さな南京錠(貴重品ロッカー用) もし自宅にありましたら寄付のご協力をお願いします!寄付の物、ボランティア時に使用する道具等は、一度ご相談ください。・ボランティア時に使うことのできる道具(折り紙、おおなわとび、日本のおもちゃ、日本の葉書き、日本食等)・未使用の文房具や未使用のタオル(学校、村への寄付)・使用済みのハサミ、糊、クレヨン、色鉛筆、使いかけの画用紙等(ミラーへの寄付)・古着、中古おもちゃ、中古デジタルカメラ、中古ビデオカメラ、中古ノートブックパソコン、中古楽器等※キャミソール、太ももがでてしまう短いショートパンツ、胸が広く開いた服、ビキニ等は着ることができません。※トランプは持参しないでください。(タイでは賭博に利用されています。)※高価なアクセサリーは持参しないでください。※12月から2月は朝晩10度程度に冷えますので、防寒具を持参ください。チェンライの天気は、日本気象協会を参考にしてください。※ミラー財団に電気は通っていますので、デジタルカメラの充電も可能です。※お小遣いの質問には答えかねます。  

〇注意事項〇

・チェンライ現地集合、現地解散です。・海外旅行保険には万が一の時のため、必ず加入してきてください。活動時の事故や病気の責任は、ミラー財団側では一切負いかねます。・予防接種についての質問はお答えかねます。厚生労働省検疫所のホームページを参考にしてください。・急なキャンセルは、キャンセル料がかかってしまいますがご了承ください。・ミラー財団のルールやタイでのマナーを守れない方や、参加の条件に該当されない方は、ミラー財団の独断で滞在をお断りする場合があります。その場合、既に支払った参加費の返却は一切できません。  

興味を持った人!!

興味のある方は、ページ下部の募集フォームよりお問い合わせください。

  • 1-intern_volunteer_recruiting_4088sub1.png
  • 1-intern_international_recruiting_4088sub2.png
  • 1-intern_international_recruiting_4088sub3.png

体験談・雰囲気

特徴

団体情報

“タイに住む山岳少数民族の生活の質の向上と文化・伝統の継承をサポートする団体Sharingです。”
代表者

Anunchai Usue

法人格

その他

Sharing Eco Tour & Homestayの団体活動理念

タイ社会の中でマイノリティーな山岳少数民族が偏見や差別にあうことなく豊かな可能性を発揮できる社会をつくり、人々がそれぞれの文化や価値観を認め合い共に学び共に生きることが可能な平和な社会をつくる。

Sharing Eco Tour & Homestayの団体活動内容

Sharingとは?
私たちは、チェンライの山岳エリアに存在するさまざまな深刻な社会問題を解決するため、この地域の人々と共に歩み、より良い社会づくりを進めるローカルなNGOです。国からの補助金や外国からの助成金などの外部資金に依存せずに、継続的な地域支援のための事業を展開し、日々変化する社会問題に柔軟に対応していきながら社会貢献を目指しています。
"Sharing"は、"Sharing Eco Tour & Homestay"というソーシャルエンタープライズに支えられ活動を進めています。

Sharing組織代表
Mr. Anunchai Usue (Aso)
Asoはタイの山奥で生まれた山岳民族アカ族の男性です。山奥にある彼の家は経済的に貧しく、幼少期は親元を離れ、お寺で見習いとして働きながら必死に学校に通いました。山岳民族が差別や偏見にさらされていることや、無国籍であったり、経済的に貧しいがために病気や怪我をしても適切な治療が受けられず、学びたくても進学ができない辛さを、彼は身を以て知っています。
山岳民族を支援するNGOで12年間働き積み上げたネットワークとスキルを駆使し、2019年に新組織Sharingを立ち上げました。


Sharingスタッフ
スタッフ2名、タイ人研修生2~5名、コミュニティースタッフ25名

Sharingが解決しようとしている社会問題とは?
山岳民族独自の伝統手工芸技術や建築技術の衰退、それを取り巻く地域コミュニティの崩壊、安定した経済活動不足と貧困、山岳エリアの自然環境の変化と森林の減少、マイノリティーへの差別や偏見、教育機会の格差など。

Sharingの使命とは?
・誰もが豊かな可能性を発揮できる差別や偏見のない多文化共生社会を創出する。
・持続可能な豊かさを探求し、人々の幸福度を最大限に高められるような学びの機会や場を提供する。

Sharingのプロジェクト

☆田舎の学校の活性化と教育プロジェクト
予算が足りず不足しているトイレや図書館などのメンテナンスと、文具や遊具の寄付、異文化に触れる機会の少ない生徒たちへの日本語と日本文化を使った多文化共生理解の推進と、生徒の学ぶ意欲向上を目指しています。

☆女性の自立と技術支援のためのフェアトレードプロジェクト
伝統手工芸に関心のあるお母さんたちに、刺繍や機織り、ミシンを利用した可愛い手芸品を村内で作ってもらったり、無国籍者の多いアカ族の村でオーガニックコーヒーを育てています。

☆伝統文化の伝承と地域経済活性化による地域コミュニティのエンパワーメントプロジェクト
村の文化や伝統を守り、村内での経済活動促進として、持続可能な観光であるエコツアーを村人共に運営しています。
エコツアーでは、村内ホームステイや伝統技術を学ぶプログラムも準備され、彼らの伝統文化や日々の生活を学ぶことができます。村の子どもや若者たちが、伝統的な文化に触れ、学ぶことの機会の提供にもつながっています。
また、地域のイベントや伝統的なお祭りを応援しています。

☆人と大地にやさしい有機農業プロジェクト
農薬や化学肥料を積極的に利用した近代農業や、機械化した効率的な農業ではなく、山岳民族の伝統的な品種のお米を、年長者の知恵を利用しながら人の手を使い大切に育てています。畑では有機米だけでなく、その他の様々な野菜も育て、痩せてしまった地力の回復にも努めています。

☆自然環境保護・保全プロジェクト
山の小川にいくつもの小さな堰(小さなダムのようなもの)を作ったり、野生のバナナの植樹を行っています。一旦貯えられた水辺では、その地域の人々が食料にする魚やカニ、貝だけではなく、その他様々な動植物が生息し、木が育ちます。
地域の人々自身が森を守り、森からの恩恵を受けることができる、自然の摂理を利用した自然保護・保全活動です。

☆安全で衛生的な環境づくりと生活の質向上プロジェクト
道路状況が悪く、雨季時は外部と遮断されてしまうような行政機関の支援が行き届きにくい村で、衛生環境を整えるための上水道システムやトイレの設置、道路の補修活動を行っています。


Sharing Eco Tour & Homestayのボランティア募集

Sharing Eco Tour & Homestayの職員・バイト募集