こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 京都のボランティア募集一覧
  3. 京都での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 【廃村DIYキャンプ】京都の廃村でものづくりを学ぼう!

更新日:2015/05/19

【廃村DIYキャンプ】京都の廃村でものづくりを学ぼう!

大見新村プロジェクト
  • 活動場所

    京都 (京都市左京区大原大見町)

この募集の受入団体「大見新村プロジェクト」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

京都市内で廃村体験と、ひと味違ったものづくりが魅力的なDIYキャンプ

活動テーマ
活動場所

京都市左京区大原大見町

必要経費

2,000円(食費、交通費、ボランティア保険など)

募集対象

学生

注目ポイント
  • 京都市内にある廃村の再生をつうじてものづくりを学びます。
特徴

募集詳細

京都市内にあるほぼ廃村状態の大見村の復興にむけ、DIYを実践するキャンプを実施します。貴重な学生時代の夏の思い出づくりとともに、廃村の暮らしとDIYを学んでみませんか?ものづくりに興味がある、自然の中で身体を動かしたい、里山での暮らしに興味がある、廃村に行ってみたい、という方の参加お待ちしています。

40年間放置された大見村には、あちこちに不法投棄のゴミが放置され、道路が痛み、民家の床が朽ちるなど、補修や修復が必要とされる場所がたくさんあります。現状、充分な行政的な支援が得られない中で、大見新村プロジェクトではメンバーを中心にDIY方式でこれらの課題に取り組んできました。本キャンプでは、古民家の床を補修しつつみんなが集える縁側つくりや、山の水を利用する水道の整備、流木や間伐材を利用した家具つくりなどを、DIYの基礎を学びつつおこなっていきます。と同時に大見村での滞在を通じて里山が抱える課題を理解し、これからの生き方や暮らしについて考え直すきっかけを提供します。2つの学び・建築の専門家の指導のもと実施される古民家改修や、ドラム缶風呂つくりなど、都市部とはひと味違ったものづくりを体験しながらDIYを学びます。・京都市内にありながら廃村という大見村での活動を通じて、都市近郊の里山の現状と課題について学びます。DIY作業だけでなく鹿肉のバーベキューや、廃村だからこそ可能な星空の観察、畑での収穫体験などのお楽しみも用意しています。※8/30(土)に同日開催で、先日の台風被害の復旧ボランティア作業も実施します。詳しくはこちら、、、

【実施概要】日時:2014年8月29日(金) - 30日(土)会場:大見新村(京都市大原大見町)対象:大学生、大学院生定員:15名参加費:2,000円(市営地下鉄国際会館駅から大見村への交通費、滞在中の食費、宿泊費、ボランティア保険)※当日徴収主催:大見新村プロジェクト

【プログラム】29日9:30:集合(市営地下鉄国際会館駅)10:30:大見村到着、オリエンテーション11:00:大見村ウォーク・・・現在の大見村をみんなで散策します12:00:昼食(お弁当)13:00:DIYタイム01・・・グループに分かれてメニューをこなしていきます。17:00:夕食準備 + お風呂・・・みんなでつくったDIY風呂をわかしてみましょう。19:00:夕食・・・大見村で収穫された野菜と、鹿肉をつかったBBQ20:00:ナイトトーク・・・参加者みんなで大見村とこれからの社会のありかたについてトーク22:30:参加者交流会・・・満点の星空を見上げながら交流会(就寝・・・テントで宿泊)

30日7:00:起床7:30:朝食準備・朝食・・・コーヒー焙煎と手作りパンに挑戦9:00:復旧作業・・・昨年の台風で倒壊したしこぶち神社の整備や、先日の台風の被害後の復旧作業に実施12:00:昼食・・・キャンプカレー+ダッチオーブンでつくるCAMP料理13:00:DIYタイム02・・・DIYタイム後半。各自メニューの完成目指してがんばりましょう16:00: キャンプまとめ、帰宅準備17:30:大見村出発18:30:市内着その後:銭湯+打ち上げ(有志参加)★DIYメニュー・古民家改修 - 村の縁側つくり -・山の水道つくり・ドラム缶風呂つくり・流木家具つくり 

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

普段は学生から社会人まで、さらに幅広い専門分野のメンバーで楽しく活動しています。

特徴
関連大学

団体情報

法人格

任意団体

大見新村プロジェクトのボランティア募集

大見新村プロジェクトの職員・バイト募集