こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 発達障がいをもつ小・中・高校生の学習支援

    更新日:2017/08/18

    発達障がいをもつ小・中・高校生の学習支援

    公益財団法人京都市ユースサービス協会
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-member_volunteer_recruiting_12281main.png

    知ることが,イキイキとしたコミュニティをつくる。

    活動テーマ
    活動場所
    • 京都

    京都市中京青少年活動センター

    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    発達障がい児者の学習支援に興味のある方
    教育・福祉に関心があり方
    毎月第3土曜日14時~17時の学習活動に参加できる方

    注目ポイント
    • 親の会が主催する活動なので発達障がいを持つ子どもたちの事をそのまま教えてもらえたりします。喜びも大変さも
    募集人数

    3名

    募集詳細

    毎月第3土曜日14時~17時の発達障がい児者の学習支援に参加できる方。発達障がいを持つ小・中・高校生は学校の授業だけでは,学習のスピードについていくことがなかなか難しいのが現状です。そのための一つの活動が学習支援です。さらに,いろんな関わりから,学びを得るのも重要なことです。学習支援から初めてレクリエーションなどのイベントに参加するボランティアもいます。まずは学習支援からご協力をお願いします。 

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    学生の頃から関わり,社会人になっても関わりが持てる,私にとってとても意味のある活動です。という言葉をいただいたりしています。

    このボランティアの雰囲気

    真面目に勉強するときちょっとゲームを交えて勉強するとき,その時々の変化を大切にしながらも楽しい雰囲気で学んでいます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    公益財団法人京都市ユースサービス協会

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    理事長 安保 千秋

    設立年

    1988年

    法人格

    公益財団法人

    京都市ユースサービス協会の法人活動理念

    1. 青少年が自分の本来持っている力を損なわれることなく伸ばしていけるように支援をします。

    2. 青少年が問題を抱えた時や必要を感じた時に課題を自ら乗り越えたり解決していくための力を獲得できるような支援をします。

    3. 青少年が市民社会の一員として参画し、役割を担っていけるための経験の機会を提供します。

    4. このような課題に対するユースサービスの事業が社会的な認知を拡大していくための活動を行います。

    京都市ユースサービス協会の法人活動内容

    ◎支援する

    ・青少年の社会参加促進事業

    ・プレイパーク事業

    ・青少年の居場所作り事業

    ・相談事業

    ・就労支援事業

    ・場所提供

    ◎つなげる

    ・指導者・ボランティア養成事業

    ・地域参加ののためのリーダーバンク事業

    ・青少年の交流促進事業

    ・資源を活かした協力・共催事業

    ◎伝える

    ・情報収集・提供・広報事業

    ・ユース・サービスの啓発

    ◎深める

    ・調査・研究

    ・研修事業

    京都市ユースサービス協会のボランティア募集

    京都市ユースサービス協会の職員・バイト募集