こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪での国際系ボランティア募集一覧
  4. ミャンマーの国内避難民に対してできること - 2024本会議募集開始❗️ in大阪

更新日:2024/02/26

ミャンマーの国内避難民に対してできること - 2024本会議募集開始❗️ in大阪

IDFC日本ミャンマー学生会議
  • 開催場所

    オンライン開催, 本町駅 徒歩9分 [モネ本町北] (開催場所のモネ町は本町駅から徒歩5分です。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生 / 高校生

この募集の受入団体「IDFC日本ミャンマー学生会議」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

少人数の班メンバーでミャンマーの課題を明確化し、戦略策定まで共に学ぶプロジェクト。参加することで得られること:ミャンマーの現状理解。講師アドバイスもあり

活動テーマ
開催場所

開催場所のモネ町は本町駅から徒歩5分です。

必要経費

無料

募集対象

ー本会議のここが凄い!ー
1大学教授からの学問的な側面と実際にミャンマーを支援している団体の実践的な側面、双方から話が聞ける!
2同世代と社会問題を議論するチャンス!
3報道の減ってきたミャンマーについて学べる!
4事前知識不要!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IDFC2024本会議、参加者を募集いたします!!!

(名称)
IDFC本会議2024
(実施団体)
日本ミャンマー学生会議2024
(日時)
2024年2月25日 10:00~16:00(大阪)
※対面とオンライン(zoom)の同時開催予定。
(会議内容)
・ミャンマーの文化交流
・2030年の日本とミャンマーの関係性に関して
・ミャンマー人の難民入管の問題に関して
(応募期間)
2月2日(金)〜2月23日(金)
(募集対象)
1)高校生、大学学部生、院生であること(学生に相当する方など、左の区分に該当しない方はご相談ください)
2)2024年2月25日(大阪)に対面で参加できること(ミャンマー在住のミャンマー人は除く)。
3)日本語が喋れること
(参加費用)
無料
※ただし、会場までの交通費は自己負担でお願いいたします。
(選考方法)
google formの志望動機で判断します。
※面接をお願いする場合があります。


よくある質問について
Q.ある程度のミャンマーの現状などの知識がないと、参加してディスカッションするのは難しいですか?

A.本イベント前に、ミャンマーの基本知識に関する事前資料を送付いたしますので、その点につきましてはご心配には及びません。

注目ポイント
  • 協力とディスカッション
  • 講師からのアドバイス
  • ミャンマーの国内避難民について
対象身分/年齢
募集人数

20名

特徴

募集詳細

募集詳細


  1. 1.チームディスカッション:
    • 少人数のチームで、ミャンマーの国内避難民に対して日本の学生は何ができるのかを議論する。
  2. 2.ミャンマーの長所と短所の明確化:
    • 政治的不安、文化の違いといった課題に焦点を当てる。
  3. 3.最善策の策定:
    • 地元のニーズへの適応、リスク管理、現地パートナーシップなど、ミャンマー進出における最適な戦略を各班で考案する。
  4. 4.講師からの直接的なアドバイス:
    • 行き詰まった場合に講師からの専門的なアドバイスが利用可能。講師は進捗モニタリングと指導を行う。
  5. 5.成果発表とディスカッション:
    • 各班が導き出した最善策や戦略を発表し、他の班の意見を共有。全体的なディスカッションを通じて広範な洞察を得る。


 詳しくは、公式ホームページやインスグラムへ

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

団体情報

IDFC日本ミャンマー学生会議

“ミャンマーと日本の若者自ら交流機会を創り 将来に向けて関係を築いていく”
設立年

2014年

法人格

学生団体

IDFC日本ミャンマー学生会議の団体活動理念

  1. ・IDFCのメンバーが活動を通じて個々に力をつけ、橋渡し役を担うことのできる人材になることを目指す
  2. ・未来のIDFC実行委員が困難な状況の中でも、確実にアクションを起こせるためにの基盤作りを行う

IDFC日本ミャンマー学生会議の団体活動内容

IDFCは、日本とミャンマーの外交樹立60周年を迎えた2014年4月に学生によって設立された学生会議です。

「ミャンマーと日本の若者が自ら交流機会を創り、将来に向けて関係を築いていく」ことを理念に掲げ、国際会議の企画・運営を、学生を中心に組織される実行委員会が行っています。

取り組む社会課題:『国際交流』

「国際交流」の問題の現状  2024/02/06更新

政治的な不安定さが最も大きな要因で、クーデターによる政府の崩壊や人権侵害が懸念されています。これにより国内情勢が混迷し、国際社会との信頼関係が損なわれています。経済的な課題も顕著で、制裁や経済の停滞によりミャンマーの発展が妨げられています。これが国際協力や投資の障害となり、交流活動への影響を与えています。

また、人道的な問題も深刻で、国内避難民や難民が増加しています。これが国際社会との協力を呼びかける要因となっていますが、政治的な複雑さがその進展を阻んでいます。

国際交流においては、政治的・経済的な安定が基盤となりますが、ミャンマーの現状はその安定性がなく、課題解決に向けた国際社会の協力が求められています。

「国際交流」の問題が発生する原因や抱える課題  2024/02/06更新

今現在ミャンマーでは、軍事政権が強く権力を持っています。ミャンマーの民主主義等であるNLD(国民民主連盟)が毎回選挙で圧勝するものの中々状況がかわらず治安も良くない状況が続いています。そのため、軍政により多数の避難民や負傷者を出し続けています。

「国際交流」の問題の解決策  2024/02/06更新

そのため私たちIDFCは、こんな状況が少しでも改善されるためにたくさんの人にミャンマーの今の現状を知ってもらえるような活動を行っています。少しでもたくさんの人が興味を持ってもらうことによってミャンマーがより良い社会になることを強く望んでいます。

活動実績

2023年
IDFC2023本会議実施

2023年01月21日

我々IDFC2023実行委員の本会議のテーマは、

参加者の皆様に現状のミャンマーを知ってほしい、その問題点を知ってほしい、日本とミャンマーの関わりを知ってほしい、

そしてその中で、自分と日本とミャンマーのために未来でどのように行動を取れるのか考えてほしいということでした。

会議では大学教授の方による学問的なお話を聞いたり、実際にミャンマー支援をされている団体の方の思いを感じたり、2030年の日本とミャンマーの関係性について議論したりと、とても実りある、有意義な2日間でした。

オンライン日本×ミャンマー交流イベント報告

2023年07月

参加者の皆さんと共に、日本旅行とミャンマー旅行のしおりを作成しました。英語をメインとしたグループでは、日本旅行について話し合い、日本語をメインとしたグループでは、ミャンマー旅行についてのプランを作りました。お互いの日本とミャンマーの魅力的な観光地や文化について学びながら、楽しいひと時を過ごしました。ご参加いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。

IDFC日緬カレー作り交流会🇲🇲

2023年11月05日

11月5日、東京で開催されたIDFC日緬カレーイベントは、ミャンマーに興味を抱く方々が集まり、文化交流の素晴らしい機会となりました。

イベントでは、新宿区の会場で美味しいカレーを自分たちで作り、新しい友達との出会いを通じて、日本とミャンマーの素晴らしい文化に触れました。

イベントの雰囲気を捉えた写真や、笑顔いっぱいの参加者たちの様子をご覧いただけます。

IDFC日本ミャンマー学生会議のボランティア募集

IDFC日本ミャンマー学生会議の職員・バイト募集