こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 第1期募集★多摩川でキャンドルをたくさん並べるイベントを一緒に企画しませんか?

更新日:2023/12/18

第1期募集★多摩川でキャンドルをたくさん並べるイベントを一緒に企画しませんか?

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会
  • 活動場所

    東京, 神奈川

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動頻度

    週0〜1回

この募集の受入団体「多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

第1期は締め切りました → 説明会【第2期】を別ページで掲載しております。そちらを探していただければと存じます。第2期の説明会日程は 12月23日・12月24日・12月29日・1月13日です

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

■全員がボランティアで活動している企画チームとなります。
■活動場所までの交通費などは自己負担となります。
■ミーティングは公民館の会議室やレンタルルームを借りて実施していきます。使用料金は毎回参加したみんなで割り勘となります。毎回300〜500円です(学生は割引きします)

活動日程

■4ヶ月間の中期プロジェクトになります。
■みなさんのやりたい活動によってチーム分けをしますが、偏ってしまった場合や、極端な方向性のものはご相談・お断りさせていただくことがあります。
■状況に応じてZOOMミーティングが発生することもございますが、ご了承ください。
■まずは説明会にご参加いただき、詳細をお聞きいただければ幸いです!

<説明会の日程>
下記の①〜④のどこか日程が合えばご参加くださいませ!
① 12月16日(土)13:30 〜 15:30(武蔵小杉か溝の口/約10名募集)
② 12月18日(月)19:30 〜 21:30(渋谷・新宿方面のカフェ/2〜3名限定)→ 締切
③ 12月21日(木)19:30 〜 21:30(渋谷・新宿方面のカフェ/2〜3名限定)→ 締切 
④ 12月29日(金)13:30 〜 15:30(渋谷・新宿方面のレンタルスペース/約8名募集)

⑤ どうしてもこの活動に参加したくても説明会①に都合が合わない方につきまして
12月中の4つの説明会に参加することが厳しい場合でも、「絶対参加したいです!以後のミーティングはほぼ出られます!」というお方でしたら、別の対応をさせていただくことがございます。その場合、応募フォームで⑤を選びつつ、メッセージ欄に今回の日程だけ都合が悪いことをご記載いただければ幸いです。

活動頻度

週0〜1回

募集対象

■隔週の土・日曜日に活動ができ、大学生以上〜50歳までのかたを募集しております。
■ZOOMなどのオンラインツールも積極的に活用できる方を募集しております。
■男女比を均等に募集したく、男女比が大きく傾いたときは、一時的に男性のみもしくは女性のみの募集内容に変更させていただくことがございます。
■過去の募集時に、同じ学校と思われる方々から大量の応募がありましたが、お友達同士のお誘いは基本は自分以外で1名のみとさせていただきます。
■高校生は最大5名の募集とさせていただきます。

注目ポイント
  • 多摩川河川敷という広々とした、三密が回避できる場所で、SNS映えするような綺麗なイベントを作りませんか?!
  • 仕事・学校でできない「プロジェクトをワイワイつくる体験」をしませんか?みんな「大人の学園祭」をつくるような感覚で参加しています。
  • 公園や駅前の公共の広場でイベントを実施することができます。
対象身分/年齢
募集人数

20名

特徴

募集詳細

第1期は締め切りました → 説明会【第2期】を別ページで掲載しております。そちらを探していただければと存じます。第2期の説明会日程は 12月23日・12月24日・12月29日・1月13日です。

◆多摩川と川崎でキャンドルを灯す活動に参加しませんか?

私たちは多摩川河川敷や川崎市内でキャンドルナイトを年数回おこなっているボランティア団体です。

「気持ちいい多摩川河川敷の芝生でキャンドルで地上絵を描いてみたい!」

「非日常の空間を作って、お客様にいつもと違ったことを考える時間を作ってもらいたい!」

「ゆるやかな光の空間の中でゆるやかな音楽を提供したい!」

というシンプルな思いで活動しています。


この活動は2011年7月に狛江市の和泉多摩川駅の多摩川河川敷でキャンドルナイトを実施していましたところから始まっており、今年で12年目になります。この1〜2年はコロナ対策にため、完全予約制にしたり、ゲリラ的な開催形態にしたりと、入場制限ができる方法でイベントを実施しました。つい1ヶ月前の11月3日にも和泉多摩川・登戸の多摩川河川敷で実施しましたが、コロナ対応で集客数を抑えて密を避けるために2週間前に場所を発表するというゲリラ的な開催形態をとりました。


いつもなら100万人のキャンドルナイトの【でんきを消して、スローな夜を】を掲げて活動しておりますが、まだまだコロナ禍の名残がありますので、地域の人々を元気付けるような、そんなイベントにしていきたいと思います! また、いつもとは少し違ったチャレンジをした会にしたいとも思っております!


参考までに → 今まで私たちは「多摩川キャンドルナイト灯と人」「キャンドルスケープ川崎」という名前のイベントを作ってきました。具体的な活動としては「2000〜3000本のキャンドルを並べる」「アコースティックによる小さな音楽ライブ」「特殊スタンプラリー」「体験型アクティビティ」を主にイベント作りをしてきました。これから考えていくイベントでは新たなことにも挑戦していくために今回「企画メンバーを募集」することにしました!


■キャンドルによる「光の地上絵」を形作る準備をしてみたい! という人

■仕事・学生生活では得られない経験や、大人の学園祭づくりみたいな体験をしてみたい! という人

■地域づくりの活動をしてみたい! という人

がいらっしゃいましたら説明会にお越しください!!


※1:説明会への応募は「応募画面に進む」というボタンを押し、応募フォームのページに入ってください。 ※2:ちなみに、このイベントの会場はまだ正式確定しておりません。登戸の河川敷になるかもしれませんし、二子新地の河川敷になるかもしれません。もしかしたらイベント名を少し変えて調布や府中方面の多摩川河川敷になるかもしれません。 ※3:今まで私たちは狛江市もしくは川崎市の後援を受けてイベントを実施して参りました。


どんな活動をするの?

イベント当日までにタッチできる活動ですが、大きく分けると下の7つがあります。これ以外でも何か新しい考えが浮かんで実現可能性があれば実施していただくことも可能です。また、ここに掲載しないもので既に継続メンバーで進行させるものもありますが、志向によってはそちらに混ざっていただくこともございます。マークは高校生タッチ可能な活動です!


1)光の地上絵をどうやって並べていくか考える活動 ☆

2000個というたくさんのキャンドルを並べますが、キャンドルでどんな絵を描いていくかとか、どこにキャンドル作家さんのエリアにしようとか、フォトスポットをどこに設置する?とか、特殊装飾の場所をどこにしようとか……そんなことを話し合います!


2)装飾デザインで何か新しいものを作ります!

毎年何かしら装飾を手作りしているのですが、今まではティピ装飾・ガーランド・つる下げるホルダーを作りました。他に「水に花とキャンドルを浮かばせたい!」という希望がありましたので、子どもプールを買ったり、100均でいろんな手作り装飾ができる品を買ってきたりして、低コストでかわいい装飾をつくることを目指します。


3)広報活動・オンライン配信(一部SNS広報のみ ☆ )

※「フライヤーのデザイン」とか「多摩川キャンドルのSNSを動かしてみる」「地域メディアにアプローチしてみる」「Noteでブログを書いてみる」「クラウドファンディングの掲載内容を考える」などの広報活動も一緒にやっていただきます。(一部SNS広報のみ☆)


4)新しい企画に挑戦してみる!! (内容によって ☆ )

過去には地域の教育施設とコラボしたり、奇抜なスタンプラリーを企画したり、キャンドルづくりのワークショップを企画したり、音楽と絡めた体験型アクトを企画したり。これやったら面白そう!を現実的に形にしていく活動です。これは専任ではなく必ず上記1〜4のどこかに所属しながら兼任してもらう形となります。


5)イベントがうまくまわるように運営設計!!

クラウドファンディングを通してご来場されるお客様の対応をしたり、コロナ対策物品を買い集めたり、少しでも予算回収をするために投げ銭をしてくれたお客様お渡しするミニキャンドルを作ったり、Activoで当日ボランティアさんを集めたりどのように一緒に楽しんでもらえるか計画したり…など、裏方を考えていきます!!


6)地域の施設と協同する企画を設計していただくことができます。

前回・前々回のキャンドルナイトでは、近くの教育施設といっしょに活動し、子どもたちにキャンドルホルダーにメッセージやイラストを描いてもらったり、地域の方々と飲食ブースを協同で考えさせていただく活動も行いました。別の地域イベントとコラボする企画にチャレンジしていただいた人も過去にいます。


※新型コロナウイルス感染防止対策の話し合いも運営設計で → 2020〜2021年のキャンドルナイトでは様々な新型コロナウイルス感染防止対策の対策を施しました。そのノウハウを生かしながら河川敷のイベントに合った新型コロナ対策を検討・実施したいと思います。



ミーティングの出席につきまして(全部出席しなきゃだめ?何回か休んでもいい?)

私たちは任意のボランティア団体です。会社でもなければNPOでもありません。既存メンバー全員が本業の仕事・学校を抱える人間です。したがって土日を中心に活動をしていくことになります。普通に考えれば、せっかくの土日ですので皆様は仕事以外の様々な活動を予定に入れることが多いと想像します。ですので、他のプライベートの予定で忙しい日はお休みしてもOKです! ただし、そんな中でも、隔週で実施されるミーティングのうち半分以上はご出席いただけるようにお願いしております。


強制ではありませんので、あくまで「参加できる時に参加する!」という形でございますが、これまでの経験上、2回に1回のペース(月1回は参加しているようなペース)で出席できない人はやはり企画進行の波に乗れずにフェードアウトしてしまう確率が大きいため、2回に1回のペースで出席できない人は遠慮いただければと考えております。

また、時々しか来れない人も自由に発言していただいて大丈夫ですが、判断に迷う意見の場合は出席頻度が高い人の意見を優先していくことありますが、ご了承いただければ幸いです!



新型コロナウイルス感染防止対策につきまして

新型コロナウイルス感染防止対策をしっかり行いながら、イベントも状況に合わせて可変する施策をとります。コロナ以後も、この2年間、私たちは多摩川河川敷でキャンドルナイトを複数回実施してきましたが、ときに、事前のイベント告知においてインターネット上で「多摩川のどこか」という曖昧な記載をし、インターネット上ではどこの駅に近い河川敷かをお知らせせず「遠方の人はできるだけオンライン配信でお楽しみください」という告知を徹底したこともありました。他にも、前日や当日に場所を発表してサプライズ的・ゲリラ的な開催としたこともありました。


いまでこそ新型コロナウイルスは感染症法の第5類に分類され、イベント開催基準も緩和されましたが、国や自治体の状況を踏まえながら臨機応変に感染防止対策を施していきます。とは言え、基本的には広い芝生エリアを使わさせていただくため、密にはならずにゆったりと過ごせる空間ではあります。感染防止対策については都度メンバーで話し合いながら対応をしております。



説明会の日程

2023年12月に説明会を実施させていただくことにいたしました。(対面説明会となります。)

説明会と言っても、ゆるい雰囲気で実施できればと思います。

簡単なワークショップを取り入れますので、ご応募者様同士でお話しができる説明会にしたいと思います。


① 12月16日(土)13:30 〜 15:30(武蔵小杉か溝の口)10名募集

② 12月18日(月)19:30 〜 21:30(渋谷・新宿方面のどこかのスタバ/2〜3名限定)→ 締切

③ 12月21日(木)19:30 〜 21:30(渋谷・新宿方面のどこかのスタバ/2〜3名限定)→ 締切 

④ 12月29日(金)13:30 〜 15:30(10名限定)/ 渋谷・新宿方面のレンタルスペース)


どうしてもこの活動に参加したくても説明会の都合が合わない方につきまして

12月中の4つの説明会に参加することが厳しい場合でも、「絶対参加したいです!それ以後のミーティングはほぼ出られます!」というお方でしたら、別の対応をさせていただくことがございます。その場合、応募フォームで⑤を選びつつ、メッセージ欄に今回の日程だけ都合が悪いことをご記載いただければ幸いです。



◆今後のスケジュール

企画を作り込んでいくスケジュールですが、現在のところ下記のように計画しております。メンバーの皆さんの意見によっては日程を変更したりすることもありますが、ご了承いただければと思います。川崎市内の公共施設のミーティングスペースを使用することが多いです。なるべく渋谷もしくは新宿から1本で来れる場所にしたいと思っております。


① 1月13日(土)13:30〜18:30(武蔵小杉)初回ミーティング ◎

② 1月27日(土)13:30〜18:30(場所未定)通常ミーティング

③ 2月10日(土)13:30〜18:30(溝の口)通常ミーティング

④ 2月23日(金)か 24日(土)13:30〜18:30(溝の口)通常ミーティング

⑤ 3月09日(土)13:30〜18:30(溝の口)通常ミーティング ◎

⑥ 3月23日(土)13:30〜18:30(向ヶ丘遊園)通常ミーティング

⑦ 4月06日(土)09:30〜18:30(場所未定)最終ミーティング(参加必須) ※ポスティングもします ●

4月13日(土)イベント本番 この日だけは 08:00〜23:00(高校生は21時)のご覚悟を…! ●

⑨ 4月20日(土)片付け+打ち上げ(時間未定)


※ 4月13日に無事にイベントが実施できた際は4月20日(土)は片付け日(室内)+打ち上げをします。

※ ●印がついたミーティングは参加必須となります。

※ ◎印の日程は方向性に関する重要な議題があるミーティングのためなるべく顔を出してもらえれば嬉しいです!

※ 4月13日に雨が降ってしまったときはイベントは「4月20日に延期」となります。

※ スケジュールを並べてみると「あ…。なんだかいっぱい活動日ある…」と思ってしまうかもしれません。前述のとおり「来れる時に来る!」というゆるいスタイルですが、できるだけ2回に1回はご出席ください。

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

<イベント当日の感想>


◯当日の会場の雰囲気としては、写真どおりとても和やかです。このイベントが好きで毎年きてくださる地域の人も多いので、いろいろと寛大な目で見てくれます。音楽もゆる系のアーティスト様なので、雰囲気がとてもマッチしていると思います。【2019年スタッフ参加 SYさん(女性・当時大学3年生)】


◯2週間に1回おこなわれるミーティングは、完全に義務ではなかったので、月1回くらいの参加だったのですが、イベント直前の2〜3週間は、週1くらいで集まったりZOOMしたり…って感じでした。自分の加わっていたチームの活動が序盤ゆっくりしすぎたから、同じチームの人とZOOMすることが最後のほうに多かったですね。フェス作っている感があって、楽しかったです。【2021年スタッフ参加 YOさん(男性・社会人)】


◯当日は午前中から集まって、夜に向けて急いで準備していきます。毎年転倒直前の17:30〜18:30はちょっとバタバタするって感じですかね。キャンドルを並べる側のスタッフは18:30のキャンドルの点灯を完了させてしまえばかなりゆったりとした活動ができました。【2018年スタッフ参加 CWさん(女性・社会人)】


◯5月の中旬ともなると、晴れやすい季節ですが、気温も28度とか暑い気温になる中で、朝からいそいで3000本のキャンドルを並べなければいけないの水分補給とか日焼け対策とかが大事でしたねぇ。すべて並べ終わってキャンドルが灯った広場を見たとき、すっごい達成感ですよ【2019年スタッフ参加 SIさん(男性・社会人)】


◯Instagram使って事前の投稿を学生みんなでやらせてもらったり、オンライン配信やったりと、いろいろやらせてもらいました。コロナでいろいろ企画が制限される中で、ZOOMをどう工夫したらみんなで仲良く企画していけるかってみんなで考えながら準備していけたのが楽しかったです。【2020年秋スタッフ参加 HOさん(女性・学生)】


◯ 30名ちょっとの人数で急いで2000本のキャンドルを並べて17時までに点灯させていったんですけど、着火マンをカチカチやっていたら、お客さんが「私にも点灯させてくれませんか」と点灯作業を楽しんで手伝ってくれたりして、お客様も一体となった準備になりました。不思議な体験でした。(Aさん/男性/32歳)

このボランティアの雰囲気

1月終盤から月2回のミーティングを行なっていく「継続ボランティア」ですが、基本的にはゆるいです。この活動は10年間続いており、年々ナレッジや物品がたまってきた部分もあり、やならくてはいけないことがたくさんあるわけではないため、ミーティングの日も終日話し合うわけではなく、3時間くらい話し合い+作業して…という形です。


たとえば「地域の教育施設と何か協同で実施したい!」と言い出した人がいて、実際に教育施設に飛び込み訪問して、ワークショップやりましょう!というお話になったり、ネットで面白い団体を見つけてアプローチしてみたりすることも可能です。


地上絵のデザインを考えるときも、とくにデザインの経験がなくても、みんなで落書きを見せ合いながらあーだこーだ言って決めていくような感覚です。身構えないでいただければと思います。


今年の11月で10周年イベントを実施でき、つぎの10年のために、固定概念を壊して新しいことをしていくのもありかと思っていたります。みなさんの「◯◯をしたい!」を言ってもらって、(予算がそれほどかからない範囲で)それを実現することができますが、ただし、やりたいと手をあげた人で責任持って進めてもらう形となります。

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

団体情報

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会

代表者

ひらかたけいた

設立年

2011年

法人格

任意団体

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会の団体活動理念

100万人のキャンドルナイトの理念を踏襲し、「電気を決してスローな夜を」をスローガンに緩やかな空間・時間をつくっています。キャンドルをとおした地域づくり・環境教育をテーマにしています。

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会の団体活動内容

毎年11月初旬に小田急線と多摩川と多摩水道橋に囲まれた素敵なロケーションの場所で1500〜2000本のキャンドルを灯しています。持続可能な社会のために、「100万人のキャンドルナイト」のムーブメントに連動し、『でんきを消して、スローな夜を』を合言葉に、アートを織り交ぜたライフスタイルの提案の空間を作ることを目的にしています。狛江市の市民活動団体登録をしています。


5月には川崎市の二子新地での「キャンドルスケープ川崎」を実施するようになりました。2018年度は川崎市の「都市ブランド推進事業」に採択されました。同じく川崎市では昨年12月に「カワサキよりみちサーカス」にて、川崎駅のタクシー乗り場(南側ロータリー)を貸し切って2000個のキャンドルを灯したり、河川敷以外でも小さな公園で灯すことがありました。また、2019年5月の「キャンドルスケープ川崎2019」では想像以上のお客様にきていただき(おそらく2000名?)本当にありがとうございました!!


他にも川崎駅前の「カワサキよりみちサーカス」や「キャンドルナイトinいたばし」でも空間演出を行なったり、たまに依頼があるときは、レストランやウェディングの場でキャンドルを灯すこともありました。



雰囲気を少しでも感じていただければと思い、YouTube動画を試しに作成いたしました。

ご覧いただければと思います。





活動実績

2000年
キャンドルスケープ川崎2022 実施 (川崎・新丸子)

2000年

川崎市後援。コロナ禍の三密防止対策により、当日に場所を初票する半サプライズ開催。

2011年
多摩川キャンドルナイト灯と人 第1回 実施(和泉多摩川)

2011年07月08日

そもそもは2011年3月11日の震災を機に立ち上げたプロジェクトでした。主宰がもともと学生時代に東北の大学に通っていて、就職を機に首都圏に移住していましたが、震災が起こって何人もの大学時代の知り合いが被災しました。ボランティアに行きたいものの自分の生活もあり、会社を辞めてまで行くことができずにボランティアに数度しかいけないもどかしさと、日本の自粛ムードを見ながら「日本を明るくする何かがしたい」と思って始めたことが出発点です。

多摩川キャンドルナイト灯と人 第2回 実施(和泉多摩川)

2011年10月29日

第1〜5回目までは和泉多摩川の「中洲」での実施となりました。

2012年
多摩川キャンドルナイト灯と人 第3回 実施(和泉多摩川)

2012年05月26日

2013年
石巻の石ノ森萬画館前広場でキャンドルナイトを実施(ボランティアツアー)

2013年03月09日

ボランティアチーム「ともに」と共同実施(出張企画)

多摩川キャンドルナイト灯と人 第5回 台風により野外中止

2013年10月26日

2015年
多摩川キャンドルナイト灯と人 第6回 実施(和泉多摩川)

2015年11月07日

多摩川の護岸工事のより中洲に渡れなくなったため、芝生広場に移動。

2016年
多摩川キャンドルナイト灯と人 第7回 実施(和泉多摩川)

2016年11月05日

2017年
多摩川キャンドルナイト灯と人 第8回 実施(和泉多摩川)

2017年11月04日

2018年
キャンドルスケープ川崎2018 実施 (川崎・二子新地)

2018年05月12日

川崎市都市ブランド推進事業採択(川崎市共催)

多摩川キャンドルナイト灯と人 第9回 実施(和泉多摩川)

2018年11月03日

カワサキよりみちサーカス2018 夜の部のキャンドルナイト

2018年12月22日

川崎市まちづくり局・リノベーションスクール実証実験チーム主催

2019年
キャンドルスケープ川崎2019 実施 (川崎・二子新地)

2019年05月11日

川崎市後援。

多摩川キャンドルナイト灯と人 第10回 実施(和泉多摩川)

2019年11月02日

狛江市後援。台風19号直後のため配置エリアを限定して開催。

カワサキよりみちサーカス2019 夜の部のキャンドルナイト

2019年11月16日

川崎市まちづくり局・リノベーションスクール実証実験チーム主催

2020年
キャンドルスケープ川崎2020【緊急事態宣言および第2波により中止】

2020年05月09日

キャンドルナイト:オンライン配信

2020年06月20日

キャンドル装飾:Smilax Candles

オンライン配信:多摩川キャンドルナイト灯と人

多摩川キャンドルナイト灯と人 〜街灯り狛江〜

2020年11月21日

狛江市役所前広場で予約者限定による実施。狛江市共催。

2021年
キャンドルスケープ川崎2021 実施 (川崎・新丸子)

2021年05月08日

川崎市後援。コロナ禍の三密防止対策により、サプライズ開催(ゲリラ開催)

多摩川キャンドルナイト灯と人 第11回 実施 (川崎・二子新地)

2021年11月06日

和泉多摩川が河川工事の関係により使用がしにくいとのことで二子新地に移動。

川崎市後援。コロナ禍の三密防止対策により、サプライズ開催(ゲリラ開催)

2022年
キャンドルスケープ川崎2022 実施 (川崎・新丸子)

2022年05月14日

川崎市後援。コロナ禍の三密防止対策により、当日に場所を発表する半サプライズ開催。

多摩川キャンドルナイト灯と人 第12回 実施 (川崎・二子新地)

2022年11月05日

和泉多摩川は別イベントと近接するという事情があり、開催を断念。

川崎市後援。コロナ禍の三密防止対策により、前日に場所を発表する半サプライズ開催。

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会のボランティア募集

多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会の職員・バイト募集