1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 東京のNPO求人募集一覧
  4. 東京でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 【事業統括1名】子ども若者の自殺・孤独孤立対策NPOを牽引するポジションを募集!

【事業統括1名】子ども若者の自殺・孤独孤立対策NPOを牽引するポジションを募集!

特定非営利活動法人Light Ring.
  • 勤務場所

    フルリモート勤務, 東京 千代田区[東京都千代田区神田小川町インペリアル御茶ノ水117] (2024年4月末移転予定(千代田区内))

  • 待遇

    勤務時間及び実務能力・経験に応じて:月給100,000〜200,000円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

  • 勤務頻度

    週2〜3回

基本情報

Light Ringでは、子ども若者の自殺対策として、身近な大切な誰かを支える"支え手"を支援する活動を行なっています。当事者支援同等に重要視されるべきゲートキーパーの育成・支援に携わってみませんか?

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

2024年4月末移転予定(千代田区内)

待遇
  • 勤務時間及び実務能力・経験に応じて:月給100,000〜200,000円
勤務日程

随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

勤務頻度

週2〜3回

募集対象

■法人事業 概要
弊団体は下記中期計画に沿って事業を実施しており、今年度はその3年目に該当する。
1年目
非専門家ゲートキーパー(支援者になりうる層)支援活動の新規開発・設計運用
2年目
非専門家ゲートキーパー養成・支援を合併したプログラムの設計・運用
3年目(令和6年度)
他支援機関でも実施可能な標準モデルを構築するため、2年目で設計・運用した非専門家ゲートキーパー養成・支援プログラムをアップデート
4年目以降
3年目で構築した標準モデルを全国的に普及させるため、国や各種支援機関に対するアプローチの実施

⚪︎事業統括部長

【実働時間】 月15-20h
【実施内容】
・ゲートキーパー育成・支援事業の統括管理・拡大(事業内容について募集詳細」に記載)
事業①オンライン非専門家(子ども・若者)ゲートキーパー養成研修の開催
事業②ゲートキーパーが悩みや本音を共有しあえる居場所ringS.の開催
事業③本事業に従事するピアスタッフの養成講座の実施
事業④公認心理師等による、上記ピアスタッフの定着支援
事業⑤オープンチャットを活用したオンラインコミュニティによる相談支援の活性化
事業⑥オープンチャットの加入促進に向けた活動
・渉外事業担当
・講演事業、研究事業を含めた全体事業の統括管理
・月次定例会議 運営
(副業可、詳細は「募集詳細」に記載)

【求める人物像】
・事業拡大の経験のある方
・事業内容の改善に取り組める方

【組織構成】
・管轄者:代表理事
・統括部門:管理部統括、経営企画・事務局、事業統括
・各事業:事業統括の管理対象は「募集詳細」に記載

【勤務形態】
個人情報管理・保護の観点から、法人事務所での作業も発生することがございます。

※一次審査書類の提出後、面接を実施致します。必ず、一次審査の書類の提出をお願い致します。

注目ポイント
  • 「支える側の子ども若者」のためのゲートキーパー育成事業
  • "話を聴ける人になりたい” 同じ想いを持つ39歳以下の仲間に出逢えるコミュニティ #悩み相談 #愚痴 #話し相手
募集人数

1名

職種
祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?
特徴
応募画面へ進む

募集詳細

⚪︎詳細

運営体制

代表理事

事業統括

育成・支援事業(6事業)

講演・研修事業

委託事業

研究事業

渉外事業


下図は組織図概略(一部)

育成・支援事業について


依頼内容

・上記事業の統括管理・拡大

・渉外事業担当


渉外事業について

・各関係者(他NPOや専門職の方等)とコミュニケーションを図り、理解共感を育む

・関係省庁・議員への連絡調整

応募画面へ進む

体験談・雰囲気

この求人の体験談

資料作成から課題整理・その解決策の施行まで、幅広い範囲での活動ができます!

NPOならではの様々な課題に挑戦し、NPOの成長への貢献が強く実感できました。

また、自殺総合対策大綱などに記載される「ゲートキーパー」に実態や、その「育成・支援」の重要性など、当法人の活動に深く関わっていく中で、政治的な文脈での理解も深まり、NPOとしての活動意義を強く感じることができるようになりました。

特徴
応募画面へ進む

法人情報

特定非営利活動法人Light Ring.

“Light Ring.は「そばで大切な方を守りたい」方が、 自分と大切な人の心の病を未然に防ぎ、 自分らしい人生を歩み抜けることを応援する、 総合的ソーシャルサポートを行っています。”
代表者

石井綾華

設立年

2012年

法人格

NPO法人

Light Ring.の法人活動内容

子ども・若者の自殺の現状

国内の小中高生自殺者数は514人(2022年)と過去最多であり、子ども・若者の自殺対策は喫緊の課題となっています。


ゲートキーパーの重要性

子ども・若者の自殺対策の中で、重要になるのが身近な支え手「ゲートキーパー」の存在。悩んでいる人に「気づき」

、「声をかけ」、「傾聴し」、必要な支援に「つなげ」、「見守る」、このような支え手の存在が自殺防止には非常に重要です。特に、子ども・若者は専門家などへの相談ハードルが高く、身近な人により相談しやすい傾向にあります。


2023年に成立した孤独・孤立推進法案においても、「当事者などへの支援を行う者に対する支援」が第12条に明記されました。子ども若者の支援において、本人を支える周りの友人や知人等を対象にした社会的支援が、社会的にもますます注目されています。


ゲートキーパーの声

しかし、専門性を持たない彼らにとって、悩んでいる人を支え続けていくことは非常に難しいのが実際です。当法人も実際に支える大変さを抱え、相談しにくるゲートキーパーにたくさん出会ってきました。


当法人の取り組み

そこで、当法人が取り組んでいるがゲートキーパーの「育成」のみならず「支援」の輪を広げる活動です。Zoomやオープンチャットを使った取り組みや、学校への出張など幅広い領域で「ゲートキーパーの育成・支援」を実践しています。

(Zoomを使った支援プログラム「ringS」集合写真)

国の施策方針(※)でも支援者の支援が取り上げられる中、実際にゲートキーパーの支援まで取り組んでいる自治体・団体はほとんどいないのが現状です。

※厚生労働省「自殺総合対策大綱」、内閣府「孤独孤立対策推進法」

一緒にゲートキーパーの育成・支援の輪を広げる活動に取り組んでみませんか?

取り組む社会課題:『自殺・孤独孤立』

Light Ring.のボランティア募集

Light Ring.の職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む