こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 国際理解パート・アルバイトを募集中

    更新日:2018/02/14

    国際理解パート・アルバイトを募集中

    アフリカ女性子供を守る友の会
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    8d8dfdb717-JICA_exhibition__4_.jpg

    国際的なお仕事を自宅で、自分のペースでやってみませんか。

    活動テーマ
    • 国際交流
    • 自立支援
    活動場所
    • 東京
    必要経費
    • 時給1,000〜5,000円
    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    募集対象

    大学、社会人、シニア歓迎。

    注目ポイント
    • アフリカ現地やNGOについていろいろ学ぶことが出来ます。
    • 希望により現地訪問の機会もあります。
    • 将来正社員になることも考慮します。自分でやってみたいことをどんどん言ってください。たとえば、会報作り、現場訪問、日本語教師など、能力を伸ばせるよう応援します。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • シニア
    募集人数

    1名

    関連スキル
    • パンフレット作成
    • 翻訳/通訳
    • 写真撮影/画像編集
    • ライティング
    祝い金 未確定 祝い金とは?

    募集詳細

    神戸から東京に住所を移したばかりで、東京事務所がまだ整っていないので使い走り急募です。交通費支給します。役場、税務署、郵便局、その他もろもろ。自分のできるときに自分で決めた時間内にやっていただけると有難いです。世界に広がる活動なので、日本にいながら現地の支援ができます。自分の能力を大いに伸ばしてください。希望により仕事の内容を変えたり、増やしたり融通が利きます。

    • 035f5e3b53-singly_international_recruiting_68705_sub1.jpg

      アブジャで初めての日本語教室

    • 207baf3983-_.jpg

      JICA地球広場の展示会

    • 8ad81d5fcb-Japanese_restaurant_in_Lagos2.jpg

      ラゴスの焼き牛丼屋

    • f6a326c591-Anita_factory__31_.JPG

      チャント農場訪問

    • 8330d4d694-Visiting_Anita_factories__58_.jpg

      チャント農場訪問

    • 01330801ca-nagai_1__3_.jpg

      ボランテイア、アブジャ訪問

    • a2c8e94391-singly_international_recruiting_68705_sub1.jpg

      アブジャで初めての日本語教室

    • b0094a3c8c-Nagai__2_.jpg

      東京でボランテイアミーテイング

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    アブジャのルグベ、アソ・ジャンクション空港道の近くのチャントファームを訪れました。主要快速道路からファームまでは約200メートル。アブジャ市の中心から車で数分の距離です。その名の通り、チャントファームは農園で、家畜や作物を育てています。写真に見られるように、ファームでは何千ものウサギ、カタツムリ、地鶏などが飼育されており、たくさんのウサギが幾つもの飼育ケージで飼われています。ツアーの案内役が、ウサギを繁殖させる方法について教えてくれました。また、生まれて間もない子ウサギを見せてくれました(写真参照)。ファームではたくさんのカタツムリが飼育されています。そのいろいろな飼育場所に加えて、カタツムリの卵や子供も見せてもらえました。また、ニワトリがファームを歩き回っていました。 旅行者がより快適に過ごせるように、ファーム内にリラクゼーション・センターを設ける計画があると、ツアーの案内役が説明してくれました。その土地の資材でいろいろな小屋を建設する予定である場所を見せてもらいました。そこでは訪問者が自然を味わい、さらにファームの新鮮かつオーガニックな食べ物や飲み物を楽しむことができるようにする予定です。

    ファームが建てられたのは2年ほど前で、30羽のウサギ、10羽の地鶏、500匹のカタツムリがいました。それが今日では何千にも増えており、しかも毎日 販売されています。おすすめスポットとしてチャント・ファームは訪問できる場所です。ずっと都心で過ごし、多くは人工的なものを食べることになります。ファームはぜひ行ってみて頂きたい場所です。健康的で、自然を味わい、動物たちと楽しいひと時を過ごせ、その土地にふさわしいアフリカンライフを満喫できるところです。(ボランテイア匿名)

    このボランティアの雰囲気

    当団体では全員が活動について知りたいこと、やってみたいことをするよう大いに励ましています。

    実際に現場で貧困、暴力被害者に苦しんでいる人たち、雇用者、ステークホールダー(現地大使館、大学、役場)と交流し、対話する機会は多々ありますのでびっくりされるかもしれません。 非営利活動で重要な役場へ提出書類、会計報告についてもぜひぜひ理解できるようお勧めします。 なぜなら、活動は少数だけでなく、日本人でもアフリカ人でもできる人、支援したい人が共同でする作業だからです。 たとえば、ひとりが病で活動できない場合、他の人が支えることができます。 お互いに助け合い、支えあう精神は大切ですね! 世界平和への第一歩です。 スカイプ、ソーシャルメデイア、電話会議等は欠かせません。わからないようであればまずはお話しください。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 短時間でも可
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Square tiny 014f551cde hideko
    Square small 014f551cde hideko

    アフリカ女性子供を守る友の会

    代表者

    長島日出子

    設立年

    2014年

    法人格

    NPO法人

    アフリカ女性子供を守る友の会の法人活動理念

    アフリカ女性子供を守る友の会は、虐待、貧困、無職、障害などの事由で行き場を失ったアフリカの女性・子供を支援するため、生活能力訓練、職業訓練、人材派遣、カウンセリング、実態調査による事態の改善、女性の自立支援、子供への教育、宣伝活動、実践計画立案、必要な資金集め等、就労支援と環境汚染問題解決に関する事業を行い、貧困や搾取の主要な原因となっている環境汚染問題解決に寄与することを目的としています。

    アフリカ女性子供を守る友の会の法人活動内容

    大きく以下の三つの特定非営利活動があります。

    • (1)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動: アンケート調査、人材を募集、訓練、訓練企画を書く等。 (例 日本語教育は職業訓練として考えています。)
    • (2)環境の保全を図る活動: 環境が人に悪影響を与えている場合、それを文章化し、解決方法を企画する。
    • (3)国際協力の活動: ラジオ放送、会報作成と配布、ウェッブサイト、セミナーで広報


    その他、スタデーツアー、物品販売、日本食レストランなどビジネス実施のため事業計画案、収支計画書を作成し、活動を支えるためにできる事業を実施する。

    アフリカ女性子供を守る友の会のボランティア募集