1. ホーム
  2. インターンで服装自由の場合は何を着る?髪型、髪色はどうする?好印象に見えるポイントを解説

インターンで服装自由の場合は何を着る?髪型、髪色はどうする?好印象に見えるポイントを解説

    公開日 2019.05.04 更新日 2019.05.04
    by activo編集部

    「インターンの服装の指定がなく、何を着ていけば良いかわからない」
    「インターンに参加する時の髪型、髪色はどうしたら良いかわからない」

    このように悩んではいませんか?

    インターンが服装自由の場合、髪型と髪色についてお話ししていきます。

    服装自由の指定であっても普段の私服は避けましょう

    基本は「スーツ」or「オフィスカジュアル」

    服装自由と指定された場合、基本的にスーツかオフィスカジュアルと言われる服装をすることが基本になります。
    服装が自由だからといって普段の私服でインターンに参加することは控えましょう。


    ファッション・アパレル業界は私服を着るべき

    アパレル業界では「自分らしさを服で表現する」という考え方があるので、スーツやオフィスカジュアルにこだわらず、個性を出すことを求められる場合もあります。

    インターンに行くブランドの特色を意識して服を選びましょう。


    「スーツ」と「オフィスカジュアル」の服装の基本

    次に、スーツとオフィスカジュアルを着る時の注意点を紹介します。


    スーツを着る時のポイント

    一般的なリクルートスーツを着用しましょう。

    スーツの色は黒か濃紺で、シャツは白が基本です。
    派手な柄が入ったものは避けましょう。


    オフィスカジュアルな服を選ぶポイント

    ジャケット

    ネイビーや濃いグレーなど色の落ち着いたものを選びましょう。
    派手な柄は避けて無地のものがオススメです。


    シャツ

    白または淡い水色などの無地のものがオススメです。
    女性の場合、シャツではなくブラウスを選ぶ場合は、シンプルなデザインの白色ものを選びましょう。
    また、胸元が開きすぎていないどうかも確認しましょう。


    パンツ

    ジャケットと合わせて色味が合うものを選びましょう。
    濃いグレー、ベージュなどの色であると好ましいです。

    女性でスカートを履く方はひざ丈くらいの長さで、短すぎないものを選びましょう。


    男性の場合はこげ茶の革靴を、女性の場合は黒や茶色の3センチ程度のヒールのパンプスが基本です。
      
    飾りなどが付いていないシンプルなデザインのもので、動きやすい靴を選びましょう。
    航空業界の場合、5センチのヒールが好まれる場合もあります。



    インターンの髪色、髪型は「清潔感」がポイント

    髪色は黒髪が基本

    男性は黒髪、女性は黒髪か暗めの茶髪だと一般的に言われています。

    しかし、学生にとっては暗めの茶色であっても、社会人の方には明るい髪色と思われる可能性もあるので、
    自分の髪色で悩んだ時は黒色に戻しましょう。


    髪型は「清潔感」を意識する

    男性の髪型の注意点

    1. 髪がシャツや目にかからないようにする
    2. ワックスで整える

    男性の場合は髪を短く、顔がよく見えるようにすることで明るい印象を与えることができます。
    普段ワックスをつけないという方も、髪をブラシでとかし、セットしましょう。


    女性の髪型の注意点

    1. 髪が顔にかからないようにする
    2. 髪飾りはつけない

    髪が短い方は横髪をピンで留めたり、髪が長い方はゴムで束ねましょう。

    一つにまとめるだけでなく、ハーフアップなどの髪型でも良いでしょう。
    顔がはっきり見えるように整えることがポイントです。


    業界に合わせて服装・髪型と髪色を考えましょう

    インターンに参加する服装、髪型、髪色についてお話ししましたが、
    ベンチャー企業やアパレル業界ではカジュアルな服装や茶髪でも大丈夫な場合もあります。

    会社の雰囲気によって異なるので、不安があれば「みん就」などのサイトを参考にしましょう。

    みん就のサイトのリンクです↓
    https://www.nikki.ne.jp

      関連する募集はこちら
      NPO・NGOインターン募集

      この記事のライター

      activo編集部

      国内最大級のNPO・社会的企業のボランティア・職員/バイトの情報サイト「activo」編集部です。はじめてボランティアや社会問題に関心を持った人でもわかりやすい情報を発信します。