1. ホーム
  2. 【簡単解説】紛争や内戦はなぜ起こる?原因や悪影響、解決策まとめ

【簡単解説】紛争や内戦はなぜ起こる?原因や悪影響、解決策まとめ

    公開日 2019.05.31 更新日 2020.12.10
    by activo編集部


    「紛争や内戦は何が原因で起こるの?」
    「争いを解決するために何をするの?」
    「紛争や内戦が起こるとどんな悪影響が起こるの?」

    このような疑問にお答えするため、
    紛争、内戦が起こる原因争いを解決するための取り組みについてお話します。

    紛争や内戦が起こる様々な原因

    まず最初に紛争と内戦の呼び方の違いについてです。
    争い全般を「紛争」といい、その中でも国内での争いのことを「内戦」といいます。

    次に、争いが起きる原因を紹介していきます。


    資源の奪い合い

    鉱物が出る国では資源を巡って争われます。
    資源が原因で紛争が起きることから鉱物のことを「紛争鉱物」と言います。

    鉱物がでる地域では、武力勢力が資源を独占するために一般住民に暴行したり拉致したり、犯罪行為が行われています。

    そのため、多くの企業が紛争鉱物の使用を禁止していることを宣言しています。

    参考 Sustainable Japan 紛争鉱物とは


    民族同士の対立

    民族同士で争うことを「民族紛争」といいます。

    異なる民族同士は宗教や歴史が違うため、考えの違いが生まれる場合があります。
    その違いから争いに発展することがあります。

    また、同じ民族の中で対立し合う場合も民族紛争といいます。

    参考 民族紛争 - Wikipedia


    異なる宗教同士の対立

    宗教の考え方の違いから起きる争いを「宗教紛争」といいます。

    民族紛争の中でもお話した内容と似ているのですが、これも価値観の違いによって衝突が起こり、争いが起きるパターンです。
    そのため、民族紛争や人種差別などの問題も重なって争いに発展します。


    土地の奪い合い

    国境が明確でなかったり、国境線の主張が異なるときに起こる争いを「国境紛争」といいます。

    途上国では国境がはっきりしていないことが多いため、国境紛争がよく見られます。

    参考 コトバンク 国境紛争


    独裁政権への反対による争い

    独裁政権が続く国では、住民が政治に不満を持ち、
    反対運動を行うことから内戦へと発展する場合があります。

    例えば、シリア内戦があります。
    シリア内戦については後ほど本記事で紹介しております。
    詳細はそちらをご覧下さい。

    参考 外務省 わかる!国際情勢


    ちなみに、「紛争」と似た言葉に「戦争」があります。
    紛争は争い事全般を指す言葉であり、戦争は国家間の軍事力を用いた争いを意味します。


    紛争や内戦が及ぼす悪影響

    内戦と紛争の原因は一つではなく複数の原因があることがわかりましたね。

    では、紛争や内戦が引き起こす影響はどのようなものでしょう?
    次はその影響について説明していきます。


    住むところがなくなる

    争いが街で始まると元から住んでいた人たちは安全を求めて避難しなければなりません。
    こうして難民になり、行き場を失います。

    元から住んでいた土地は破壊されていて戻ることはできません。

    他国に入国しようとしますが、簡単に難民は入国することができません。

    難民を受け入れる国の住民は受け入れを反対する声もあり、難民の受け入れがなかなか進まないのです。
    その結果、違法に入国する難民が増えたり、不法に入国した人は強制送還される場合もあります。

    こうして難民は居場所を失って行くのです。

    参考 IRONNA 行き場を失う難民の悲劇


    教育が受けられなくなる

    紛争地域の子どもは教育を受けることが難しい現状があります。

    教育が受けられない理由は、荒れ果てた土地で授業する教育環境が整っていないだけでなく、拉致されたり、虐待を受ける子どもが多いからです。
    中でも、南スーダンでは72%の子どもは初等教育を受けられていません。女子は76%もの子どもが学校に通えていないのです。

    参考 UNICEF 紛争地域の教育


    子どもが兵士として戦う

    紛争をするときに戦力として子どもが利用されます。
    兵士として戦場で戦う子どものことを「子ども兵」と言います。

    子どもが兵士になる理由は大きく2つです。

    1. 子どもが貧困のために最低限の衣食住を求めて兵士になる
    2. 大人が子どもを街で誘拐してむりやり兵士にする

    また、アルコールや麻薬で洗脳し、家族や友人を殺させて人を殺すことへの抵抗感を無くさせる大人もいます。

    子ども兵は代わりがきく「モノ」として扱われ、地雷原の先頭を歩かされたり、女性の場合には性的虐待を受けることもあります。

    参考 認定NPO法人テラ・ルネッサンス 子ども兵


    作物を育てる場所を失い、食料が不足する

    争いによって食料を育てる土地が荒れてしまい、作物が育たない環境が生まれます。
    その土地ではうまく作物が育ちません。

    さらに、紛争地域では食料が手に入りにくく、自分たちで食料を生み出せないと飢餓が起こります。

    国連も飢餓人口が増えた主な理由は紛争の拡大だと述べています。



    進行中の紛争〜シリア内戦〜

    紛争が起こると人が生きていくのに必要な環境を失ってしまうのですね。
    実際に今も進行中であるシリア内戦を例に取り上げて紛争の経過をみていきましょう。


    きっかけは政権に不満を持った市民の抗議活動

    シリア内戦を簡単に言えば、

    1. アサド政権に不満を持った人が抗議活動をした
    2. 反政府派VSアサド政権の争いが起きた
    3. 近隣の国やISなどの過激派組織が加わってさらに争いがひどくなった
    4. ISの残虐行為を止めるためにロシアとアメリカが紛争に加わる
    5. 協力してISを壊滅させた後、政権の力が強くなったため、再び反政府派VSアサド政権の争いになった
    6. 反政府派(アメリカ)VS 政権派(ロシア)の代理戦争になって、争いが長引いている

    このような流れです。

    最初は規模の小さい争いだったにも関わらず、ここまで大きくなるのですね。

    過激派グループと呼ばれるISなどは紛争を使って力を伸ばそうとしていました。
    それに巻き込まれる形でロシアやアメリカが紛争に参加し、反政府と政権派のそれぞれのバックについて争いが続いてしまっているのですね。


    ISだけでなく政府や反政府軍も残虐行為を行った

    ISなどの過激派グループによる行為が目立ちましたが、実は政府軍や反政府軍も残虐行為をしています

    政府軍は国民に対して化学兵器を使用したと言われています。
    また反政府軍も殺人や拷問を行なっていたことが国連調査委員会によって報告されています。


    内戦の影響で560万人が難民となった

    難民はトルコ、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプトなどに流れています。

    全員が公式の難民キャンプには入れません。
    非公式の難民キャンプで暮らしている人はわずかな現金収入で食料、家賃などを払って生活しています。

    医療や教育を十分に受けることが難しく、十分に受けられない環境にさらされています。

    参考 World Vision シリア難民危機


    紛争や内戦を解決するための方法や活動

    ここまでで、紛争がどれだけ破壊力があるおそろしいものであるかがわかりましたね。
    紛争を解決するためにはどうしたらよいのでしょうか?

    次は紛争を解決するための活動についてみていこうと思います。


    争いを防ぐ予防外交

    争いが紛争へと拡大するのを防ぎ、かつ紛争の再発を防ぐための主要な戦略が予防外交と予防軍縮

    引用 紛争予防 国連広報センター


    予防外交とは紛争解決するために仲介、調停または交渉をすることです。
    紛争を大きくしないために、世界の政治や発展を見守り、安全保障理事会などが予防活動をしています。


    武器を使わせないための予防軍縮

    紛争の可能性のある地域で小型武器の数を削減する

    引用 紛争予防 国連広報センター


    予防軍縮は戦闘員を解放したり、武器を回収したり、破棄したりします。
    武器を減らすことは紛争を防ぎ、人々が傷つくことから守ることができますね。


    争いを終結させる国際司法裁判所

    紛争の解決に責任をもっているのが国際司法裁判所です。

    国家が条約の解釈や国境についての問題を裁判所に訴え、裁判所が判決を下す流れになります。

    国際司法裁判所は国同士が正常な関係に戻れるように公正な判断をします。
    そのため、裁判所の判決は権威のある判断とされています。

    参考 紛争の司法的解決 国連広報センター


    NGOによる教育支援や心のケア

    長期間に渡る紛争の影響で学校に通えなかった子供たちに教育をしています。

    また、紛争中に経験したトラウマをケアするために個別でカウンセリングもしています。
    避難先の国で順応していけるように家に訪問し、個別に悩みを聞く活動もあります。

    参考 認定NPO法人 日本紛争予防センター シリア・イラク難民への情報提供・個別支援事業


    紛争問題について関心を持ちませんか?

    紛争と言っても原因はさまざまで、
    複数の問題がからみ合っていることがシリア内戦の例からわかりました。

    一度紛争が起きると多くの人が巻き込まれ、居場所を失うのですね。
    日本では、現在紛争はありませんが、
    紛争はどこでも起こり得ることであり、決して他人事ではありません。

    世界のことを知るためにも、紛争問題に関心を持ってみませんか?

      関連する募集はこちら
      国際系ボランティア募集

      この記事のライター

      activo編集部

      国内最大級のNPO・社会的企業のボランティア・職員/バイトの情報サイト「activo」編集部です。はじめてボランティアや社会問題に関心を持った人でもわかりやすい情報を発信します。