こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 三重のボランティア募集一覧
  3. 三重での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 2月【南伊勢・酒米作りのための水田再生の作業】田畑の楽校(はたけのがっこう)

更新日:2024/01/25

2月【南伊勢・酒米作りのための水田再生の作業】田畑の楽校(はたけのがっこう)

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
  • 活動場所

    三重[度会郡南伊勢町] (●2月4日(日) 09:40 「宇治山田駅」集合、送迎車で現地へ移動 11:00 開校式、オリエンテーション 11:30 集落散策 12:00 食事交流会 13:00 農作業体験 15:10 閉校式・アンケート記入 16:30 「伊勢市駅」解散 (宇治山田駅や伊勢神宮へのご送迎も可能です。))

  • 必要経費

    4,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

この募集の受入法人「JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

伊勢神宮より広がる豊かな森と、リアス式海岸を望む三重県南伊勢町。この地域では、温暖な気候を利用して、様々な活動が行われています。農家さんと交流しながら、活動を楽しみませんか?

活動テーマ
活動場所

●2月4日(日)
 09:40 「宇治山田駅」集合、送迎車で現地へ移動
 11:00 開校式、オリエンテーション
 11:30 集落散策
 12:00 食事交流会
 13:00 農作業体験
 15:10 閉校式・アンケート記入
 16:30 「伊勢市駅」解散
     (宇治山田駅や伊勢神宮へのご送迎も可能です。)

必要経費
  • 4,000円

・【参加費】食事代、資料代、保険代ほか
※当日現金でのお支払いになります。
・当日のご入会でも割引が適用されます。

*キャンセルの場合、3日前からキャンセル料がかかります。
 3日前から:50%
 当日:100%
 キャンセル料は、別途請求させていただきます。

募集対象

森林ボランティア活動は50〜60代の方が非常に多いのですが、大学生協が呼びかけた組織ということもあり、学生を中心とした青年層の参加が比較的多く、世代間交流のできることが特徴となっています。初心者大歓迎です!

注目ポイント
  • 農作業のお手伝いができる。
  • 地元の方との交流ができる。
  • 小規模人数で作業で、みんなと仲良くなりやすい。初心者大歓迎!
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴

募集詳細

田畑の楽校(はたけのがっこう)は、農業の人手不足と農作業をやってみたい都市住民が出会うきっかけをつくる援農体験プログラムです。地元の方に教わりながら、様々な農作業を行い、想いを同じくする参加者と一緒に汗を流して作業をします。
農家にとっては毎日やらなければならない大変な作業も、都市に住む人にはきっと新鮮でリフレッシュになるでしょう。デスクワークばかりの毎日に疲れたら、土の匂いをかいで、思いっきり体を動かしに、田や畑に出かけてみませんか。

農家さんと交流をしながら、お手伝いをしてみませんか?初心者大歓迎です!


【ところ】

三重県度会郡南伊勢町


【内 容】

田おこし作業体験・地元の方との交流

(※みかん栽培はありません)


【定 員】

各回10名


【主 催】

南伊勢町

JUON NETWORK


【集合場所】

近畿日本鉄道「宇治山田駅」


【解散場所】

近畿日本鉄道・JR東海「伊勢市駅」

※宇治山田駅や伊勢神宮へのご送迎も可能です。




体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

伊勢神宮より広がる豊かな森林と、リアス海岸を望む三重県南伊勢町。

農林業と漁業が共に栄え、自然に恵まれたこの地域では、温暖な気候を利用して、様々な種類のみかんが栽培されています。

農家さんと交流をしながら、お手伝いをしてみませんか?初心者大歓迎です!

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

“都市と農山漁村が支え合うネットワークを森林などをめぐる体験・交流・応援の活動によってひろげ、持続可能な社会を創造することを目的としています。”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

生源寺 眞一

設立年

1998年

法人格

認定NPO法人

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動理念

★3つの重点課題

①人が、自然(森林・田畑・河川・海)を持続的に活用できる社会。

②農山漁村が、都市とともに持続的に存在できる社会。

③若者が、人と自然、都市と農山漁村をつなぐ担い手として持続的に活躍できる社会。

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動内容

★事業の3本柱

○都市と農山漁村の交流、森林・田畑の保全(森林の楽校・田畑の楽校)

○ボランティア人材育成 (エコサーバ-検定・森林ボランティアリーダー養成講座)

○国産品・地産地消の推進(国産間伐材製「樹恩割り箸」)

活動実績

1985年
早稲田大学生協が、埼玉県神泉村(現神川町)の廃校になった小学校を学生のセミナーハウスとして再生しました。これが最初のきっかけでした。

1985年

1998年
4月27日、設立。大学の森(徳島)開設。国産間伐材製「樹恩割り箸」製造開始(山城町森林組合・社会福祉法人池田博愛会箸蔵山荘/徳島)。森林の楽校2ヶ所3回開催(神奈川・徳島)。廃校シンポジウム開催。

1999年
​特定非営利活動法人化(東京都)

1999年

森林ボランティア青年リーダー養成講座in東京開始、以降毎年1期ずつ現在まで開催。森林の楽校2ヶ所2回開催(群馬・徳島)。

2000年
森林の楽校5ヶ所8回開催(山形・群馬・埼玉・新潟・徳島)。

2000年

2001年
地域ブロック体制(全国6地域)開始。

2001年

樹恩割り箸、間伐・間伐材コンクール受賞。森林の楽校ヨーロッパ開始。森林の楽校5ヶ所7回開催(群馬・埼玉・新潟・兵庫・徳島)。

2002年
第1次中期計画策定。

2002年

プロジェクト活動(会員の活動に資金的支援を行う活動)開始。新潟大学トキ野生復帰プロジェクト発足にともない協力開始。東京都主催「多摩の森・大自然塾」開始にともない協力開始。森林の楽校5ヶ所8回開催(群馬・埼玉・新潟・兵庫・徳島)。

2003年
資格検定制度「エコサーバー」開始

2003年

樹恩割り箸、第2工場である社会福祉法人埼玉県ブルーバードホーム江南愛の家(埼玉)で製造開始。樹恩割り箸、木材供給システム優良事例コンクール受賞。 森林の楽校7ヶ所12回開催(群馬・埼玉・新潟・富山・兵庫・徳島・香川)。

2004年
森林の楽校中国開始

2004年

森林の楽校10ヶ所13回開催(秋田・群馬・埼玉・新潟・富山・岐阜・兵庫・徳島・香川・高知)。

2005年
小池百合子環境大臣が森林保全活動の拠点である「鳩ノ巣フィールド」を訪問

2005年

企業の森づくりの協力開始。樹恩割り箸、木づかい運動感謝状。森林の楽校8ヶ所14回開催(秋田・群馬・埼玉・新潟・岐阜・兵庫・徳島・香川)。廃校ワークショップ開催。

2011年
認定特定非営利活動法人化(国税庁)

2011年

東日本大震災の復興支援活動を宮城で開始。第3次中期計画策定。田畑の楽校、2番目となる和歌山で開始。森林の楽校12ヶ所20回開催(福島・群馬・埼玉・東京・新潟・富山・岐阜・兵庫・徳島・香川・高知・長崎)。

2013年
設立15周年

2013年

森林の楽校14ヶ所22回開催(秋田・福島・群馬2・埼玉・東京・新潟・富山・岐阜・兵庫・徳島・香川・高知・長崎)。田畑の楽校2ヶ所9回開催(山梨・和歌山)。

2017年
森林ボランティア青年リーダー養成講座in四国開始

2017年

森林の楽校16ヶ所24回開催(秋田・福島・群馬2・埼玉・東京・新潟・富山・長野・岐阜・京都・兵庫・徳島・香川・高知・佐賀長崎)。田畑の楽校2ヶ所9回開催(山梨・和歌山)。

2019年
第5次中期計画策定

2019年

田畑の楽校、4番目となる長野で開始。森林の楽校14ヶ所19回開催(秋田・福島・群馬2・埼玉・東京・新潟・富山・長野・ 岐阜・京都・兵庫・香川・佐賀長崎)。田畑の楽校4ヶ所19回開催(山梨・長野・三重・和歌山)。「間伐・間伐材利用推進ネットワーク」の事務局 を担うことになり、20回目となる「間伐・間伐材利用コンクール」を事務局として実施。

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)のボランティア募集

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の職員・バイト募集