こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. スポーツを通じた病気のこどもの支援」を考えるイベント

更新日:2022/12/11

スポーツを通じた病気のこどもの支援」を考えるイベント

NPO法人Being ALIVE Japan
  • 開催場所

    オンライン開催, 東京 (K's Studio駒沢 (東京都世田谷区駒沢(東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩4分)))

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

この募集の受入法人「NPO法人Being ALIVE Japan」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

当団体の活動紹介と2022年度の活動報告、そして「スポーツ×病気のあるこども」の支援活動を広げていくMeet upに繋げる活動報告会になります。

活動テーマ
開催場所

K's Studio駒沢 ( 東京都世田谷区駒沢2-11-3 (東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩4分))

必要経費

無料

開催日程

11:30〜12:15 (11:15〜受付開始)

募集対象

ー 入団事業の参画をご検討している大学・プロスポーツチーム関係者様
ー 支援先団体をご検討されている企業(CSR)担当者様
ー 活動導入をご検討頂いている学校・病院関係者様
ー プロボノ・ボランティアを考えている方々

※ 学生ボランティアは、現在受け入れをしておりません。活動に関心のある学生の方はインターンのご検討をお願いします。

注目ポイント
  • こどもたちのためにスポーツを通じて、社会の中に機会を創出する人材育成をするインターンプログラム
  • 慶應義塾体育会野球部と行う病気のあるこどもの青春支援の取り組み紹介
  • 参加したこども・ご家族のトークセッション!
対象身分/年齢
募集人数

15名

関連スキル
特徴

募集詳細

イベント概要

Being ALIVE Japanは、スポーツを通じて、長期治療を必要とするこどもの自立支援と治療生活を支える「仲間」を社会の中に創出する非営利団体です。大学・企業・プロスポーツチームやアスリート、また病院・学校関係者とともに協働し、長期治療中のこどもの入団事業をはじめ、スポーツキャンプの企画・運営に取り組んでいます。

この度、12月10日(土曜)に当団体の活動紹介と報告を目的としたTEAMMATES MeetUp 2022イベントを開催致します。本イベントでは、Being ALIVE Japanの活動紹介を通じて、「スポーツ×病気のあるこども」の支援活動を広げていくMeet upに繋がればと考えています。




【第1部】 学生限定!インターンプログラム説明会

当団体では、「こどもたちのためにスポーツを通じて、社会の中に機会を創出する人材育成」を目的とするインターンプログラムを2022年4月より実施しています。
インターンプログラムでは約半年間、スポーツチームの現場でアスリートやチーム関係者、医療従事者・学校関係者等、多分野・多職種と協働し、病気のあるこどもの支援活動の企画・運営に携わります。
第1部では、現在所属している学生インターンによる活動説明会を実施致します。インターンの活動内容や参加動機、インターンとしてのやりがいや魅力等を伝えます。


【第2部】 「スポーツで病気のこどもの支援」の可能性

第二部では代表の北野華子より、スポーツを通じた病気のあるこどもの支援、およびアスリート、スポーツチームや企業等のパートナーとの取組みを紹介します。
さらにスポーツを通じて実現した「青春」の物語について、事業に参画する大学スポーツチーム「慶應義塾体育会野球部」の事例、入団事業に参加したこどもとご家族よりお話いただくセッションもあります!


体験談・雰囲気

特徴

法人情報

“スポーツを通じて長期治療中のこどもに「青春」を!”
代表者

北野華子

設立年

2016年

法人格

NPO法人

Being ALIVE Japanの法人活動理念

Being ALIVE Japanは、スポーツを通じて長期的な治療とするこどもの「青春」を創る活動をしています。アスリートやスポーツチームと協働し、長期的に治療を必要とするこどもとご家族を応援するTEAMを社会に創出することを目指します。

Being ALIVE Japanの法人活動内容

Being ALIVE Japanはスポーツを通じて、長期療養中のこどもたちの仲間(TEAMMATES)を創出することで、青春と自立を支援する非営利団体です。TEAMMATES活動を通してこどもたちが多様な可能性をもって成長し、活躍できる未来に貢献していきます。

<活動内容>
● 長期療養中のこどものスポーツ活動の提供と普及
● スポーツチームの入団を通じた長期療養中のこどもの自立支援とコミュニティ創出



日本財団主催、サッカー元日本代表 中田英寿さんが発起人とする「スポーツの力を活かした、ソーシャルイノベーションを推進する」活動を表彰するHEROs AWARD 2018大賞を受賞。当団体以外にも、長谷部誠選手(サッカー元日本代表)、有森裕子さん(元女子マラソン選手)、赤星憲広さん(元プロ野球選手)、飯沼誠司さん(ライフセイバー)、及びJリーグクラブ「浦和レッズ」が受賞。

取り組む社会課題:『スポーツを通じた共生社会の実現』

Being ALIVE Japanのボランティア募集

Being ALIVE Japanの職員・バイト募集