こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 国際系ボランティア募集一覧
  3. BAJミャンマー事務所バーチャルツアー

更新日:2022/11/20

BAJミャンマー事務所バーチャルツアー

特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)
  • 開催場所

    オンライン開催

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

この募集の受入法人「特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

ミャンマーの活動のいろいろな映像をお届けしながら、現場の雰囲気をたのしく感じるイベントです。ミャンマーのスタッフたちが一生けん命撮影して編集した映像がたくさん! BAJ初の試みです!

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程

14:00~15:10 合計70分予定

募集対象

どなたでも

注目ポイント
  • ミャンマーの“いま”を感じられる
  • 国際協力・NGOの現場の雰囲気を感じられる
対象身分/年齢
特徴

体験談・雰囲気

特徴

法人情報

特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)

“ともに知恵を出しあい、ともに汗を流す”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

根本悦子

設立年

1993年

法人格

認定NPO法人

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の法人活動理念

「ともに知恵を出しあい、ともに汗を流す」

 私たちはいま、貧困、難民、環境破壊など、国境を越えた世界規模の問題に直面しています。BAJはこうした解決が不可能と思われるような問題に対し、地域から考え、地域で行動を始めることで、解決の道を探ります。

 特に日本と関係の深いアジアの人々と連帯し、健康で幸福な生活につながる環境を整え、アジアの人々との共生を実現するために、政治体制や宗教、民族言語、文化の違いを越えて、相互理解の架け橋となれるよう願いながら、4つの目標を定め、活動を進めています。

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の法人活動内容

1. 技術習得や能力強化の機会を提供

2. 収入向上の支援

3. 地域発展のための環境基盤整備

4. 循環型社会の構築

取り組む社会課題:『平和』

活動実績

1993年
BAJの前身であるインドシナ市民協力センターを設立

1993年

1994年
名称をブリッジ エーシア ジャパンと改称し、国連難民高等弁務官事務所の事業実施団体としてミャンマーでの活動を開始

1994年

1999年
特定非営利活動法人(NPO法人)認証を取得

1999年

2001年
国際協力フェスティバル「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞、ベトナムでの調査を機にホーチミン市での現地活動を開始

2001年

2006年
ベトナムの子ども達を対象に「輝けアジアの子ども基金」を開始

2006年

2007年
認定NPO法人格を取得、ミャンマーでの活動に対し「外務大臣表彰」を受賞

2007年

2008年
ベトナム・フエ市の名誉市民に創設者の故新石正弘が選ばれる

2008年

2010年
ベトナムでの事業地をホーチミン市からフエ市に移転

2010年

2011年
東日本大震災被災地での復興支援活動を開始、東京で古着回収事業「フルクル」を開始

2011年

2012年
ミャンマー・ラカイン州で「学校100校建設事業」を開始

2012年

2013年
ミャンマー・ラカイン州で「技術訓練学校運営事業」を開始

2013年

2014年
ベトナム・フエ市で「貧困農家の収入向上事業」を開始、ベトナム・フエ市で農家と共同で運営する「直売所」をオープン

2014年

2016年
ミャンマーに本とおもちゃを届ける「Book & Toyライブラリー100事業」を開始

2016年

2019年
ミャンマー・ラカイン州で学校建設事業に加えPTA活動強化支援、防災研修および教材林植林活動を開始

2019年

2022年
ミャンマー・ラカイン州にて「裁縫技術訓練事業」を再開

2022年

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)のボランティア募集

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)の職員・バイト募集