1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. ギフテッド傾向で学校に馴染みづらい子の居場所づくりをしてくれる方を募集しています

ギフテッド傾向で学校に馴染みづらい子の居場所づくりをしてくれる方を募集しています

NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)
  • 活動場所

    フルリモートOK, 東京 (プロジェクトの中で現地開催するもの、オンライン開催するもの両方があります。主に都内で対面でのイベントも実施しております。)

  • 必要経費

    3,000〜6,000円

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

  • 活動頻度

    週2〜3回

基本情報

近年教育界で注目が集まる「ギフテッド」。その特性ゆえに学校に馴染むことが難しい小・中学生に向けた居場所づくりのメンバーとして一緒に活動しませんか?長期で関わってくださるメンバー募集中!!

活動テーマ
活動場所

プロジェクトの中で現地開催するもの、オンライン開催するもの両方があります。主に都内で対面でのイベントも実施しております。

必要経費
  • 3,000〜6,000円

上記の3,000円は当団体の会費です。ただし、活動形態によって様々な謝金等をお支払いしておりますので、面談の際に詳細をお伝え致します。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

大学1、2年生(または大学院進学予定の3、4年生)など長期に関われる人を募集しております。
活動頻度はご自身で調整可能です。詳細は、面談にてお伝えいたします。

活動頻度

週2〜3回

オンラインでの支援は週5日程度の予定ですが、各自のご予定に従ってご参加いただけます。

注目ポイント
  • 児童精神科医、大学教員といった専門家によるサポートを行います。
  • スタートアップ時期ですので、一緒につくっていく経験が得られます
  • 直接支援はもちろんバックオフィスやファンドレイジングなど様々な貢献の仕方があります
募集対象
  • 大学生・専門学生
  • 社会人
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • 大学生、大学院生

    募集人数

    10名

    特徴
    応募画面へ進む

    募集詳細

    ーオンライン上に子どもたちの知的好奇心を満たせる場所をつくります








    特定分野で突出した才能を持ち、知的好奇心に溢れる「ギフテッド」と呼ばれる子どもたちがいます。

    同世代の子どもと比べて語彙力や記憶力に長けており、「天才」「神童」というイメージを持たれることも少なくありません。


    ですが、ギフテッド特性によって、学校生活や日常生活の様々な場面で困難が生じることも事実です。


    まわりと同じであることを求められる学校生活においては、

    「同世代の子どもたちと会話が合わなくて、友だちができない」

    「学校の勉強のレベルが簡単すぎて合っておらず、教室で授業を受けるのが苦しい」

    などの困難があり、いじめ・からかいの対象や不登校になる可能性も高いのです。


    そこで、私たちはこの困難さに寄り添い、子どもたちの孤立感を解消していけるよう、オンラインでの居場所作りに取り組んでいきます。


    好きなことを好きだと言えて、知りたいことを一緒に調べたり考えたりしてくれるお兄さん・お姉さんの存在は、彼ら・彼女らにとって非常に大きな存在となります。


    ギフティッドに関する知識が無くても大丈夫。

    特別支援について専門的な知識を持つメンバーが、子どもたちと楽しく活動していただけるようサポートします!


    プログラミング、生物、工学、数学などに興味がある子も多く、理系学生も大歓迎です。



    ー活動内容

    本プロジェクトでは子どもを対象にした事業と保護者を対象にした事業を行います(詳しくは下記の画像をご覧ください)。



    ここでは子ども向けの活動について紹介致します。

    バーチャル空間を作れるオンラインツールを利用し、平日の午前中と放課後の時間(10時~12時、17時~18時頃)に小中学生向けの居場所を開放します。


    宿題を一緒にやったり、子どものやりたいことに付き合ったり、子どもたち同士の会話を見守ったりなど過ごし方は様々。


    これから本格的に始まる活動なので、参加する子どもたちにあった居場所の形をコーディネートしていくところから一緒に取り組んでいきましょう。

    定期的に、おススメの本を紹介しあうビブリオバトルなどのイベントも開催予定!企画はこれから増やしていくため、あなたのアイディアを実現させることもできます!


    普段学校で話が合う友だちがいない子も多いため、大学生のみなさんには、とにかく子どもの話を聞き、その子の興味関心を認めてあげる存在になっていただけたら嬉しいです。


    全部の回に参加できなくてももちろん構いません。前の月に活動に参加いただける日時を提出していただき、その中でシフトを組ませていただきます。1コマ60分・謝礼あり(面談時に説明いたします)。


    ◎対面イベントのスタッフとして活動していただける方も募集しています。

    年に6回程度、主に東京都内で実施をしております。

    子どもたちと直接会って支援してくださる方もぜひご応募ください!!



    ーこんな方におすすめ!


    ・子どもと関わるのが好き

    ・人に教えるのが得意

    ・自宅からボランティアに参加してみたい

    ・教育系の仕事に携わりたい

    ・新しい仲間に出会いたい


    大学や学部に制限はありません!

    「子どもたちのために何かしてみたい」「家にいる時間を誰かのために使いたい」そんな方をお待ちしています!ぜひ、お気軽にご連絡ください。


    現在、特に理系分野の興味関心の高い子どもたちが多くいるため、理系学生の皆さん大募集中です、塾講師の経験等は問いませんので、ぜひご応募ください。

    応募画面へ進む

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    ◎T.Rさん(大学2年生)

    Q. あなたがsprinGに入ったきっかけを教えてください。


    A. 高校の探究学習でギフテッドについて調べたことがきっかけです。高校時代からギフテッドについて活動したいと思い、そのような活動をしている団体を探していましたが当時はそのような団体を見つけられませんでした。大学生になってからsprinGを見つけました。


    Q. sprinGでの活動を通して、気づいたことは何ですか?


    A. 高校生で初めてギフテッドについて知ったときは、才能という能力面に思考がよりやすかったですが、ギフテッドのなかにも色々な子どもがいることを知りました。個人によって性格や才能は違うので、単一的に捉えることがなくなりました。


    ◎T.Hさん(大学3年生)

    Q. 普段、活動でどんなことをしていますか?


    A. マイクラをよくしています。私自身はマイクラ未経験者なのですが、子どものクイズに参加したりして楽しく会話しています。また、理系の話を受け持つことが多いです。


    Q. sprinGでの活動を通して、気づいたことは何ですか?


    A. 活動以前は繊細で物静かなイメージがありましたが、実際には、おとなしい子や元気な子、やんちゃな子(笑)など色々な個性を持った子がいました。
    あと、思っていた100倍可愛いです。(笑)

    このボランティアの雰囲気

    現在人数は多くありませんが、それぞれが想いをもって活動しています。

    特徴
    雰囲気
    応募画面へ進む

    法人情報

    NPO法人日本教育再興連盟(ROJE)

    “「教育で未来をつくる」をビジョンにさまざまなプロジェクトを行なっています。”
    代表者

    隂山英男

    設立年

    2005年

    法人格

    NPO法人

    日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動理念

    「教育で未来をつくる」のビジョンのもと、学生と社会人が、立場や年齢を超えてつながり子ども・教員・学校が抱え価値の創造に挑み続けます。

    日本教育再興連盟(ROJE)の法人活動内容

    ROJEは現在、関東と関西にそれぞれ事務局を設置し、「防災・復興教育領域(災害と教育事業部)」「学校ソリューション領域」「メディアコンテンツ領域」「イベントコンテンツ領域」の4つの部門に分かれて活動しています。ここでは関東と関西を分けてプロジェクトを紹介します。ROJEについてもっと知りたいという方は、≪法人概要≫にあるリンクから団体HPをご参照ください。





    紹介動画



    活動実績

    2006年
    第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

    2006年06月05日

    第一回東京大学五月祭講演会イベント開催(来場者:650人)

    ・隂山先生、横山先生の授業実践

    ・NPO法人FTEXTのワークショップ

    第一回教育夏まつり開催(来場者:400人)

    2006年08月

    第一回早稲田祭イベント開催(来場者:350人)

    2006年11月

    2007年
    第二回東京大学五月祭講演会イベント 開催

    2007年05月

    タイトル「僕たちの教育再生会議」

    学校ボランティアプロジェクト事業化

    2007年07月

    2008年
    関西支部発足

    2008年03月

    【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2008開催、隂山メソッド指導者養成講座開催

    2008年05月

    【フォーラム】タイトル「みんなでつくる教育2.0」

    教育夏まつりプロジェクト発足

    2008年06月

    「教育夏まつり2008」参加 早稲田祭プロジェクト発足、教育サマーセミナー2008開催

    2008年08月

    早稲田祭2008 トークイベント「それでいいのか?大学生!」開催・野口塾in東京開催

    2008年11月

    2009年
    【関西】 理科実験教室プロジェクト・トークカフェプロジェクト・教育夏祭り関西企画プロジェクト発足

    2009年03月

    一般財団法人人間塾・公益財団法人電通育英会ほかより助成を受け実施

    【関東・関西】 EDUPEDIA事業化・サイト開設

    2009年04月

    【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2009開催

    2009年05月

    タイトル「いま必要な学びとは?」

    教育夏まつり2009開催

    2009年08月

    2010年
    【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2010開催 【関西】 関西教育プレフォーラムプロジェクト発足

    2010年05月

    【フォーラム】タイトル「学校大公開時代」

    【関西】 立命館にて、関西教育フォーラム2010開催

    2010年11月

    2011年
    【関東】 東京大学五月祭教育フォーラム2011 「教育×震災~いま、私たちができること~」開催

    2011年05月

    タイトル「教育×震災~いま、私たちができること~」

    【関東・二本松プロジェクト】 東北の教育復興の一助として教育夏祭りin石巻を開催

    2011年08月

    【関西】 京都大学にて関西教育フォーラム2011開催

    2011年11月

    2012年
    【関東】 中高まなびプロジェクト発足

    2012年

    第五回京都21世紀教育創造フォーラム 『日本の未来と人づくり~グローバル時代のサイエンス教育像~』 京都21世紀教育創造フォーラム実行委員会・関西プレスクラブ共催 東京大学五月祭教育フォーラム2012開催

    2012年05月

    【関西】学習支援ボランティア開始

    2012年06月

    東京スタディツアー2012開催

    2012年08月

    テーマ 「絆×未来 福島の子どもたちが、東京で絆と未来を考える」

    東京スタディツアー2012開催

    2012年08月

    リレー対談プロジェクト化

    2012年09月

    関西教育フォーラム2012開催

    2012年11月

    2013年
    【関西】 EDUPEDIA参加、放課後ボランティアプロジェクトcomp発足、イベント企画VARY発足

    2013年01月

    東京大学五月祭教育フォーラム2013開催

    2013年05月

    タイトル「教室の今と未来~いじめ・発達障害の視点から~」

    教育夏まつり2013 in二本松 開催

    2013年08月

    テーマ 「未来のこたえを、二本松から」

    【関東】リレー対談から教育対話プロジェクトに改名、【関西】 関西教育フォーラム2013開催

    2013年11月

    2014年
    ROJE復興支援事業in飯館村発足

    2014年03月

    東京大学教育フォーラム2014開催

    2014年05月

    タイトル「『グローバル化時代』の日本の教育~変わる世界で、変える人に~」

    東京スタディツアー2014開催

    2014年08月

    テーマ「つぼみプロジェクト~3日間の「夢」さがし~」

    つぼみプロジェクト事業化

    2014年09月

    関西教育フォーラム2014開催

    2014年11月

    タイトル「グローバル化×人材」

    2015年
    【関西】中高まなびプロジェクト発足

    2015年

    東京大学五月祭教育フォーラム2015開催

    2015年05月

    タイトル「21世紀の教育格差」

    つぼみプロジェクト2015年度東京スタディツアー開催

    2015年11月

    関西教育フォーラム2015開催

    2015年11月

    タイトル「教育格差に挑む ―学校の今と未来―」

    2016年
    九州支部正式発足

    2016年01月

    東京大学五月祭教育フォーラム2016開催

    2016年05月

    タイトル「学校の役割を問いなおそう-公教育が「商品」に!?-」

    【九州】 たんぽぽプロジェクト発足

    2016年07月

    つぼみプロジェクト2016年度東京スタディツアー開催

    2016年08月

    東京キワニスクラブ 青少年教育賞 最優秀賞 受賞

    2016年09月

    関西教育フォーラム2016開催

    2016年11月

    タイトル「いじめ問題をもう一度~行政×学者×遺族で創る『新しい教育フォーラム』~」

    2017年
    東京大学五月祭教育フォーラム2017開催

    2017年05月

    タイトル「大学入試改革!問われる新たな能力 ~現場と家庭は何をすべきか~」

    つぼみプロジェクト2017年度東京スタディーツアー開催

    2017年08月

    関西教育フォーラム2017開催

    2017年11月

    タイトル「AI時代の教育」

    2018年
    防災ワーキンググループを設置

    2018年04月

    東京大学五月祭教育フォーラム2018開催

    2018年05月

    タイトル「教員の多忙化」

    つぼみプロジェクト2018年東京スタディーツアー開催

    2018年07月

    関西教育フォーラム2018開催

    2018年11月

    タイトル「学校×塾×家庭 その子らしさを引き出す新時代の教育」

    つぼみプロジェクト 一般財団法人人間塾 塾長講演会

    2018年12月

    テーマ「大学生がどう教育に関わるか」

    2019年
    災害と教育事業部わたげプロジェクト発足

    2019年04月

    東京大学五月祭教育フォーラム2019開催

    2019年05月

    タイトル「"教育改革"のその先へ~新時代に求められる人物像とは~」

    【災害と教育事業部 つぼみプロジェクト・わたげプロジェクト】合宿in福島県・宮城県 実施

    2019年07月

    わたげプロジェクト 「防災教育実践交流会2019・夏~「知る」「学ぶ」から「やってみる」へ~」開催

    2019年08月

    関西教育フォーラム2019開催

    2019年11月

    タイトル「人生のコンパスを子どもたちに ― 社会につながる学びとは 」

    2020年
    ROJE関東教育フォーラム開催

    2020年07月

    タイトル「どうなる?大学入試〜改革延期の今、何が必要か〜」

    関西教育フォーラム2020開催

    2020年11月

    タイトル「先生はどう働き、子どもはどう学ぶか─コロナ禍で問う学校のあり方─」

    2021年
    ROJE関東教育フォーラム2021開催

    2021年05月

    タイトル「変わりゆく時代、変わりゆく大学 ~問い直そう!大学の役割~」

    関西教育フォーラム2021開催

    2021年11月

    タイトル「今こそ、教育格差を語ろう。− "誰ひとり取り残さない"を目指す、with ICT 時代の教育とは −」

    2022年
    五月祭教育フォーラム2022開催

    2022年05月

    タイトル「学校教育だけでは終わらない〜日常に新たな学びを!〜」

    日本教育再興連盟(ROJE)のボランティア募集

    日本教育再興連盟(ROJE)の職員・バイト募集

    応募画面へ進む
    応募画面へ進む