1. ホーム
  2. 地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  3. まちづくり、ごちゃまぜの福祉、高齢者の生きがいづくり|カイゴの業界研究セミナー

更新日:2021/11/22

まちづくり、ごちゃまぜの福祉、高齢者の生きがいづくり|カイゴの業界研究セミナー

一般社団法人FACE to FUKUSHI

この募集の受入法人「一般社団法人FACE to FUKUSHI」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

26fa8b01ae-768_432.jpg

"介護"のイメージをアップデートする、オンラインの業界研究セミナーです。

地域共生や、ごちゃまぜ福祉、高齢者が働く場づくりなど、
学校じゃ聞けないレアなリアルなお話が聞けちゃいます!!

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

募集対象

・大学、専門学校、短大などで学ぶ、全国の大学生
・福祉を学んでいない学生さんも、奮ってご参加ください!
・福祉やカイゴ(介護)の業界研究をしたい就活生は、特に参加をオススメします!

注目ポイント
  • 就活に役立つ業界研究ができる!
  • 学校では教えてくれない、"介護(カイゴ)"のリアルな魅力を知れる!
  • 同じ業界を目指す全国の学生と交流ができる!
対象身分/年齢

募集詳細

\あつまれ!!福祉の仕事を知りたい就活生っ!/

「カイゴの業界研究セミナー」がはじまりました!

こんにちは!カイゴの仕事研究室です。


-------------------------------------------------------------------

▼カイゴの業界研究セミナーvol.2 「日常のくらしをつくる」

2021.11.21(日) 14:00-16:00

-------------------------------------------------------------------

今回のキーワードは、「まちづくり」「ごちゃまぜの福祉」「高齢者の生きがいづくり」です!

学校じゃ聞けない、レアでリアルな福祉のお話を聞けちゃいます!!


[紹介文]

日常って何だろう。

多世代が同じ空間でごちゃまぜでくらす日常もあれば、高齢者になってもはたらくことで、生きがいを感じる日常もあります。

それらをサポートするゲストが語る"その人らしい日常"とは?


[ゲスト]

・社会福祉法人みねやま福祉会 理事 櫛田啓

学生時代の夢はプロサッカー選手。

祖父が創設した法人を受け継ぎ、地域課題を解決するための町づくりにも積極的に関わっている。地元が元気になる新しい福祉のあり方を実践中。


・社会福祉法人京都福祉サービス協会 地域共生社会推進センター 代表 河本歩美

施設利用者が施設外部とつながることを目的に、2018年にsitteを立ち上げ。

高齢者の社会参加による活躍が、企業や地域の新たな可能性になると信じ、多様なプロジェクトを展開中。


[日程]

2021年11月21日(日)14:00-16:00


[会場]

オンライン(zoom)で開催します。


[プログラム]

14:00-14:05|オリエンテーション

14:05-14:35|ゲストトークー櫛田啓さん

14:35-14:45|質疑応答

14:45-15:15|ゲストトークー河本歩美さん

15:15-15:25|質疑応答

15:25-15:40|学生同士の感想共有タイム

15:40-15:50|全体での質疑応答

15:50-16:00|クロージング

※プログラムのタイムスケジュールは変更する場合がございます。


[対象]

・大学、専門学校、短大などで学ぶ、全国の学生

・福祉を学んでいない学生さんも、奮ってご参加ください!

・福祉やカイゴ(介護)の業界研究をしたい就活生は、特に参加をオススメします!!

※本イベントは学生対象のイベントです。社会人の方は申し訳ございませんが、ご参加できませんのでご了承ください。もしお知り合いにご興味のある学生の方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけますと幸いです。


[お申し込み]

申込された方に、自動返信メールにて、本申込み用のURLをお知らせします。


[企画・運営]

カイゴの仕事研究室(事務局:一般社団法人FACE to FUKUSHI)


--------------------「カイゴの仕事研究室」って?--------------------

「くらしをつくるカイゴのしごと」に携わるゲストを迎え、

"介護"のイメージをアップデートするオンラインイベントです。

zoomでの開催なので、全国どこからでも参加できます!

  • c3a75648cd-event_communitydevelopment_recruiting_84798_sub1.jpg
  • 8421765d12-event_communitydevelopment_recruiting_84798_sub1.jpg

    社会福祉法人京都福祉サービス協会の河本歩美氏

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

“日本の"FUKUSHI"を、世界最高の"welfare"に”
代表者

河内崇典・大原裕介

設立年

2009年

法人格

一般社団法人

FACE to FUKUSHIの法人活動理念

日本のFUKUSHIを世界最高のWelfareに。


そのために、次世代を担う若手人材の採用・育成を支援し、

福祉の未来をともに創造していきます。

FACE to FUKUSHIの法人活動内容

福祉法人の次世代を担う若手人材の採用と育成のサポートを行っています。


《大学・学生との連携》

◎福祉の魅力を伝える

福祉の仕事に携わる人を増やすために、大学での講義や、ネットでの情報発信など学生が福祉の魅力や可能性に気づくための機会を提供しています。


《新卒採用支援》

◎福祉で働く意欲を高める

インターンシップの企画など学生が福祉業界で働くイメージをもち、働く意欲が高まるような機会を提供しています。


◎福祉法人と学生とをむすびつける

想いのある福祉法人と熱意のある学生とをむすぶ新卒向け就職フェア(FUKUSHI meets!)を開催しています。


《育成・定着支援》

◎福祉き続けたくなる環境をつくる

新入職員や若手職員の成長をうながすと同時に、早期離職の防止にもつながる合同研修プログラムを提供しています。

FACE to FUKUSHIのボランティア募集

FACE to FUKUSHIの職員・バイト募集