1. ホーム
  2. 福祉・障がい・高齢者系ボランティア募集一覧
  3. 福祉の現場を訪ねてみよう!モノづくりを行う作業所オンライン・スタディツアー

更新日:2021/05/28

福祉の現場を訪ねてみよう!モノづくりを行う作業所オンライン・スタディツアー

一般社団法人マジェルカ

この募集の受入法人「一般社団法人マジェルカ」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

93fe86dbe2-event_welfare_recruiting_82427_main.jpg

“障がいのある人たちが作る魅力的な製品”を通じ、社会と障がい者を繋ぐ活動を行っています。
製品はどのように作られるの?作っているのはどんな人たち?
そんな声を受け、作り手を訪ねるツアーを企画しました!

活動テーマ
開催場所

オンライン会議システムzoom
※申し込まれた方に開始1時間前までに、zoomのURLをお送りします。

必要経費
  • 0〜2,000円

参加費(お一人あたり):
・一般参加:2,000円 (おみやげ付き)
・マジェルカのサポーター会員またはパートナー会員:1,500円(おみやげ付き)
・マジェルカのサポーター会員またはパートナー会員:無料(おみやげ無し)
・学生:1,500円 (おみやげ付き)
・学生:無料 (おみやげ無し)

開催日程

13:00〜14:30

募集対象

今まで障がい者と関わったことのある方も、ない方も。

注目ポイント
  • なかなか知る事のない「モノづくりを行う福祉の現場」を訪問!
  • 製品の作り手や製品開発を行うスタッフとのトークセッションも!
  • 施設で作られた商品が、後日お手元に届きます!
対象身分/年齢

募集詳細


《気軽に参加できるオンラインツアー》


このオンラインツアーでは、皆さんに代わってマジェルカスタッフが福祉作業所のモノづくりの現場を訪問。
ビデオカメラを片手に、"楽しいモノづくり"の様子や、その作り手の様子をご紹介します。


気になることがあったら、どんどん質問してください!

「作業で大変なことは?」「製品作りで大切にしてることは?」

作り手や支援スタッフとのコミュニケーションも楽しんで頂ければと思います。


この楽しいツアーを通じて、普段関わる事の少ない福祉の現場や障がい者のことをより身近な存在として感じていただきたい。そして、彼らとの関わり方を考えてもらえるきっかけとなればと考えています。


《お土産が届きます!》


今回のお土産は・・・アールグレイ茶葉を入れて焼き上げた薫り高い紅茶と人気のチョコチップの「クッキーセット」と、素朴で可愛い「ぞうとりんごの組木」、手織りの「はっぱコースター(一枚)」の3点セット✨

こちらはツアー終了後、ご自宅までお届けします。(送料はマジェルカが負担いたします)


これらの商品の販売利益は、今回訪問する作業所で働く障がいのある人たちの工賃(お給料)に還元されます。


  • 9b7c9893ff-yurayura.jpg
  • 91f23cdf06-neko.jpg
  • 4632439bb7-tumitumi2.jpg
  • bb80794f49-event_welfare_recruiting_82427_sub1.jpg
  • 1a8d24a439-omiyage.jpeg

体験談・雰囲気

このイベントの体験談

☆前回開催したツアーの参加者の声 (一部抜粋)☆

〈良かった点〉

  • >このコロナ禍で見学に行きたい所だがいけないので、その代わりにオンラインで行けて良かったです。
  • 一人では行っても、何を質問して良いか分からない所代わりに色々お話を聞いてくださってるのを聞けたので参考になりました。
  • >編集されていない、リアルな雰囲気を感じることが出来たところ。素敵な人柄を感じることが出来た。
  • マジェルカさんがコーディネーターに入ってくださったことで、普段の見学では見られないような利用者さんのリラックスした姿や踏み込んだ話が聞けたことはとても良かったです。
  • >障がい者さんが普段どのような活動をしているのかわかったし、仕事場をみられたこと
  • >職員の方と利用者さんとの距離が近く、また、利用者さん同士の仲の良さが深く見られたことです。
  • >施設の雰囲気の良さが全面的に出ていたため、見ている側も楽しく学ぶことが出来たと感じました。

〈参加して得られた気づきや変化〉

  • >オンラインであっても、作業所のみなさんが私たちの訪問をとても喜んで歓迎してくださっていたことが印象的でした。やはり人と人との出会い、交流が人を元気にするんだなと感じました。
  • >もっと支援者側が、支援!!という感じで関わっているのかなと思っていましたが、障がい者の方と支援者の方が対等というか、ラフに、言いたいとこを言いあえるような雰囲気で関わっているのだと気付きました。
  • >その人らしさ(ストレングス)を引き出す活動の良い実践例を学ぶことが出来ました。
  • >福祉作業所という場は、スタッフの方と障害をもつ方との大切なコミュニケーションの場であることがよくわかりました。同時に、このコミュニケーションの場は、障がいをもつ方にとっては社会とのつながりでもあると思いました。そして、あくまで主体は障がい者の方であり、スタッフさんたちは障がい者の方と意思疎通を図りサポートすることで、良い関係性が築けているんだなと感じることができました。しかしながら、この二者間(障がい者とスタッフ)だけの関係性に終わらせてはならないとも実感しました。今回のように、日々の活動や障がい者に関する知識情報を第三者へと伝えることもまた、とても大切なことだと思いました。障がいをもつ方に社会とのつながりを提供するという意味で、まずは「知ってもらう」ということが大きな役割を果たすと感じました。
  • >商品を販売することで購入された方との繋がりが生まれるという考えが今まで私の中でなかったので、素敵でとてもいいことだと思いました。
  • >私自身は障害を持っている人と直接関わったことがなく、実際に会うと変に気を遣ってしまうこともあるかもしれませんが、今後は障害の有無関係なく、友人と接するような対等な関係で接しながら支援をすることができたらいいなと気付きました。

  • 371fa89982-event_welfare_recruiting_82427_sub2.jpg

法人情報

“「障がいのある方々をもっと身近に感じられる社会に。 障がいのある方々の力をもっと多くの人が知る事ができる世の中に。」”
代表者

藤本光浩

設立年

2020年

法人格

一般社団法人

マジェルカの法人活動理念

マジェルカのミッション


障害のある方々をもっと身近に感じられる社会に。

障害のある方々の力をもっと多くの人が知り、活用できる世の中に。

そのためにマジェルカは


  • 1.人を楽しくさせる「雑貨」、人を幸せに出来る「ギフト」という多くの人にとって手に取りやすく
  •  伝わりやすい「モノ」を通して障害のある方々と社会をつなぎます。
  • 2.福祉作業所と市場を結び、その仕事の価値に見合った正当な価格で流通させることで、障害のある
  •  方々の社会参加と働きがい、さらに収入向上を後押しします。
  • 3.吉祥寺の実店舗やウェブショップ、外部イベントなどでの継続的な活動を通して障害のある方々の
  •  仕事や能力を一人でも多くの方々に知ってもらう機会を積極的に提供します。
  • 4.就労継続支援A型事業所として、障害を持つ方々自身が多くの人に喜ばれる仕事を通じて働き甲斐を知り
  •  それを糧に能力を発揮できる場と機会を提供します。
  • 5.障害のある方々、その支援者、ご家族に可能性と希望を見せられるような場を作ります。

マジェルカの法人活動内容

  • 日本全国の福祉作業所で作られた雑貨製品の販売事業からスタート
  • マジェルカは、2011年に開業し、北海道から九州までのべ150以上の福祉作業所と取引をし、彼らの商品を実店舗やウェブショップ、外部催事などで販売し、ウェブサイトやSNSでの情報発信も積極的に行う事で作業所製品の市場作りを通して社会と障がい者福祉を繋いできました。
  • このような、障がい者が作る製品の価値を正当に評価し適正な価格や方法で流通させることで障害者の収入や働き甲斐を高める仕組みを、私たちは「ウェルフェアトレード」と名付け、広く社会に向けて発信すると同時に、事業所に対しても、付加価値の高い製品作りや発信ができるようなサポートを行ってきました。
  • そんな「ウェルフェアトレード」をさらに社会に広める事を目的に2020年に一般社団法人を設立しました。

マジェルカのボランティア募集

マジェルカの職員・バイト募集