1. ホーム
  2. 震災・災害系ボランティア募集一覧
  3. 5月2日:ZOOMで繋ぐ南三陸バーチャル漁業支援ボランティアツアー

更新日:2021/05/03

5月2日:ZOOMで繋ぐ南三陸バーチャル漁業支援ボランティアツアー

NPO法人フェローズウィル

この募集の受入法人「NPO法人フェローズウィル」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

870e5ce460-FullSizeRender252.jpg

コロナ禍により、昨年に続き、現地での支援活動が出来ない状況下ですが、今年はオンラインで現地と繋ぎ、今の南三陸の状況や、地元料理をご自宅で堪能していただくバーチャルツアーを企画しました。

活動テーマ
活動場所

南三陸町の漁業者&民宿事業者とオンラインで交流し、支援活動致します。

必要経費
  • 2,000〜6,000円

参加費5,000円については民宿から昼食を提供し、その食材代と、送料込みの参加費、
参加費6,000円については上記にワカメ250g追加で同梱します。
参加費2,000円は上記が必要ないというかたで、支援金として使わせて頂きます。

活動日程

5月2日 13:00~15:30 オンラインで東日本大震災被災地南三陸町の漁業者&民宿事業者さんと繋がり、支援活動を行います。

募集対象

東日本大震災被災地に想いを持つ方、全て、ご自宅でできる支援活動に興味ある方、地元料理を味わいたい方、全て。

注目ポイント
  • 民宿への支援、漁業者への支援、今の南三陸を知る
対象身分/年齢
募集人数

30名

募集詳細

震災後10年を経た南三陸町の今を知り、まだまだ続く復興の道のりを感じていただくことと、コロナ禍でボランティアや一般の方の訪問が激減している地元の事業者や漁業者を支援する企画です。当日は漁師さんの作業小屋を訪問したり、今の南三陸を知ってもらうため、移動中も中継して映像をお届けします、現地の方々との交流も魅力の一つだと思います。

  • 4444d4cd04-06_yoriki3-1024x575.jpg
  • b668d0f315-IMG_2880-e1556975353445.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

想いをもった方々の参加ですので、皆楽しく参加しています。

特徴
男女比

男性:30%、女性:70%

法人情報

“寄り添う close to you”
代表者

我妻 慶里

設立年

2011年

法人格

NPO法人

フェローズウィルの法人活動理念

私達はあなたに寄り添います、 WE CLOSE TO YOU

を活動理念としています。

フェローズウィルの法人活動内容

ボランティアツアー 法人CSR活動補助含め、100回以上被災地を訪問し今も継続中、都内・開催地区での支援販売会、防災啓蒙活動、災害支援、物資:支援金送付、南三陸もみの木基金の開設等多々。

活動実績

2011年
2011年4月任意団体として我妻慶里が設立し同12月NPO法人として認証を受ける。

2011年04月01日

私達の活動を掲載している団体ホームページはWEB震災記録として国立国会図書館にて公開されています。*フェローズウィルとして検索してください。
東日本大震災から8年以上が過ぎていますが、2011年4月1日より100回以上被災地を訪れ、今も宮城県南三陸町支援の活動を継続しています。
熊本地震、広島水害、西日本豪雨被害への物資・支援金送付の活動も行っています、今回は丸森町ボランティアセンターを運営している丸森町社会福祉協議会へも早速支援金をお送りしてあります。

フェローズウィルのボランティア募集

フェローズウィルの職員・バイト募集