こちらのイベントは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 国際系ボランティア募集一覧
  3. それでもやっぱり留学がしたい!コロナ禍で留学中の学生と今できることについて語る!

更新日:2021/02/28

それでもやっぱり留学がしたい!コロナ禍で留学中の学生と今できることについて語る!

神戸ソーシャルキャンパス
メインビジュアル背景画像

この募集の受入団体「神戸ソーシャルキャンパス」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

f5937d6cc0-event_international_recruiting_80808_main.png

コロナで留学の機会が失われている中でも留学をあきらめきれない学生は多くいます。今回はコロナ禍でドイツ留学を果たした学生と留学経験をキャリアに結び付けている社会人と一緒に留学について考えていきます。

活動テーマ
開催場所
  • オンライン開催
必要経費

無料

開催日程

18時~19時30分
その後30分の交流会(希望者のみ)

募集対象

●コロナ禍でも留学の可能性を探っている学生
●コロナが落ち着いたら留学にいく予定の学生
●残りの学生生活を充実させるための方法と情報が知りたい学生

注目ポイント
  • リアルタイムで留学中の学生がゲストです(ドイツと繋ぎます!)
  • 一方的な講演会ではなく、企画者3名による雑談会に近いイメージ!
  • ゆるい雰囲気でざっくばらんにお話が聞けます!Q&Aの時間も!
対象身分/年齢
募集人数

20名

募集詳細

それでもやっぱり留学がしたい!

新型コロナウイルスの流行は、学生生活にも大きな影響を及ぼしています。大学の休校、講義のオンライン化、課外活動の制限、そして予定していた留学が中止になってしまった学生も多くいるのではないでしょうか?

一方でこの状況に負けず、少しでも学生生活を充実したものにするべく、動いている学生もたくさんいます!今回のイベントでは多くの人が絶対無理だとあきらめている留学を実現させた学生や、学生時代の海外経験をきっかけに様々な活動に取り組んだ経験のある社会人をゲストに迎え、コロナ禍の今、できることを参加者の皆さんと一緒に考えていきます!


【日時】
2021年2月27日(土)
18時~19時30分

【参加方法】オンライン会議システムZoomを利用予定。お申込みいただいた方に参加用URLをお送りします。

【参加費】無料

【主催】
神戸ソーシャルキャンパス
【共同主催】
LiNK-HOUSE

【ゲスト】
藤澤 翼さん
愛知県名古屋市生まれ、父親の仕事の関係で京都、福岡、北京など小学校卒業までに5度の転校を経験。高校は京都府屈指の進学校嵯峨野高等学校に進学、2018年春関西大学総合情報学部に入学、2019年春よりニュージーランドのクライストチャーチ工科大学ビジネス学科で1年間の専門留学、2020年10月よりドイツフランクフルト応用科学大学でコンピュータサイエンスを学ぶために留学。来年8月よりアメリカブリッジウォーター州立大学での交換派遣留学が決まっている。

【モデレーター】
佐竹 優輝さん
1992年生まれ。神戸生まれ、西宮育ち。幼少期から好奇心旺盛で、中高一貫校を退き、父の単身赴任先であった山梨県の公立高校へ入学。
日本語を流暢に操る同世代の留学生らとの交流をきっかけに『自分も外国に行ってみたい!』と思い立ち高校3年時にAFSを通じドイツの公立高校へ留学。
滞在時に東日本大震災が発生し、福島原発事故へのドイツの人々の政治への関心の高さと行動に感銘を受け大学では国際政治を学ぶことを決意。
関西学院大学に入学してからも長期休暇の度に国内や海外へと繰り出し、ひたすら経験を『足で稼ぐ』日々を過ごす。
大学2回生時には1年間の休学をし、ドイツ国際平和村に滞在。4回生時には大学から国連ユースボランティアとしてモザンビーク共和国へと派遣された経験を持つ。


大福聡平さん

1990年鹿児島県霧島市生まれ。関西大学外国語学部卒、総合情報学研究科修士課程修了。学部時代にフィリピンへ留学。留学から帰国後も、学生団体として東南アジアを中心とした途上国で教育支援活動を行う。大学院修士課程を修了後、新卒で特定非営利活動法人しゃらくに入社(2015~)。神戸ソーシャルキャンパス開設に当たり、コーディネーターに就任。学生がやりたいことを見つけ実現する過程を通して、社会と関りキャリアを考える「学街活動」を支援している。


体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

団体情報

“みんなの「学街活動」を応援します!!”
代表者

大福聡平

設立年

2017年

法人格

その他

神戸ソーシャルキャンパスの団体活動理念

神戸市・兵庫県内にチャレンジコミュニティの構成員となる若手を輩出すること

チャレンジコミュニティの構成員とは・・・

社会起業家、社内起業家、NPO職員、フリーランス等、組織ではなく「職」(やりたいこと)でキャリアを作っていく人たち

※神戸ソーシャルキャンパスは、神戸市による補助事業として運営されています。

神戸ソーシャルキャンパスの団体活動内容

・学生向け交流スペースの運営

・NPO/企業/地域団体のボランティア/インターンシップ募集情報と学生のマッチング

・自主イベント/プロジェクトの立ち上げ

・地元中小企業を対象とした求人支援

神戸ソーシャルキャンパスのボランティア募集

神戸ソーシャルキャンパスの職員・バイト募集