1. ホーム
  2. 滋賀のボランティア募集一覧
  3. 滋賀でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. キャンプを作ろう!楽しもう!!学生ボランティア キャンプリーダー第69期生募集

更新日:2021/03/25

キャンプを作ろう!楽しもう!!学生ボランティア キャンプリーダー第69期生募集

特定非営利活動法人アサヒキャンプ
メインビジュアル背景画像

基本情報

2013079e62-S__23076901s.jpg

学生が主体となって、子どもたちを対象にしたキャンプをつくります。個性あふれる仲間と共に様々なことに挑戦し、成長できます。募集説明会を4/11、5/9、5/22に行います!!(オンライン/対面は未定)

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

キャンプや勉強会の交通費、キャンプ中の食事、滞在費などの実費を団体が負担します。また、キャンプ活動中のTシャツ等も支給します。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

7月~9月(夏休み)のオンシーズンは月に2~3回、滋賀県朽木で子どもたちとキャンプを行います。11月~6月のオフシーズンは、大阪で月1回勉強会を行い、知識を蓄えます。年間を通じて勉強会、トレーニングを行い、子どもたちとのキャンプを企画し実施します。

募集対象

近畿圏内の短大・4年制大学・専門学校の学生で月1回程度の勉強会と夏を中心としたキャンプ活動を2年以上できる人。
「ボランティア」「子ども」「障がい児」「教育」に関心・興味があり子どもと触れ合いたい人。
なにか新しいことをしてみたい人、新しい仲間に出会いたい人、自分を変えたい人。
下記に記載しているように、説明会を4月11日(日)、5月9日(日)、5月22日(土)に行います。

注目ポイント
  • • めちゃくちゃ楽しい!個性あふれる仲間がいっぱい!子供と楽しくキャンプをするボランティア
  • • 学生主体の活動でリーダーシップ、計画性、社会性が身につき成長できる!
  • • キャンプ初心者でも全く問題なし!色んな経験ができ、かけがえのない仲間ができます!
対象身分/年齢
募集人数

20名

募集詳細

アサヒキャンプとは・・

アサヒキャンプは 1953年に生駒山上に誕生し、組織キャンプのパイオニアとして活動してきました。2006年からはNPO法人(特定非営利活動法人)アサヒキャンプとして、びわ湖の北西部の 豊かな自然に恵まれたくつきの森をベースキャンプ場として活動を続けています。

2021年度新規キャンプカウンセラー募集説明会を行います。

アサヒだからこそできる経験がたくさんあります!不安や緊張があっても大丈夫!明るく元気いっぱいの仲間がたくさんいます!

説明会以降に、体験キャンプへ招待します。興味があればぜひ一度、アサヒのみんなに会いに来てください!お待ちしています

日時: 第1回説明会 4月11日(日) 第2回説明会 5月9日(日) 第3回説明会 5月22日(土)

    3回とも内容は同じです。何れか1日にご参加ください。

スケジュール・内容: 

新規応募説明会13時30分~15時50分  

アサヒキャンプの雰囲気や魅力をたくさん伝えます!!

体験キャンプガイダンス16時00分~16時45分

体験キャンプの持ち物や内容をお知らせします。


実施形態(オンラインor対面)は検討中のため、確定次第連絡します。

説明会及び体験キャンプガイダンスに参加された方は無料で5月29日(土)~30日(日)滋賀県にて行う体験キャンプにご招待します。

当日に都合のつかない方は、個別にても対応致しますのでご相談ください。


ひと言メッセージ

ボランティアを始める動機は人それぞれだと思うけれど、みんなで1つの目標のもと、奮闘する学生生活はかけがえのない経験になると思います。皆さん!私たちと一緒に、アサヒキャンプならではのキャンプを、より多くのキャンパーに届けませんか?

キャンプのボランティアだけど、キャンプ初心者でも全く問題ないです!(メンバーの過半数がキャンプ経験なかったんじゃないかな?)とにかく色んな経験ができるし、仲の良い人もたくさんできるので一度説明会や、体験キャンプに顔を出してみてください!


感染症対策について

活動に際して心配されている方もいらっしゃると思います。

キャンプ2週間前から毎日検温を実施し、当日は「健康チェックリスト」の提出を行ないスクリーニングを行っています。活動中はマスク着用はもちろんのこと、ドアノブ等の消毒、手洗いうがいアルコール消毒、自炊時の手袋着用など感染予防対策を徹底して行なっています。

また密を避けるため活動場所を分散したり、就寝場所を分けたりなど対策は十分です。


  • b8fb39353a-PB227667.JPG
  • 5091b15ea5-member_children_recruiting_80677_sub1.jpg
  • d5aa25a36b-member_children_recruiting_80677_sub1.jpg
  • 060684fff5-PB227771s.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

アサヒキャンプで体験できることは本当にたくさんあります!子どもたちと一緒に思いっきり遊んだり、ご飯を作ったり、工作をしたり、キャンプファイヤーをしたり…。アサヒには代々受け継がれているキャンプソングがあるのでみんなで楽器を使って歌うことも!ここには書ききれないほどアサヒでは非日常な体験ができます!可能性は無限大です!アサヒキャンプはたくさんのOBOGさんに支えられ今年で69年目を迎えます

!横のつながりだけでなく、縦のつながりも強い団体です。

このボランティアの雰囲気

アサヒキャンプは個性豊かでアットホームな雰囲気の団体です

!様々な大学・学部の学生が集まっていて、異なる価値観を持っていますが、"違い"を受け入れてくれる温かい場所です。個人でも、団体でも、常に新しい挑戦に踏み出せる環境で、その挑戦を支えてくれる仲間がいます。また大学生の繋がりだけではなく、今までアサヒキャンプに所属していたOBOGさんとも、活動を通じて繋がれることが魅力です。主な活動は月に約1回の勉強会と4〜11月に約10回あるキャンプですが、それ以外でもギターや火の体操の練習を行っています。コロナウイルスの流行前には、キャンプ終わりにご飯に行ったり、キャンプ以外の日にも様々な遊びを企画し集まっていました。不安や心配事があっても大丈夫!!すべて受け入れてくれる温かい仲間が待っています!!

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:50%、女性:50%

  • 37cab73f6b-member_children_recruiting_80677_sub2.jpg
  • a4b9e5f717-member_children_recruiting_80677_sub2.jpg
  • 0d247a5045-member_children_recruiting_80677_sub2.jpg
  • ef806868bc-member_children_recruiting_80677_sub2.jpg
  • 23f1194c26-P6286366.JPG
  • 40d4455882-P9067188.JPG

感染症対策について

2020年6/4にガールスカウト日本連盟、ボーイスカウト日本連盟、東京YWCA、日本YMCA、日本キャンプ協会の5団体による「新型コロナウイルス影響下における青少年教育に関わる5団体による共同声明」が発表されました。一部を抜粋しますと、

共同声明(一部抜粋)

1.新しい生活様式での青少年活動の再開
私たちは、新型コロナウイルスの感染予防対策を徹底して行い、新しい生活様式に沿ってプログラムを構築した上で、青少年の健全な心身の成長を重要と捉え、長い歴史の中で培った知識と経験の中で次の活動を再開します。
・青少年の自然体験活動
空や木々の鮮やかさ、清流の冷たさ、風の音や鳥のさえずり、ファイヤーの煙のにおい、共に作ったカレーの味。五感で感じる生の体験は決してオンラインでは得られません。自然体験活動で育まれる友情、協調性、相互理解、信頼や尊敬心、興味や関心、他者や環境への思いやりの心は、子どもたちの健全な成長には必要不可欠であり普遍的です。
・青少年の人材育成活動
青少年期は人格の基礎が形成され、人としての根を張り、幹や枝を伸ばし、葉をつける時期です。次代を担う青少年の健全な育成は、社会全体の責任であると捉え、家庭や学校以外における青少年教育団体として、研修プログラム、ボランティア活動を再開します。


我々アサヒキャンプもこれに賛同し、下記の感染予防対策を施したうえでキャンプを実施いたします。

・キャンプ運営スタッフ、学生カウンセラー、参加者のスクリーニングを行うために、「けんこうチェックリスト」の記入を全員に義務付ける。

・キャンプの始まり、終わりには体温チェックを実施する。 ・適宜の手洗い、アルコール消毒を実施する。

・屋内・屋外での活動時の原則的マスク着用。

(ソーシャルディスタンスを確保できる場合、熱中症の危険がある場合、水遊び等でマスクが濡れて呼吸困難の危険性がある場合 などのケースにおいてはマスクを外して各自保管して再着用できるようにします)


法人情報

特定非営利活動法人アサヒキャンプ

“創造と協同の旗のもとに、やりがいのある健全なボランティア活動を営む”
代表者

石田 易司

設立年

2006年

法人格

NPO法人

アサヒキャンプの法人活動理念

青少年や障害児・者など社会的支援を必要とする人達や高齢者を含む一般社会人に、自然体験を中心とするレクリエーションの機会を提供する事業を実施するとともに、野外活動学生ボランティアの育成をはかる。野外活動の有用性・有効性に関する啓発活動を行うことで、人権意識にあふれた心身ともに健康で「生きる力」をもった青少年と社会に貢献する一般社会人の育成を図り、公共の福祉の増進に資することを目的とする。

アサヒキャンプの法人活動内容

① 青少年や障害児・者、一般社会人(高齢者を含む)などの野外活動事業・自然活動事業・社会教育活動事業
② ①の事業を推進する為の指導者養成・派遣事業
③ ①の事業を推進する為の施設管理事業
④ ①の事業を推進する為の研究、出版事業
⑤ その他この法人の目的を達成するために必要な事業

活動実績

1953年

1953年

朝日新聞大阪厚生文化事業団がアサヒキャンプ生駒山キャンプセンターを開設

2006年

2006年

特定非営利活動法人アサヒキャンプ設立

アサヒキャンプのボランティア募集

アサヒキャンプの職員・バイト募集