1. 途上国の”当たり前”を体験する【貧困脱出ゲーム】

    更新日:2020/11/22

    途上国の”当たり前”を体験する【貧困脱出ゲーム】

    NPO法人HERO
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    c92d671e66-event_children_recruiting_79392_main.png

    途上国に住む人はどんな生活をしているか想像できますか?勉強やネットの情報だけでは知ることのできない、途上国のリアルな現状をゲーム形式で体験できるワークショップ開催です!

    活動テーマ
    開催場所
    必要経費
    • 1,200〜2,500円
    開催日程
    • 2021/01/11
    募集対象

    ​\\こんな方におすすめ//

    『世界の実情を教科書やネットの情報だけじゃなく体験して学んでみたい』

    『途上国支援や国際協力に興味がある』

    『価値観や視野を広げたい』

    『世界の貧困や格差がどうして生まれるのか知りたい』

    注目ポイント
    • 知識ゼロで子どもから大人まで気軽に参加できる!
    • 現地で活動するNPOだからこそのリアルな途上国の現状がわかる
    • ゲームで楽しみながら、終わった後の学びや気づきが多い!
    対象身分/年齢
    募集人数

    30名

    募集詳細

    あなたは家に帰ると、

    電気がついて部屋が明るくなりますか?

    水道の水は濁っていませんか?

    綺麗なトイレを安全に使える環境ですか?


    そもそもこの文章を読むことができていますか?


    そんなの当たり前ですよね。



    でも、多くの途上国ではいまだにその"当たり前"が違う生活をしている人達がたくさんいます。



    そして、その事実も先進国に住む我々もなんとなく知っています。

    ただ、実際知っていることと、わかることは全然違います。


    知るのは客観的だけど、わかるのは主観的に物事を捉えることです。


    途上国の"当たり前"を体験してみませんか?


    「知る」から「わかる」へ、

    「他人事」から「自分事」へ、


    体験してみるのが一番です。


    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


    【◆貧困脱出ゲームとは?】


    カンボジア農村部、街中から車で1時間以上離れ観光客は決して行くことができない、

    ある村を舞台に、その村の日常を体験してもらいます。


    参加者は各自に与えられた村人としての限られた条件下で、

    自分の生活を改善できるように工夫し協力し決断してもらいます。

    さらに1人では解決できない問題が出てきます。


    それらの問題に対して、他の参加者(村人)と話し合いをしながらその村の未来を決めてもらいます。

    その村を貧困から脱出させるための最善の方法を見つけ出してください。




    セミナー概要:

    日時: 2021年1月11日(月・祝)13:30~15:45

    対象:どなたでもご参加頂けます。(小学生高学年以上から)

    ★毎回9割以上の方が初参加でお1人でのご参加です。

    定員: 20名

    場所:

    JICA地球ひろば 市ヶ谷駅

    参加費:

    学生チケット→ 1,200円

    一般チケット→ 2,500円


    各種セット割引あり


    __________________


    知らない"当たり前"に触れた時、あなたの"当たり前"もきっと見え方が変わってくるはずです。

    そして、その気づきがあなたの未来と、世界の未来を少しづつ変えていきます。


    その気づきがあなたの価値観と向き合うきっかけになるはずです。


    • 27285d2acb-unnamed__1_.jpg
    • e9e6678ed6-event_international_recruiting_79392_sub1.jpg
    • 804f79ea29-IMG_0276-min.JPG

    体験談・雰囲気

    このイベントの体験談

    「豊かになるには何が効果的か、ということは刻々と変わること。交渉力、決断力はもちろん、運も大きいこと。」


    「普通に暮らしていると、世界の経済状況は自分から縁遠いことに感じていましたが、ゲームを通してとても身近なことに感じました。」


    「何かが不足または無い」ことだけが貧困の理由ではないと気づいた。」


    「置かれた状況、目の前の現実によって、思考や視野が変化することを実感。不足している事に気を取られ、自分の可能性、強みに気付けない。こうやって連鎖から抜け出せなくなるのかなと。」

    特徴
    雰囲気
    • 699e797a35-2016-03-15_13.33.28.jpg
    • 63e2d36af4-event_international_recruiting_79392_sub2.jpg
    • fcd4a60eea-h_509.jpg

    法人情報

    “可能性0%を1%へ”
    代表者

    橋本博司

    設立年

    2011年

    法人格

    NPO法人

    HEROの法人活動理念

    "可能性0%を1%へ" これが我々NPO法人HEROのミッションです。


    どんな場所に生まれようと、自分の可能性に挑戦できる世界を創りたい。




    HEROの法人活動内容

    HEROでは様々な方面での事業展開を行っています。

    ■学校建設

    初等教育の土台づくりを重視し無料で通える公立学校を建設しています。現地の各州の教育省と連携をとっているため、建設後の運営費や先生の人件費などは一切かかりません。


    ■メディカルサポート事業

    カンボジア・シェムリアップで日本人の観光客を対象にした日本語対応クリニックを運営しています。そこで出た売上の一部で、村の子どもたちの健康診断や歯磨き教室などの予防医療を実施していきます。

    ■カンボジアツアー事業

    日本の大学生や社会人を対象に、カンボジアで学校建設をみんなで行う旅ぼらや、72hで現地でビジネスを立ち上げてもらう72インターンを実施しています。

    プログラム詳細はNPO法人HEROのActivo掲載記事より!


    【旅ぼら実施内容例】学校建設(レンガ積み、ペンキ塗り等)/科学実験教室/歯みがき教室/運動会/村でのホームステイ/アンコールワット観光…など。





    【インターンシップ実施内容例】飲食店の立ち上げ運営/ 観光客向けのオプショナルツアーの企画・販売/移動式販売車を利用した事業運営…など


    HEROのボランティア募集

    HEROの職員・バイト募集