最終更新から2年4ヶ月以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 食の不安を無くす。自給自足共有農場、都会から通いながら自給自足を実現する。

食の不安を無くす。自給自足共有農場、都会から通いながら自給自足を実現する。

未来農園
  • 活動場所

    大阪 豊能郡[能勢町宿野(バス)] (大阪の最北端の街、能勢町にて活動しています。日月火水が活動しています。特に、日曜が人が集まっています。最寄り駅の阪急能勢電鉄 山下駅まで、送迎致します。)

  • 必要経費

    500〜1,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1日限り)

  • 活動頻度

    週0〜1回

基本情報

食の不安を無くすために、さまざまな活動をしています。
自給自足をより楽にするために、共有農場という仕組を創り、日本中に広げていきます。
また恩送りプロジェクトとして、お米を配っています。

活動テーマ
活動場所

大阪の最北端の街、能勢町にて活動しています。
日月火水が活動しています。特に、日曜が人が集まっています。
最寄り駅の阪急能勢電鉄 山下駅まで、送迎致します。

必要経費
  • 500〜1,000円

お昼ご飯を食べるのに、500~1000円がかかるときがあります。

活動日程

随時活動(活動期間:1日限り)

毎週日曜日に、作業をしています。
草刈り、種植え、土づくり、ピザ窯つくり、竹ベンチに、鳥小屋など
色んなことをしています。
来ていただいた方には、お米や、農作物を分けることは可能です。

活動頻度

週0〜1回

作業が多い時に、人が多く欲しいです。特に作業がない時期もあります。

募集対象

農業に興味がある、または土に触れたい人なら
どなたでも歓迎します。また、共有農場の仕組を広げていきたい方も募集中です。

注目ポイント
  • 老若男女、様々な人が集まっています。
  • 持続可能な社会の実現を目指します。
  • 植物の生命力を知って欲しいです。
対象身分/年齢
募集人数

5名

関連スキル

募集詳細

若者の未来は、国の未来です。

経済が悪化し、今後も若年層の貧困化が進みます。

食の不安があると、まともな将来のことも考えることが出来ません。

食の不安をなくし、若者が挑戦しやすい環境を創りたいと考えています。


大阪は日本の中心です。それを農業で支えるために、能勢町で活動しています。

この国をよりよい国にしていきましょう。

体験談・雰囲気

法人情報

“日本から食の不安を無くす。”
代表者

大倉寿哉

設立年

2020年

法人格

NPO法人

未来農園の法人活動理念

互譲互助(互いに譲り合い、助け合える環境を創る)


未来農園の法人活動内容

①共有農場

②恩送りプロジェクト(お米を配り続ける仕組を創る)

③メディア形成

活動実績

2017年
2017年援農プロジェクトとして、農家の収穫手伝い始める。

2017年11月

みかん農家、レタス農家、お米農家など

大阪、和歌山の農家の手伝いを始める。

そこで、大量の食料をいただき、それを腐ってしまうので、配ってみる。

すると、思わぬ繋がりが出来ていったことに、感動を覚える。

いまの恩送りプロジェクトの原型です。


未来農園のボランティア募集

未来農園の職員・バイト募集