1. 青梅市近辺でプログラミング クラブのサポートメンバー募集!

青梅市近辺でプログラミング クラブのサポートメンバー募集!

CoderDojo青梅
メインビジュアル背景画像

基本情報

55c0f541fb-member_children_recruiting_79160_main.png

コーダードージョーという小中学生を対象としたプログラミング仲間の集まれるコミュニティです。子どもが好きな人、プログラミングに興味がある人、一緒に運営メンバーとしてサポートをお願いします。

活動テーマ
活動場所

会場:青梅市東青梅駅 福祉センターの貸し会議室(スイートプラム2階)。
   {もしくは羽村駅ゆとろぎを都度計画します}
リモート:新型コロナ対策のため、少人数もしくはオンライン。

必要経費

無料

交通費、パソコン等は自己負担

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

・子どもたちとのイベント:月一回、土日のいずれか
・メンバーとの勉強会  :隔週、土日のいずれか(希望に応じて検討)

活動頻度

週0〜1回

月1回のイベント。メンバーの勉強会は随時。

募集対象

・子どもが好きなひと
・パソコン、プログラミングに興味があるひと
・継続的に参加できるひと
・準備頂きたいこと:パソコン、インターネット回線、TV会議用カメラ/マイク

注目ポイント
  • 強制や束縛は無し。プライベートを優先して好きな開催日に参加できる!
  • 電子工作やゲームなど自分の興味/専門分野を活かすことができる!
  • 経験・スキルが無くても大丈夫。自分でやりたい事が見つかるかも!?
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

▼背景

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化となりました。今はまだ多くの人が単なるパソコン教育と誤解されているかも知れません。プログラミングは教えて習得するよりは自分から学んで得意としていくものであり、また自ら学ぶ子は、同じ趣味特技の仲間を作ることで成長します。そこで、小中学生を対象としたプログラミング仲間の集まれる場所作りをします。


まだ青梅市にはこのような活動が見つからないので、立ち上げることを決断しました。ぜひ青梅市および周辺地域の皆様のサポートをお願いします。


▼こんなひとを求めています

・空いている時間だけで良いのですが、継続的に参加できる人。

・一緒にコミュニティの立ち上げに協力してくれる人。


▼活動の内容

・CoderDojo(コーダー道場)は、7~17歳の子どもを対象にした非営利のプログラミングクラブです。CoderDojoという世界規模のコミュニティであり、パソコンやプログラミングを教える教室ではありません

・CoderDojo 青梅は、青梅市と周辺地域の子どもたちとプログラミングを楽しむ場所です。CoderDojoの成功例「kata」を参考にして運営します。ほぼ唯一の決まり事は「CoderDojo憲章」です。


子どもたちはほんの少しプログラミングのやり方を教えると、大人が発想できない独特なアイディアや考えで自由に作品を作っていきます。大人側からすると、教えるつもりで接したら実は子どもからひらめきを貰ったなんてことも醍醐味のひとつです。

・まずは子どもたちが集まれる場所をつくります。

・子どもたちが進んで作品を発表できるように、聞き手役をお願いします。

・子どもたちが知りたいこと、解決できない悩みがあれば、何かアドバイスや気づきのための質問などをしていただけると良いかと思います。

・子どもたちが何をやればいいのか目的を失ったときは、課題やテーマを提示することはしません。大人が自分の得意な興味/専門分野を見せつけてください。趣味が合ったら、やってみると言うかもれません。


当面は、新型コロナ対策のため会場での開催は限定的か見送るかもしれません。コミュニティを立ち上げる活動をオンラインで準備進めたいと思います。オンラインなので居住地を気にせずリモートでも参加できますが、できれば東京都青梅市周辺のご近所さんの参加をお願いします。


▼応募後の進め方

1.応募いただいたらオリエンテーションの日時を決めるメールを送ります。

2.メールで案内するオンライン(zoom)に参加いただき活動内容を紹介します(初回のみ)。

3.打ち合わせ・イベントへの参加(定期開催するための日時、参加方法を案内します)


▼イベント時間割(案)

09:00-メンバーと打ち合わせ
10:00一般参加
11:00作品発表
12:00終了・解散
-12:15振り返り会

▼活動に使うツール(案)

コミュニケーションslack
リモート会議zoom
ドキュメント共有google drive
プログラミングScratch, ラズベリーパイ, ホームページ制作


▼メンバーにお願いしたいこと

・イベントへの参加

・イベントで、子どもたちの作品発表の聞き役

・イベントで、子どもたちが分からないこと/解決したいことに対してアドバイス

・メンバー間の勉強会(基本、自主的企画になります)

みなさんの多様な専門分野を教えて欲しいです。

今、とくに好きな事が無い人は、やりたい事が見つかるかも。


▼経験・スキル

プログラミング経験やスキルの条件はありませんが、コミュニティの立ち上げということもあり、今後も継続的にご支援いただけると助かります。

未経験者には数時間のレクチャーをします。その後は自己学習となりますが、子どもたちや周りのメンバーから学ぶことが多いと思います。



  • e102fab376-eyecach.png

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

CoderDojo立川のメンターとして参加しています。

初めて Scratch というツールを使いましたがすぐに慣れてこんなものかと甘く見てたら、小学生の子どもたちはずっと高度なプログラミングを披露していて驚きました。特によかったと思うのが、大人だったら作らないだろうなと思うような、奇抜な配色やストーリー作りに、子どもたちの自由な発想力に気づかされることがあります。そして子どもの何気ない言葉をヒントに、新しいことをやってみたくなりました。

特徴

団体情報

“プログラミング初心者も歓迎。一緒に学びましょう。”
代表者

かの いちろう

法人格

任意団体

CoderDojo青梅の団体活動理念

▼CoderDojo憲章

  • ・若者が技術を作り上げていくための支援を行い、ひらめきを与えることに尽力します
  • ・できうる範囲で、高い水準の児童保護を優先します
  • ・道場に参加する子ども達や、その保護者から料金を徴収しません
  • ・保護者が道場に参加することを推奨します
  • ・持っている知識を自由かつオープンに共有します
  • ・自分たちの道場内だけでなく、他の道場とも知識を共有します
  • ・CoderDojo コミュニティの国際的なブランドを維持し、大切にします
  • ・参加者間の協力を促進し、同世代間のメンタリングや参加者同士のプロジェクトを推奨します
  • ・性別、人種、性的指向、信念、宗教、能力に関係なく、ボランティアや子ども達を歓迎します

CoderDojo青梅のボランティア募集

CoderDojo青梅の職員・バイト募集