こちらのインターンは募集が終了しています。

  1. WELgeeライター経験者の方へ!ライターインターン(長期)募集

    更新日:2020/09/02

    WELgeeライター経験者の方へ!ライターインターン(長期)募集

    NPO法人WELgee
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    11634d1966-welgee-pr-writer.jpeg

    NPO法人WELgeePR部では、多種多様なステークホルダーの方へのコミュニケーションを強化し、ファンドレイジングや新しい協働に繋げるための、ライター業務を担うインターンの方を1名募集します。

    活動テーマ
    • 移民
    • 人種差別
    • 経済格差
    • 南北問題
    勤務場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 東京

    コロナウィルスの影響により、当面リモートワークで業務を行なっていただきます。

    待遇

    無料

    無給、交通費支給あり

    勤務日程

    ◎具体的な業務内容
    ・ステークホルダーの方々へと定期配信を行うメーリングリストの企画、執筆、効果測定までの一連の業務
    ・スタッフや、就職をした難民の方への取材、オウンドメディア記事の執筆から寄稿まで、WELgeeが持つ様々な媒体でのライター業務

    勤務頻度

    週2〜3回

    応募条件:
    ・記事制作経験がある方(媒体は問いません)
    ・週2日以上勤務可能な方(勤務時間:9:00-18:00、オンライン勤務可)
    ・6ヶ月以上継続可能な方(短期希望の場合、応相談)
    ・2020年8月から勤務可能な方(勤務開始時期は応相談)

    募集対象

    ◎応募条件:
    記事制作経験がある方(媒体は問いません)
    週2日以上勤務可能な方(勤務時間:9:00-18:00、オンライン勤務可)
    6ヶ月以上継続可能な方(短期希望の場合、応相談)
    2020年8月から勤務可能な方(勤務開始時期は応相談)
    大学生以上の方
    ※無給、交通費支給あり

    注目ポイント
    • WELgeeは自分で思考し判断する裁量が大きく与えられているので、そうした環境を楽しめる人にはおすすめです。
    • 回あたりのイベントの運営が任されるため、効果が見えやすく、やりがいも大きいです。1
    • NHKクローズアップ現代、テレビ東京未来世紀ジパングなどの50以上のメディア露出実績のあるPR部でのインターンシップ。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    1名

    関連スキル
    • ライティング

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 土日中心
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • テンション高め
    • 成長意欲が高い
    • 3,4回生が多い
    関連大学
    • 早稲田大学
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • 9badc261d5-IMG_9533.JPG

    法人情報

    “自らの境遇にかかわらず、共に未来を築ける社会”
    代表者

    渡部 清花

    設立年

    2016年

    法人格

    NPO法人

    WELgeeの法人活動理念


    私たちは、日本にやって来た難民の若者たちと
    誰もが活躍できる未来を作っています。

    紛争、弾圧、治安悪化などから故郷を逃れざるを得ない人の数は世界で8000万人超。

    母国を失い、逃れた国でも、未来を奪われた難民たちが、ここ日本にもいます。

    しかし実は彼らは、私たちと同世代の夢見るITエンジニア、正義感に溢れるジャーナリスト、優しい牧師さん…
    ユニークな個性の宝の山でした。

    「機会さえあれば、誰だって活躍できる」

    一方的な"支援"ではなく、一緒に作るわたしたちの未来。
    彼らの国が平和になったときに、祖国を再建する担い手として、第二の活躍を描ける未来をつくります。

    WELgeeの法人活動内容

    2018年2月に法人化したNPO法人WELgeeは『自らの境遇にかかわらず、ともに未来を築く』をビジョンとして、世界各国から日本に逃れてきた難民とともに活動をする団体です。

    画像1

    私たちの仕事は、難民として逃れざるを得なかった人々が、自身の境遇を乗り越えて、社会の価値創造の担い手となる仕掛けを作ることです。具体的には、難民申請者の方々が、難民認定のみに頼らない方法で、自身のキャリアや人生の目標を追求できる道筋を、多様なセクターとの協働を通じて目指しています。


    ◆WELgeeの事業

    WELgeeは、現在4つの事業を行なっています。

    ■就労伴走事業(サービス名『JobCopass(ジョブコーパス)』)

    難民の方の中でも異文化間の協働経験があり、ビジネスで活躍できる人材に長期的に伴走し、企業への就職から定着、そして法的地位の安定化までの一連をサポートします。難民の方の中でも異文化間の協働経験があり、ビジネスで活躍できる人材に長期的に伴走し、企業への就職から定着、そして法的地位の安定化までの一連をサポートを行います。

    画像2

    ▲難民の人材と企業の双方に伴走するキャリアコーディネーター

    これまで8社で導入されており、日本企業の中に新たな人材活躍の可能性が生まれています。

    画像3

    ■セミナー事業

    難民の背景を持ちこれまで様々な逆境をはねのけてきた「アンバサダー(難民講師)」との交流・対話を通し、「自らの手で未来を切り拓く力」を向上させるセルフリーダーシップ育成プログラムです。

    画像4

    これまで44社で研修を実施し、

    「様々なライフヒストリーを持つ人と関わり、自分を深く見つめることができた」
    「知らなかった世界に関わる様々な人と交流で、自分の視野が広がった」

    など、多くの参加者の内面の変化を生み出してきました。


    ■Tech-Up事業

    また、日本に逃れた難民がゼロからプログラミング技術を学び、プログラマーとして働くチャンスを提供する事業『Tech-Up』を運営しています。ベテランエンジニアを含むメンター(先生)に、難民のスカラー(生徒)が学ぶTech-Upは、ITによる未来の母国や世界の担い手を育成することを目標としています。

    画像5

    ■WELgeeサロン

    さらに、毎月一度難民とともに話しあう場として、WELgeeサロンを運営しています。35回目の開催となる今年6月より、オンラインでの開催をはじめました。

    画像6

    WELgeeでは、これまでに170の難民の方と出会い、2000以上の企業、5000人以上の個人に対して、難民の方と出会う機会の提供や、難民とともに未来を築くことを伝えてきました。

    活動実績

    2013年
    代表渡部がNGO駐在員としてバングラデシュへ

    2013年

    大学を2年休学し、政府からの弾圧が続くバングラデシュのチッタゴンに。NGO駐在員とUNDPインターンとして活動するが、村が焼かれ、レイプが横行する中で暮らす人々の現状を知ると共に、国際機関の限界を感じる。

    2016年
    難民の「友達」ができる

    2016年

    東京で居場所がなくハンバーガー店で夜を明かすコンゴ民主共和国出身の同世代の難民と友達になる。彼の夢は「女の子が当たり前に学校に行ける環境をつくる」こと。彼らが作ろうとする明るい未来に、自分も関わりたいと強く感じる。

    「難民ホームステイ」を始める

    2016年

    多くの難民たちが来日後に直面している困難が「社会からの孤独・孤立」だということを知り、彼らを家に招いて一緒に過ごす「難民ホームステイ」を始動。20家族に協力してもらうが、彼らの自立に繋がる新たな取り組みが必要だと実感する。

    有志3人で任意団体として活動開始

    2016年03月24日

    「厳しい境遇に陥ったとしても、自分の未来を実現できる社会をつくるには?」という疑問をもとに、難民問題について素人のゼミ生3人で集まる。法律や行政の仕組み、難民条約について勉強を始め、難民当事者にも話を聞きに行くようになる。

    2018年
    任意団体からNPO法人に

    2018年

    多様なセクターのパートナーシップにより難民を取り巻く構造的な課題解決と、日本社会での新たな価値創造を実現すべくNPO法人化。難民を人材として繋げる就労伴走事業や、難民と市民社会との接点を作るWELgeeサロンを始動。

    2020年
    自らの境遇にかかわらず、ともに未来を築ける社会の実現へ

    2020年

    難民が未来をデザインできる状況を作るため、難民の法的地位の安定と、産業界におけるパートナーシップの拡大を目指す。そのために、難民の人材と企業のマッチングを加速し、プログラミングなどの難民個々のスキルアップにも取り組む。

    WELgeeのボランティア募集

    WELgeeの職員・バイト募集