こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  3. オンライン:コロナで気になるあの業界の社長に話を聞いてみる!~飲食店編~

更新日:2020/06/29

オンライン:コロナで気になるあの業界の社長に話を聞いてみる!~飲食店編~

神戸ソーシャルキャンパス
メインビジュアル背景画像

この募集の受入団体「神戸ソーシャルキャンパス」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

f3af0a8944-event_communitydevelopment_recruiting_78068_main.png

就活生はコロナウイルスが各業界にどのような影響を与え、それぞれどのような対策を取っていくのか、これから注意深く情報を収集する必要があるでしょう。今回は飲食業界の社長に本音を聞いてみます!

活動テーマ
開催場所
  • オンライン開催
必要経費

無料

開催日程

18時~20時

募集対象

・来年の就活事情が気になる人
・社長と本音で話してみたい人
・就活仲間を探している人

注目ポイント
  • 飲食店を経営する社長とざっくばらんに話せます!
  • オンラインなので、どこからでも参加できます!
  • アフターコロナ、ウィズコロナについて色んな視点から考える場になります!
対象身分/年齢
募集人数

20名

募集詳細

来年の就活、どうなる!?

コロナウイルスによる経済的ダメージは、就活にも深刻な変化をもたらすことが確実です。ANAグループが2021年度入社の採用を一時中断するなど、今年度すでに大きな影響が出ている面もありますが、影響は来年度も確実に続くでしょう。21年卒就活生には、これまで以上の情報収集と対策が必要となってくるでしょう。


一方、企業としても学生の動向をつかむことが重要になってきます。大手志向が高まるのか、人気業界に変化があるのか、就活以外の選択肢が広がってくるのか、、、などなど。


このように学生も企業もお互いのことを知り、情報を共有することが、今とても重要で貴重な機会となっています。


そこで、神戸ソーシャルキャンパスの学生チーム「Can a yeLL」では、学生と社長が意見交換できる場を作ります!今回は特にコロナの影響を受けているであろう飲食業界で奮闘する社長に来ていただき、ざっくばらんに業界の今とこれからについてお話いただきます。さらに、学生と社長がフラットに意見交換する場も設けます!


【イベント概要】

日時:6月28日(日)18時~20時

場所:オンライン(お申込者にZoom URLをお伝えします)

参加費:無料


【ゲスト社長紹介】

小笠原由晃さん

・株式会社OGA(飲食店経営等)代表

・有限会社神戸ケアエース(訪問介護等)

・NPO法人K.O.B.E(介護・福祉事業)

・笠松商店街振興組合 理事長

神戸市長田区で生まれ育ち、2004年12月に訪問介護事業を開始。その後、数々のM&Aを通して介護事業、飲食事業、美容事業と多角的に事業を展開。現在は地域に根付く会社にしようと、地域向けサービスを他業種にて展開中。




団体情報

神戸ソーシャルキャンパス

“みんなの「学街活動」を応援します!!”
代表者

大福聡平

設立年

2017年

法人格

その他

神戸ソーシャルキャンパスの団体活動理念

神戸市・兵庫県内にチャレンジコミュニティの構成員となる若手を輩出すること

チャレンジコミュニティの構成員とは・・・

社会起業家、社内起業家、NPO職員、フリーランス等、組織ではなく「職」(やりたいこと)でキャリアを作っていく人たち

※神戸ソーシャルキャンパスは、神戸市による補助事業として運営されています。

神戸ソーシャルキャンパスの団体活動内容

・学生向け交流スペースの運営

・NPO/企業/地域団体のボランティア/インターンシップ募集情報と学生のマッチング

・自主イベント/プロジェクトの立ち上げ

・地元中小企業を対象とした求人支援

神戸ソーシャルキャンパスのボランティア募集

神戸ソーシャルキャンパスの職員・バイト募集