1. 日光街道の地域の魅力あるモノを紹介・販売するブースの企画・運営

    更新日:2019/09/09

    日光街道の地域の魅力あるモノを紹介・販売するブースの企画・運営

    一般社団法人日本ES開発協会
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    1792105ed5-activo.jpg

    毎年春日部で開催している「グリーンフェス(今年は11月30日)」での企画ブースに参画いただける方を募集。日光街道沿いのまちで育まれたおいしいモノ・すてきなモノを紹介・販売するブースの企画・運営です。

    活動テーマ
    活動場所
    • 栃木
    • 埼玉
    • 東京
    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:半年)

    「グリーンフェス」本番は11月30日です。それまでの準備期間から、イベント終了後の報告会(2月)において、活動を共に進めていきたいと考えています。

    活動頻度

    応相談

    毎週曜日を決めて参画している大学生、週末等を利用して参画している高校生等、関わり方はさまざまです。話し合いの上、活動への参画のしかたを決めていければと思います。

    募集対象

    社会人や学生など多様なメンバー・協力団体と共に「未来の新しい”はたらく”を創り出す」をテーマに開催しているイベントですので、”はたらく”について興味関心がある皆さんを募集しています。

    注目ポイント
    • 実際に日光街道を歩き、地域の魅力を体感した上で、企画を進めます
    • 地域のつながりの基点とも言える地域企業の経営者や地域リーダーとの接点をつくれます
    • デザイン思考や経験学習などアイディアを形にしていくプロセスそのものから学びを得られます
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    10名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • パンフレット作成
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    私たちは、毎年勤労感謝の日がある11月に、日本橋から日光東照宮までの143キロの道のりを多様なメンバーで五日間に分けて歩き通す「日光街道まるっと学び舎プロジェクト」を開催しています。日光街道は、徳川家康や松尾芭蕉、二宮尊徳、吉田松陰、渋沢栄一など、日本の社会の変容の道を開いた数々の偉人の足跡が残り、歩きながら多くの気づきや学びを得られる行程です。そして、その街道沿いのまちで暮らし働く人たちは、地域に誇りをもち、地域のつながりの基点としてさまざまなチャレンジを起こしながら、”カッコよくはたらく大人”としての姿を示しています。

    毎年このイベントを行なっている私たちとしては、歩くからこそ見えるそのまちの魅力・そこで暮らしはたらく人たちのカッコよさを、次世代を担う若者や子供たちに伝えていきたいと考えています。そのために、それらの地域で生まれさまざまな”はたらき”によって育まれた「モノ」を集め、春日部でのおまつりイベント「グリーンフェス」で紹介・販売していきながら、地域を舞台にはたらく意味を考えていきたいと思います。

    • 4ee4046af7-meetup.jpg

      グリーンフェス2018終了後の懇親会にて

    • f92c64dc64-2017.JPG

      日光東照宮に向けて多様な仲間と歩き進みます

    • 04d920bbd1-55498797_296324381044211_3281060778819452928_n.jpg

      毎年の新年会では一年間のGood job プロジェクトの活動報告をしています

    • 321d39dab1-55557129_325315521522266_636748503862738944_n.jpg

      地域のつながりの基点としてESを軸とした経営を実践している企業の皆さんに活動を支えていただいています

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 699fe29085 picture 1537500832

    一般社団法人日本ES開発協会

    代表者

    金野美香

    設立年

    2008年

    法人格

    一般社団法人

    日本ES開発協会の法人活動理念

    「日本の未来の”はたらく”を考える」

    この言葉を合言葉に、2008年有限会社人事・労務が中心となり、私たちは、「日本ES開発協会」を立ち上げました。

    この世に生を受けてきた者の多くが通る"はたらく"という道。その道は、ある者にとっては短く、ある者にとっては長くもあります。

    総じて言えることは、決して楽な道ではないということです。

    それにも関らず、"働く"の本当の意味を考える機会が少なすぎる。もっと若者たちに"働く"を考えてもらいたい、本当の姿を知ってもらいたい。そこで、私たちは、日本の未来の"はたらく"を、特に、次世代を担う若者たちに、自分自身で体感し、経験することを通して考えてもらいたい!そのような信念から、ES(Employee Satisfaction:人間性尊重)を軸に、経営者・社会保険労務士、行政書士、キャリアコンサルタント等の専門家が集まり組織化しました。

    次世代を担う子供たちの未来へ、「おかげさま」「ありがとう」「どういたしまして」など日本の誇り高い美しい仕事観を残し、伝えていく活動を行い、日光街道を舞台としたGood job プロジェクトや、日本各地の企業や商工団体、学校機関と連携した活動を通して、「人に地域に環境にやさしい持続可能な社会」を実現し、ミッションをもった「カッコイイ大人」を増やすことを目指しています。

    日本ES開発協会の法人活動内容

    ●Good job プロジェクト(グリーンフェス、日光街道まるっと学び舎プロジェクト)の運営

    ●地域企業と若者たちをつなぐインターンシッププログラムの運営

    ●子どもたちのお仕事体験「はたラボ」の運営

    ●「EAP(従業員支援プログラム)はたラボ」の運営

    日本ES開発協会のボランティア募集

    日本ES開発協会の職員・バイト募集