こちらのボランティアは応募受付を停止しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での福祉・障がい・高齢者系ボランティア募集一覧
  4. <うつや生きづらさで苦しんでいる方のセルフヘルプグループ>ボランティアスタッフ

更新日:2022/11/06

<うつや生きづらさで苦しんでいる方のセルフヘルプグループ>ボランティアスタッフ

ReOPA
  • 活動場所

    東京

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

2023年02月10日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入団体「ReOPA 」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

ReOPAはうつで苦しんでいる方、生きづらさを感じている方に寄り添うセルフヘルプ(自助)グループです。当事者に寄り添う様々なイベントを開催しています。一緒に活動して下さるボランティアスタッフを募集♬

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

イベントは基本的に日曜日に開催(たまに土、祝日も)

募集対象

ReOPAは、うつ病やうつ状態で苦しんでいる方、生きづらさを感じている方に寄り添う自助グループです。
主に東京で活動しています。

ReOPAでは一緒にグループの運営をしてくれる方、当事者のための活動に協力してくれるボランティアスタッフを募集しています。
現在オフラインのイベント、オンラインのイベントを織り交ぜて開催しています。
月に一回の当事者会(こころトーク)やその他当事者に役に立つイベントを企画しています。

※基本的にイベントに毎回参加していただける方が対象になります。
SNSなどの運用に詳しい方も大歓迎です!

セルフヘルプグループの活動、運営に興味のある方、自分も何か活動を始めてみたいという方、自分も誰かの役に立ちたいという方、得意なことを生かしてみたいという方などなど・・、一緒に会を作っていきませんか?

誰でもどんな小さなことでも会にとって大きな力になります。
関わり方は色々あります。

お気軽にご連絡下さい!

注目ポイント
  • ボランティアの経験や疾患についての専門的な知識がなくても大丈夫。関わり方は色々あります。
  • うつ病や様々な生きづらさを抱えた方の生の声、リアルな声に触れることができます。
  • 参加者が明るい顔になっていったり、回復していく姿を見ることができ充実感いっぱい。
対象身分/年齢
関連スキル
特徴

募集詳細

ReOPAはうつ病やうつ状態で苦しんでいる方、生きづらさを感じている方に寄り添うセルフヘルプ(自助)グループです。月一回のこころトーク(当事者会)やこころ女子トーク(女性だけの当事者会)などを開催しています。一緒にグループの運営をしてくれる方、当事者のための活動に協力してくれるボランティアスタッフを募集しています。


セルヘルプグループの活動に興味のある方、自分も何か活動を始めてみたいという方、自分も誰かの役に立ちたいという方、得意なことを生かしてみたいという方などなど・・、一緒に会を作っていきませんか?


※基本的にイベントに毎回参加していただける方が対象になります。

SNSなどの運用に詳しい方も大歓迎です!


セルフヘルプグループ、自助グループに興味がある方も、ない方も、メンタル疾患に興味がある方も、ない方も、

誰でもどんな小さなことでも会にとって大きな力になります。


--------------------------------------------------


☆スタッフ

会の運営に携わっていただきます。

当事者会こころトークの運営(設営、司会など)、イベントの企画、運営、Webでの広報活動など当日以外の業務もあります。

イベントには基本的に毎回参加してただき当日の運営に関わっていただきます。


-----------------------------------------------


仕事や学校の状況に合わせて、関わり方はご相談下さい。

ボランティアの経験や専門的な知識がなくても大丈夫。

一緒に会を作っていきませんか?

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

イベントはやわらかい雰囲気の中、行われています。

参加者の生の声や体験を聞くことができ、自分でも得られることが多いです。

悩みや不安を抱えている参加者が少しでも晴れやかな顔で帰っていくのを見ると、こちらも元気になります。

参加者から力をもらうことも多いです。

特徴

団体情報

“ReOPAには、当事者が安心して休んで(Rest)、回復へのきっかけをつかみ(Opportunities)、 次へ向けての準備をして(Preparation)、そして実際に一歩を踏み出して歩き出せるように(Action)・・という思いが込められています。”
代表者

ゆま

法人格

任意団体

ReOPAのボランティア募集

ReOPAの職員・バイト募集