こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 「多様なヒト」を動かす力!災害ボランティアリーダー研修 <7/6-7 東京開催>

    更新日:2019/07/07

    「多様なヒト」を動かす力!災害ボランティアリーダー研修 <7/6-7 東京開催>

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV) + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    610bb5d202-43706461_2280637405344015_2594820400437264384_n.jpg

    被災地での傷病対策や過去に災害ボランティアの現場で実際にあった事例等を学ぶ、2日間の研修です。
    被災地での活動のみならず、平常時のご自身の仕事や活動にも活きるトレーニング内容です。

    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 防災
    • 減災
    • 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)
    • 平成30年北海道胆振東部地震
    開催場所
    • 東京 新宿区 新宿区立防災センター (地図)
    必要経費
    • 1,000〜3,000円

    <参加費>
    一般:3,000円
    学生・PBVサポート会員:1,000円
     ※資料代込み

    開催日程

    両日とも10:00-18:00

    募集対象

    下記の講座のいずれかを受講した者、もしくは災害ボランティア経験を有する者
    ・「災害ボランティア入門」(主催:PBV)
    ・「災害ボランティア研修」等 (主催:行政または各社会福祉協議会)

    また、「救急救命講習」の受講と「ボランティア保険(天災タイプ)」の加入を推奨しています。
    ・「救急救命講習」は、消防署や日本赤十字社などの公的機関、もしくは医療機関や民間救急団体が主催しています。
    ・「ボランティア保険(天災タイプ)」は、各自治体の社会福祉協議会にて発行しています 。
      参照:社会福祉法人 全国社会福祉協議会発行の「ボランティア活動保険」案内

    注目ポイント
    • 「現場」での判断力と実践力を学びます。
    • チームをまとめるリーダーシップを学びます。
    • 多様な人とのコミュニケーションを学びます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    20名

    募集詳細

    防災・減災に関する知識、被災者とボランティアとのコミュニケーション、現場の安全管理やリーダーシップなど、状況の変化に対応しつつグループをまとめる判断力を養います。

    現場での活動経験を持つトレーナーが、トレーニングを担当します。

    災害支援の基礎から応用編までを学ぶ、2日間のプログラムです。


    ◆1日目

    日本の災害対応における公的支援・民間支援の枠組や、各フェーズにおけるボランティアの活動内容を学びます。

    また、映像やカードゲーム「クロスロード」を使ったワークショップでは、被災地での多様なニーズと対応策への想像力を養います。

    ・災害の仕組みと日本の災害対応

    ・災害ボランティアの活動内容

    ・被災地での危機管理

    ・カードゲーム「クロスロード」

    ・災害ボランティアリーダーの心構え

    など


    ◆2日目

    被災地という特殊な環境における安全管理や傷病対策を、時間や場所、活動内容に合わせて具体的に学びます。

    また、過去のボランティアリーダーが直面した課題を元にしたケーススタディ(事例研究)を通して、自分なりのリーダー像や対応策を考えます。

    ・災害ボランティア活動時の安全管理

    ・傷病対策(講義と実技演習)

    ・ケーススタディ(事例研究)

    ・ワークショップ

    ・災害ボランティアのリーダーシップ

    ・振り返り

    など

    • 6eff586857-2018_nishinihon_03_02.jpg
    • adf2211eec-IMG-2889.JPG
    • c0e769681b-IMG-2890.JPG
    • 10a9cbee23-IMG-2888.JPG
    • eb23057db6-2018_nishinihon_03_01.jpg
    • 042c325982-IMG-2892.JPG
    • 8e780ef98a-IMG-2893.JPG
    • 999d5f5a2d-acc0408ba736f979537ab5db0606b2e5-300x225.jpg

    体験談・雰囲気

    このイベントの体験談

    幅広い世代で一緒に話し合う中で、いい意味で自分の先入観が崩れていきました。実際の被災地ボランティアでも、皆同じ目的を持った仲間だと理解して活動したいです。

    (東京在住/20代女性/学生)

    特徴
    • 友達が増える
    • 土日中心
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    • ee61a9cbe2-201.JPG
    • 24c36d5927-102.jpg
    • b3a1c27867-104.JPG
    • 531039f600-302.JPG
    • 7058e9a4ac-301.JPG

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 5f7e9105b1 1a9248b577 pbv logo  1

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV)

    代表者

    山本隆

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動理念

    東日本大震災の被災者支援のため、NGOピースボートが阪神淡路大震災以来培ってきた独自のシステムにより国内外からボランティアを組織し、被災地の自治体、社会福祉協議会およびNPOなどと協力して、それらボランティアによる緊急支援活動および地元の雇用創出を含む復興支援活動を展開することを目的とし、また、日本国内外において地震、津波、台風などの自然災害が新たに発生した場合、国内外のボランティアが火急かつ効果的かつ持続的に被災者を救援、支援できるよう、災害ボランティアの育成と被災地へのより効果的な派遣システムの確立と普及も目的としています。

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動内容

    東日本大震災では、被害の大きかった宮城県石巻市・女川町を中心に、緊急・復興支援活動を展開。全国47都道府県、また世界52の国と地域からの災害ボランティアが1万人以上参加しています。

    自然災害に加え、原発事故を伴った福島では、子どもたちの“夢と健康"を目的とする国際交流・自然体験などの保養プロジェクトを行っています。

    また、台風被害や豪雪被害への緊急支援を行ったほか、今後起こり得る大規模災害に備えたボランティア・リーダーの人材育成をはじめとする防災・減災へも積極的に取り組んでいます。

    2016年~2018年には、新宿区協働事業として新宿区や他団体と共に、新宿区内の防災減災意識の向上と共助の担い手育成を目的とした「しんじゅく防災フェスタ」を開催します。

    ピースボート災害支援センター(PBV)のボランティア募集

    ピースボート災害支援センター(PBV)の職員・バイト募集