1. ボランテイア随時募集!(セミナー、研修会などのイベントのお手伝い)

    更新日:2020/01/30

    ボランテイア随時募集!(セミナー、研修会などのイベントのお手伝い)

    一般社団法人人権問題研究協議会
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    6567d72675-DSC_1822.JPG

    福島・郡山のゆるキャラちゃんたちと代表

    活動テーマ
    • 人身売買
    • チャイルド・プア
    • 発達障害
    • 高齢化社会
    • 孤独死
    • 社会的孤立
    • 経済格差
    • ワーキングプア
    • ホームレス
    • 食糧問題
    開催場所
    • 東京
    必要経費
    • 1,000円
    開催日程

    随時開催(開催期間:1日限り)

    1.講演会・児童虐待問題を共に考えるPartⅢ
    講師:弁護士 坪井節子 「子どもシエルターの現場から」
    開催日時:2020年5月22日(金)午後6時40分~午後8時50分 会場:矯風会館1階(JR総武線大久保駅北口徒歩2分、又は山手線新大久保駅徒歩6分,
     新宿区百人町2-23-5)、集合:午後5時30分 解散:午後9時

    2.東京2020大会記念チャリテイーイベント
    「市民と共に考える楽しくダイナミックな街づくり」
      ~困難を乗り越えて今、ワンチームに!~
    予定講師 ①某大学教授 ②オリンピック候補選手
    コンサート ①民謡歌手 小山みつな ②福祉音楽家/知的障がい・自閉症を有する 渡部雄太 ③小山 清雄 津軽三味線小山流師範 ④佐藤公基 尺八 ⑤佐藤晃弘 和太鼓奏者 その他
    開催日時:2020年6月6日(土)午後2時~4時20分 会場:足立区役所庁舎ホール(東武伊勢崎線、日比谷線、梅島駅下車徒歩12分、又は西新井駅東口よりバスはるかぜ号5分、北千住駅西口よりバス15分)、集合:午後12時30分、解散:午後5時、解散:午後5時

    募集対象

    経験不問ですが、経験者尚可。
    受付係、アンケート回収係、記録係、撮影とプロジェクター係、エスコート(道案内又は会場内案内)係、イスや机の準備と後片付け係(会場によって異なる)

    注目ポイント
    • 当団体の運営方針に賛同し、共に協力して活動して下さる方。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • シニア
    募集人数

    10名

    関連スキル
    • デザイン
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    講演会のイベントボランテイア随時募集中!詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

    • 08e72d00e7-DSC_0555.JPG

    体験談・雰囲気

    このイベントの雰囲気

    静かな雰囲気で、聴講者は大変熱心に聴き入っています。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 短時間でも可
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    • 8ff319d764-no1__1_.jpg
    • 8b8d813a78-DSC_0234__1_.JPG
    • 9446d21f1c-event_penury_recruiting_72332_sub2.jpg

    法人情報

    Articles c1f15c470a header image 1543055331
    Avatar

    一般社団法人人権問題研究協議会

    代表者

    高橋 光子

    設立年

    2018年

    法人格

    一般社団法人

    人権問題研究協議会の法人活動理念

    当法人は、憲法で保障された「健康で文化的な生活を営む権利」などへの阻害要因となっている「人権」に関する問題を共に考え、希望に沿った支援を行っています。
    児童・障がい者・高齢者、女性などへの性暴力、虐待、DV、ストーカー行為、生活困窮者、LGBT、外国人、ハンセン病患者やHIVその他の感染症病者などへの差別や偏見、働く場におけるパワーハラスメント、セクハラや学校でのいじめ等は、人権問題であり、「生」の問題です。人が人として健全に生きる権利を奪うものです。

    人権問題は、社会全体の利益に密接に関連していることを全ての国民が認識しなくてはなりません。

    私共は、差別や抑圧の歴史を認識し、多様な文化と人権を尊重できるような社会の実現に向けて地域の篤志家や専門団体と共にその変革に取り組んでいます。



    人権問題研究協議会の法人活動内容

    私たちは、上記の人権に関する課題を抽出し、政策提言を行い、個人や関連団体と協働で、自己実現に向かって挑戦していく人々を側面から支援しています。その為、セミナーや研修会、施設参観なども活発に実施し、他団体が主催する啓発活動などにも積極的に参加しています。

    あなたは一人ではありません。誰か信頼できる人や専門家に打ち明けるだけでも心が軽くなります。

    私共は殺傷事件や事故、災害などにより精神的、経済的、社会的損失を受けている方やその他複雑な事情を抱えた方々の相談に親身になって乗り、救済する活動をしています。相談対応者は社会福祉士、精神保健福祉士、医師、弁護士、税理士、社会保険労務士、臨床心理士などの有資格者や経験豊富なメンバーで、殆ど無償で対応しています。

    相談ごとは、電話、面談、Skypeのいずれでも実施、事情によっては家庭訪問にも応じています。

    活動実績

    2018年
    新規事業をスタートします。

    2018年06月16日

    子ども、障がい者、高齢者、ひとり親、生活困窮者、犯罪被害者などの相談支援と人権に関わる講演活動、教育・啓発活動を実施しています。


    次回の講演会は、2020年5月22日(金)午後6時40分~8時50分
    大久保駅北口徒歩2分、矯風会館1階ホール

    定員:120名

    (毎回120名規模で開催)


    来春より「子ども食堂」及び「障害者就労支援事業所」を開設予定です。

    人権問題研究協議会のボランティア募集

    人権問題研究協議会の職員・バイト募集