こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 3/15(金)〜17(日)森づくり体験プログラム「四万十川 森林の楽校2019」

    更新日:2019/03/07

    3/15(金)〜17(日)森づくり体験プログラム「四万十川 森林の楽校2019」

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク) + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    df28d412dc-shimanto_1.jpg

    南国高知の「四万十川 森林の楽校」は、廃校を活用した施設を拠点に、四万十の人と自然を満喫する2泊3日です。森づくり体験、交流会、竹の食器づくり、カヌーなどを行います。

    活動テーマ
    活動場所
    • 高知 四万十市 四万十市西土佐中半 (地図)
    必要経費
    • 23,000〜25,000円

    学生・会員: 23,000円/一般: 25,000円
    ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。開催日前日以降はキャンセル料が掛かります。

    活動日程

    2泊3日

    募集対象

    関心のある方ならどなたでも大歓迎!

    注目ポイント
    • 四万十の森づくり
    • 四万十の人と交流
    • 四万十で川下り
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア
    募集人数

    10名

    募集詳細

    JUON NETWORKが全国16ヶ所で開催している、森づくり体験プログラム「森林の楽校(もりのがっこう)」

    南国高知の「四万十川 森林の楽校」は、廃校を活用した施設を拠点に、四万十の人と自然を満喫する2泊3日です。


    1日目は、竹林で間伐した竹で食器や箸を作り、竹筒で炊いた香ばしい竹飯を味わいます。

    2日目は、森林を維持するための整備として、伐採や間伐、運搬、薪割り作業などを行います。

    昼食は、薪集め、火起こしから始めるドラム缶ピザ。

    そして、四万十に来たらやっぱりカヌー!

    3日目は、最後の清流と呼ばれる四万十川の水面を楽しむ、初心者も安心の川下りです。


    【集合・宿泊】

    四万十楽舎(しまんとがくしゃ)

    高知県四万十市 西土佐 中半(なかば)

    ※JR予土線(しまんとグリーンライン)「江川崎」駅より車で約20分(送迎あり)


    【定 員】 10名 ※最小催行人数3名

    【締 切】 3月6日(水) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。

    【主 催】 一般社団法人 西土佐環境・文化センター 四万十楽舎、JUON NETWORK

    【協 力】 西土佐やまもりーず


    【費 用】 学生・会員: 23,000円/一般: 25,000円


    【日 程】

    ※当日の天候や現地の状況により変更することがあります。

    ※JR予土線(しまんとグリーンライン)「江川崎」駅送迎有。


    ◆3月15日(金)

    14:45 四万十楽舎集合、受付(JR江川崎駅より車で約20分)

    15:30 竹林間伐

    17:00 竹食器づくり

    18:00 竹飯&竹酒で交流会

    入浴・フリータイム


    ◆3月16日(土)

    8:00 朝食

    9:00 移動

    10:00 ドラム缶ピザ準備(薪集め、火起こし)

    12:00 昼食(自分達で焼いたピザで、野外にて)

    13:30 森づくり体験(伐採や間伐、運搬、薪割り作業など)

    16:00 移動、入浴

    18:00 夕食交流会


    ◆3月17日(日)

    8:00 朝食

    9:00 カヌー川下り、集落散策

    11:30 着替え(シャワー可)、閉校式、送迎

    12:30 解散(JR江川崎駅)

    • 1b3e1b7ef7-shimanto_2.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

     私は四万十川に何度か行ったことがありましたが、ボランティア活動を通じて自然や人と触れ合い、より深い部分を知りたいと思い参加しました。

     一日目はまず竹林の間伐を行いました。竹を伐採したことはなかったのですが、簡単にできるだろうと思っていました。しかし、竹を切るのはもちろんのこと、切った竹を倒して運び出すのが意外に難しかったです。

    そして、切った竹を使って食器づくりを行いました。鉈など普段あまり使わない道具を使うのは難しかったですが楽しかったです。みんな細部にこだ わって作っていて何も言われなければ、ずっと作業を続けているのではと思うほど熱中していました。

    作った食器で食べるご飯はとてもおいしかったです。特に竹に入れて沸かした酒はとてもおいしく何杯でも飲めそうでした。

     二日目はピザ作り、森林軌道整備を行いました。森に囲まれ、大空の下で食べるピザは格別でした。すぐ横を流れていた四万十川の支流の黒尊川はとても澄んでいてきれいでした。この川を見ることができただけでも活動に参加した意味があったと感じました。森林軌道整備ではかつてトロッコが引かれ森林軌道として使用されていた場所の木を切ったりどかしたりしました。使用されなくなってかなりたつのに、当時そこで活動していた人々の息遣いを感じ ることができました。それと同時に人の手が加わらなくなると次第に荒れていき跡形もなくなるだろうとも感じました。

     三日目はカヌーを行いました。カヌーの経験がなく転覆しないか心配でしたが楽しく行うことができました。何より雄大な四万十川を肌で感じることができとても感動しました。

     三日間はあっという間でした。はじめは不安を感じていましたが活動していくうちに徐々に打ち解けることができました。一緒に食事をしたり酒を酌み交わしたりすることでいろいろな話ができて四万十のことが知れたり、自分が今後どう生きるか考えることができました。今後もいろいろな場所に行って、いろいろな人と交流したいと思いました。

    今度はぜひ夏の四万十川にお邪魔した いと思います。

    このボランティアの雰囲気

    活動をしていくうちに打ち解けていき、年齢差関係なく仲良くなることができました。

    地元の方とお話ししたり、森林や自然が好きな方、高知県を丸ごと堪能したい方には

    とてもおすすめな活動だと思います。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 1,2回生が多い
    • e6c72f22b7-DSCF8516.JPG

    法人情報

    Articles 76845d5070 header image 1388212425
    Square small 49885fa606 picture 1388212425

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    生源寺 眞一

    設立年

    1998年

    法人格

    認定NPO法人

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動理念

    ★3つの重点課題

    ①人が、自然(森林・田畑・河川・海)を持続的に活用できる社会。

    ②農山漁村が、都市とともに持続的に存在できる社会。

    ③若者が、人と自然、都市と農山漁村をつなぐ担い手として持続的に活躍できる社会。

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動内容

    ★事業の3本柱

    ○都市と農山漁村の交流、森林・田畑の保全(森林の楽校・田畑の楽校)

    ○ボランティア人材育成 (エコサーバ-検定・森林ボランティアリーダー養成講座)

    ○国産品・地産地消の推進(国産間伐材製「樹恩割り箸」)

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)のボランティア募集

    JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の職員・バイト募集