こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 【東京開催】11月17日 わが家の災害対応ワークショップ

    更新日:2018/12/05

    【東京開催】11月17日 わが家の災害対応ワークショップ

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV) + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    d543f77361-event_disaster_recruiting_71483_main.jpg

    家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、被災した状況をイメージしながら、具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを考えます。

    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 防災
    • 減災
    • 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)
    • 平成30年北海道胆振東部地震
    開催場所
    • 東京 新宿区 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1 (地図)

    会場:ピースボートセンターとうきょう B1
    アクセス:各線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分

    必要経費
    • 500円

    ワークブック代

    開催日程

    13:00 - 14:30

    注目ポイント
    • 家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせた防災対応を考える
    • 「わが家」で役に立つ災害対応や備えを「書き込み式テキスト」で洗い出し!
    • ワークショップ終了後には、家族で話し合うべき事や備えに必要な内容が分かる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア
    募集人数

    12名

    募集詳細

    <持ち物>

    ・筆記用具

    ・お住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図

    (例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)


    <ワークショップ内容>

    第1部 身のまわりを知る

    講師の進行とワークブック(テキスト)に従って、受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。また、持参していただいた防災マップ・ハザードマップなどの使い方を紹介します。


    第2部 イメージする

    災害イメージシート自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を、「災害イメージシート」を使って具体的にイメージします。また、その中で対応に迷ったことや困ったことをグループで共有します。


    第3部 対応を考える


    災害時に必要な基本的な対応方法や知識をクイズ形式で学びます。また、各家庭で必要な備え(災害用備蓄品、非常時持ち出し袋)の中身を考えます。 最後に、「わが家の災害時役立ち情報シート」を使って、家に帰ってから同居者で話し合うべきことを確認します。

    • e256e58d42-event_disaster_recruiting_71483_sub1.jpg

      質問タイムでは、講師に色々聞いてみよう!

    体験談・雰囲気

    このイベントの体験談

    (40代女性、会社員)

    あっという間の1時間半でした。きちんと見直す、予想してみるとやるべきことに次々と気が付きます。家族とシェアしたいと思います。


    (20代男性、学生)
    改めて、地震に対しての対策を考え直そうと思いました。防災マップを確認し、非常食の準備などを家族とやりたいです。学校の授業でこのように災害に対して考えるのは大事なことだと思いました。


    (10代女性、高校生)

    高校の防災訓練で受講しました。映像やクイズなどもあって、楽しく勉強できました。


    (40代女性、主婦)

    時系列で、いつ何を考え、どう行動するかをシュミレーションしたことで、何から始めるべきかを知ることができました。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 5f7e9105b1 1a9248b577 pbv logo  1

    一般社団法人ピースボート災害支援センター(PBV)

    代表者

    山本隆

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動理念

    東日本大震災の被災者支援のため、NGOピースボートが阪神淡路大震災以来培ってきた独自のシステムにより国内外からボランティアを組織し、被災地の自治体、社会福祉協議会およびNPOなどと協力して、それらボランティアによる緊急支援活動および地元の雇用創出を含む復興支援活動を展開することを目的とし、また、日本国内外において地震、津波、台風などの自然災害が新たに発生した場合、国内外のボランティアが火急かつ効果的かつ持続的に被災者を救援、支援できるよう、災害ボランティアの育成と被災地へのより効果的な派遣システムの確立と普及も目的としています。

    ピースボート災害支援センター(PBV)の法人活動内容

    東日本大震災では、被害の大きかった宮城県石巻市・女川町を中心に、緊急・復興支援活動を展開。全国47都道府県、また世界52の国と地域からの災害ボランティアが1万人以上参加しています。

    自然災害に加え、原発事故を伴った福島では、子どもたちの“夢と健康"を目的とする国際交流・自然体験などの保養プロジェクトを行っています。

    また、台風被害や豪雪被害への緊急支援を行ったほか、今後起こり得る大規模災害に備えたボランティア・リーダーの人材育成をはじめとする防災・減災へも積極的に取り組んでいます。

    2016年~2018年には、新宿区協働事業として新宿区や他団体と共に、新宿区内の防災減災意識の向上と共助の担い手育成を目的とした「しんじゅく防災フェスタ」を開催します。

    ピースボート災害支援センター(PBV)のボランティア募集

    ピースボート災害支援センター(PBV)の職員・バイト募集