こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 8/7(火)緊急開催「西日本豪雨 支援報告会」

    更新日:2018/08/04

    8/7(火)緊急開催「西日本豪雨 支援報告会」

    特定非営利活動法人 難民を助ける会 + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    6d2171d2e6-IMG_0291.jpg

    AAR Japan[難民を助ける会]では7月9日より、西日本豪雨の被災者支援を実施しています。
    このたび、現地で活動にあたったAAR 緊急支援チームの3名が一時帰京し、活動報告会を開催します。

    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)
    開催場所
    • 東京
    必要経費

    無料

    注目ポイント
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • シニア
    募集人数

    50名

    募集詳細

    AAR Japan[難民を助ける会]では岡山県倉敷市の避難所で炊き出しを行うとともに、同市、愛媛県大洲市、宇和島市で避難所や被災した福祉施設を訪問し被災状況や必要な支援を調査しつつ、今すぐに必要な物資の配付を継続しています。
    過去の災害時支援から、AARでは障がい者に支援が届きにくい状況を確認してきましたが、実際に東日本大震災では障がい者の死亡率は全体の死亡率の2倍(2.06%)に上ったことが明らかになっています(NHK「福祉ネットワーク」取材班)。また障がいに起因する課題として、急激な環境変化への対応が困難で、避難所での生活ができない、支援情報が行きわたらないなどもあり、障がいのある方の日常を取り戻すことが急務です。


    障がい者施設、障がいのある方が直面している現地の最新の状況と、今後求められる支援について報告します。


    【日時】2018年8月7日(火)14:00―16:00(13:30受付開始)
    【会場】AAR Japan[難民を助ける会]6F 交流スペース(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル6F)
    JR/ 東急目黒線/ 東京メトロ南北線/ 都営三田線 目黒駅から徒歩2分

    【定員】50人(先着順、事前にお申込みください) 参加費:無料
    【お申し込み】AAR Japanのホームページ、もしくはお電話(03-5423-4511)で承ります。
    【主催】AAR Japan[難民を助ける会]


    【登壇者プロフィール】
    ■高木 卓美(AAR Japan[難民を助ける会]緊急支援チーム)
    2014年4月よりAAR東京事務局で主に東北事業を担当。熊本地震(2016年)、九州北部豪雨(2017年)の緊急支援にも従事。大学卒業後、音楽活動、民間企業や大学での勤務を経て、AARへ。埼玉県出身


    ■田中 晴子(AAR Japan[難民を助ける会]緊急支援チーム)
    2015年10月よりAAR東京事務局勤務後、2016年1月から2017年〇月までラオス駐在員。その後、東京事務局にてミャンマー、ケニア事業と緊急支援を担当。九州北部豪雨(2017年)の緊急支援にも従事。大学で国際関係学を学んだ後、民間企業での海外営業職を経て、青年海外協力隊員としてアフリカ・マラウイの難民キャンプや保健所で活動。茨城県出身


    ■鎌田 舞衣(AAR Japan[難民を助ける会]緊急支援チーム)
    2016年9月より東京事務局で広報・支援者担当。大学院卒業後、学童保育の指導員として勤務。東日本大震災発災後、故郷の岩手県の子どもたちのことが気にかかり、NGOに転職。4年間、陸前高田市の仮設住宅などでの子ども支援に携わる。所属団体の東北支援終了を機にAARへ。岩手県出身

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small bebe319bfd 0a7e9e0322 author image 75555user

    特定非営利活動法人 難民を助ける会

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    理事長 長 有紀枝

    設立年

    1979年

    法人格

    認定NPO法人

    難民を助ける会の法人活動理念

    1979年にインドシナ難民支援を目的に日本で生まれた国際NGOです。特定の政治や宗教に偏らず、多くの方々からのご寄付に支えられ、現在は、17ヵ国で活動しています。紛争や災害などの困難に直面した人々へ、「困ったときはお互いさま」の精神で直ちに支援を届けるとともに、誰もが生命や生活を脅かされることのない社会を目指した活動をしています。

    難民を助ける会の法人活動内容

    AAR Japan[難民を助ける会]は、難民や自然災害の被災者への緊急支援などを実施しています。現在は日本を含め、世界17ヵ国で活動中。内戦が続くシリアの国内に取り残された人々に食糧支援を実施し、トルコに逃れてきた難民には生活に必要な法的相談に乗り、語学教室などを提供し、なかでも戦闘に巻き込まれてけがをした人や生まれつき障がいのある人には車いすなどの歩行補助具やリハビリを提供しています。またギリシャでは、一人で逃れてきた身寄りのない子どもを保護しています。ケニアの難民キャンプでは、南スーダンなどから逃れてきた人々を支援。難民の多くを占める子どもたちの教育支援を実施しています。国内でも東北と熊本の被災地で支援を継続中です。こうした緊急支援のほか、障がい者支援や地雷対策なども行っています。例えば、ミャンマーでは差別や偏見などのため教育を十分に受けられず、家にこもりきりになりがちな身体に障がいのある人が、就職して自立できるよう、職業訓練校を運営。地雷被害がもっとも深刻な国のひとつであるアフガニスタンでは、地雷の事故にあわないための教育活動や地雷除去支援をしています。

    難民を助ける会のボランティア募集

    難民を助ける会の職員・バイト募集