こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. しばふハウス 2泊3日のこどもキャンプ 一緒になって遊んでくれるリーダー大募集!

    更新日:2018/07/14

    しばふハウス 2泊3日のこどもキャンプ 一緒になって遊んでくれるリーダー大募集!

    しばふハウス
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    ecc516ae22-singly_children_recruiting_70550_main.png

    7月30日〜8月1日に小学生を40名程連れて自然あふれる群馬県の小平の里へ2泊3日で泊まりに行きます。プールや川遊び、キャンプファイヤーなどをして遊びます。一緒に遊んでくれるリーダーを募集しています!

    活動テーマ
    活動場所
    • 埼玉 さいたま市 埼玉県さいたま市中央区本町西4−19−15 (地図)

    7月30日(月)にしばふハウス(最寄駅:さいたま新都心駅、北与野駅)に集合し、群馬県の小平の里へバスで移動します。
    ほかの仲間もいるので、はじめてでも大歓迎!
    ちょっとでも興味のある方も友達との参加もおまちしております。

    必要経費

    無料

    活動中にかかる費用はすべてこちらが負担します。また、全体を通して5,000円程度の謝礼金をお渡しします。

    募集対象

    高校生以上で子どもと一緒になって遊んでくれる人を募集しております。

    注目ポイント
    • 子どもの成長を間近で見ることができます!
    • 子どもたちと一緒に生活することで、子どもへの関わり方を学べます。
    • 一緒になって楽しい3日間を過ごせます!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    7名

    募集詳細

    普段の生活から離れ、思いっきり自然の中で遊び切ります。初めて会う子たちが一緒になって協力し、時にぶつかりながら、親のいない場所で成長していく。そんな場に一緒にいることができる。本当に素敵な経験ができます。

    子どもに関わることが初めてな方も、事前に話す場がありますので、キャンプの前に心配をなくして臨むことができます。
    お友達と一緒に参加いただくこともできますので、ぜひまずは動画をご覧くださいませ。

    ぜひ一緒に子どもたちと一緒にキャンプにいきましょう!


    下の動画は昨年の様子です。

    体験談・雰囲気

    このボランティアの雰囲気

    全員が仲間。心からそう言えるほど、みんな一丸となって過ごすことのできる3日間です。

    参加するスタッフもそうですが、子どもたちに囲まれ、笑顔いっぱいの3日間になること間違いなしです。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 交通費支給
    雰囲気
    • テンション高め
    • 活動外交流が盛ん
    関連大学
    • 埼玉
    • 東洋

    団体情報

    代表者

    三尾新

    設立年

    2016年

    法人格

    任意団体

    しばふハウスの団体活動理念

    ▼目的

    この団体はすべての子どもたちが生き生きと成長していくために必要な子どもたちへの支援や親への支援、そして環境への働きかけを目的とする。

    ▼想い

    子どもたちはみんな素晴らしい。自ら学び、育っていく。教えられたわけではないのに、誰もがまねしながら、学んでいく。誰もが自分で考えている。悩み苦しむことがあっても乗り越えていく。子どもたちは本当に強い。でも、子どもたちがそうあれるのは、どんなときでも味方でいてくれると信じることができる母の存在のおかげです。お子様自身は言葉にはできないまでも、ごはんや洗濯にはじまり、毎日毎日積み重ねられる献身的な愛情が、お子様の自己肯定感に繋がっています。

    いつもお子様を気にかけ、素敵な愛情を注いでいるお母様がた、でも、どんなお母様もいつも笑顔でいることはできません。疲れてしまっている時、自分の時間がほしい時、話し相手がほしい時、キッズクラブやしばふハウスなど、きままさいたまに関わることで、少しでも心配事が減り、リラックスできる、そんな場を提供していきたいと考えております。

    しばふハウスの団体活動内容

    『子どもが生き生きと成長していく』

    ▼子どもに

    素直に心を開ける場を提供する

    様々なことに触れる機会を提供し、学びにつなげる

    自信を育む

    ▼親に

    いつでも頼れる場所、くつろぐげる場所として

    お子様を一緒に育てる仲間として

    お子様の良さを知ることのできる場として

    ▼街に

    『子どもは街の宝物』として、街ぐるみで子育てをできる環境を作る。そのためにも、人と人とが直接関わり合う賑やかで助け合いができる街に