こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

  1. 【9月出発】世界遺産の街ルアンパバーンで社会起業家と問題解決に挑む!

    更新日:2018/07/01

    【9月出発】世界遺産の街ルアンパバーンで社会起業家と問題解決に挑む!

    特定非営利活動法人 very50(ベリー フィフティ) + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    6dc03fa109-laos3.jpg
    活動テーマ
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • ラオス ルアンパバーン郡 (地図)
    必要経費
    • 98,000〜148,000円

    ・大学生98,000円
    ・社会人148,000円
    ※友人紹介制度・奨学制度・無利子分割支払いも可能です!詳細はお問い合わせください。

    活動日程

    事前授業:2018/07/14
    現地ワーク:2018/09/15 - 25

    募集対象

    ・アジア新興国で新規事業立ち上げやマーケティングをしてみたい方
    ・アジア新興国の社会起業家の経営課題解決に取り組みたい方
    ・自身の知識やスキルを途上国の現場で試してみたい方
    ・大学や会社以外の仲間と一緒にプロジェクトを遂行したい方
    ・グローバルで活躍するメンタリティーがある方

    注目ポイント
    • どんなビジネスでもベースとなるリーダーシップ、社会人基礎力としての知識やスキルを習得(論理的思考力、問題解決力、発想力、ビジネス現場での実践力など)
    • 異なる環境で自分とは異なる人たちの集まりの中で問題解決を進めていくというタフな経験により、「生涯の仲間」との出会い。
    • 英語を駆使し海外で通用するグローバルなコミュニケーションを習得できる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    15名

    募集詳細

    社会人・大学生向け 海外実践型問題解決プロジェクトin ラオス

    通常のスタツアとは一味違う、アジアのリアルな社会課題を解決しながら学べる新型スタディツアーMoGでは、参加者を大募集します!


    MoGとは?

    「Mission on the Ground (現場で起きている問題の解決)」の頭文字をとった造語です。

    新興国の社会起業家達と現場での経営課題を通じ、自分で考え抜き、最後まで目標達成のためにやり抜けるタフな人材を育成するプログラムです。60日間の事前トレーニングでは、1チーム12人を結成し、課題発見、発想法、マーケティングの実践的なビジネスの内容に特化した訓練をします。


    60日におよぶトレーニングを受講後、実際にアジア新興国へ赴き、現地の社会事業家らと共に「問題解決プラン」を協議し、現地の状況に見合う事業計画の策定します。現地の社会企業と共に彼らの経営課題に挑むという、ソーシャルビジネスの最前線に入り込むトレーニングキャンプです。



    【今回は、ラオスを舞台にプロジェクトを募集します。】

    <プロジェクト内容>

    世界遺産の街ルアンパバーンでラオスの地産地消を支え、人々を支える国産のヨーグルトメーカーの新規顧客の開拓と商品開発に挑戦します。


    <プロジェクト期間>

    2018年9月15日(土)~2018年9月25日(火)

    ※国内事前トレーニングは7/14(土)開始予定


    <締切>

    2018年6月22日(金)


    興味がある方はまずはお気軽にご連絡ください!

    初めての方も1人参加の方も大歓迎!たくさんのご応募お待ちしております。

    • e2537a884a-laos1.jpg
    • ebe89c0c1b-laos2.jpg
    • cf3249ae9e-laos4.jpg

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Usersmainimg
    Avatar

    特定非営利活動法人 very50(ベリー フィフティ)

    代表者

    菅谷 亮介 Sugaya Ryosuke

    設立年

    2008年

    法人格

    NPO法人

    very50(ベリー フィフティ)の法人活動理念

    「自立した優しい挑戦者を増やす」ことで世界をもっとオモシロクします!

    very50(ベリー フィフティ)の法人活動内容

    日本とアジア新興国を拠点にして“教育”や“人材”を軸に様々な事業を行っています。
    常に私たちの活動の根底にあるのは、very50は“学び場”(=学校)であるということです。
    アジア新興国問題解決プロジェクト(MoG)

    ☆個人参加☆

    アジア新興国の人々が直面している問題の解決に、発案から実行まで取り組むことを通じて
    参加者の知識を実践力に変えることがMoGプログラム最大の特徴です。
    1チーム約12人で構成します。メンバーは学生、会社員、フリーランサー、クリエーターなどさまざまです。
    多彩な顔ぶれが1つになって行う長時間の事前トレーニング、仮説に基づく事業計画の立案、
    そして、そこから生まれる世代や職業を超えた熱い議論は、きっとチームメンバー全員にとって
    生涯の財産になります。
    実際に現地で行うワークでは仮説の段階で想定しなかったこと、事業家たちの未熟な側面、
    安易な海外進出の裏にある弊害など現地に行って初めて知り得る本当のアジアが見えてくるはずです。

    ☆法人参加☆

    アジアに限らず海外のマーケットを視野に入れている企業にとって、
    既存の研修会社が提供してきた従来型のプログラムでは企業が本当に必要とする人材を
    育てることが難しくなってきています。
    なぜなら杓子定規な社会人としてのマナー研修や室内での論理的思考力養成といったものでは、
    40億人とも言われる新興国市場における貧困層の本当のニーズをつかみきれないためです。
    アジア新興国の社会課題の解決を起点として、現地に配慮があり、かつ、
    イノベーション創出を活発化できる人材を育成することを目的としております。

    ☆公開講座(MiC)☆
    MoGの事前トレーニング(授業)の一部を一般公開し、様々な方にご参加頂いております。
    教室内での座学中心ですが、皆さんのチャレンジ(挑戦)にきっと役立つ実践的な内容や
    その時に知っておくべき内容を提供していきます。
    (例:オトナの政治経済 など)
    人材紹介・採用支援事業
    very50が提供する学び場(MoGや公開講座)を通じて、成長を遂げた多くの若者(学生・社会人を問わず)と、
    その才能が活きるベストマッチな企業採用の実現をお手伝いさせて頂きます。

    very50(ベリー フィフティ)のボランティア募集

    very50(ベリー フィフティ)の職員・バイト募集