こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 被災地高校生の16歳の語り部INかながわ

    更新日:2017/03/22

    被災地高校生の16歳の語り部INかながわ

    一般社団法人 やまと災害ボランティアネットワーク
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    45bb24fa1f-IMG_2577.JPG

    被災体験やその後の生活を高校生が語ります。

    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 防災
    • 減災
    活動場所
    • 神奈川

    神奈川県横浜市 私立武相中学 高等学校
    神奈川県立三浦臨海高等学校
    大和市保健福祉センター4階

    必要経費

    無料

    無料 会場まで各自にてお願いします。

    募集対象

    被災地の高校生の語り部に興味のある方
    被災地の現状を知ってください。

    注目ポイント
    • 16歳の語り部で宮城県で活動している高校生が来県します。
    • 被災地の実体験をもとに避難所の運営訓練を行います。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    5名

    募集詳細

    被災地の高校生と神奈川県の高校生の福祉防災研修

    開催日 2017年 3月18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)

    3月18日(土)13:00~開催

    武相中学・高等学校 16:00まで予定

    (〒222-0023 横浜市港北区仲手原2-34-1)

    3月19日(日)9:30~開催

    県立三浦臨海高等学校 12:30まで予定

    (〒238-0113 神奈川県三浦市初声町入江274番地の2)

    3月20日(月・祝) 9:30~開催 12:30

    大和市保健福祉センター 4階 (一般の方も参加可能です。)

    (〒242-0004 神奈川県大和市鶴間1丁目31−7)

    被災した、県立石巻西高等学校の高校生、被災地16歳の語り部の高校生をお招きしての福祉防災研修を開催します。

    多くの高校生の参加をお待ちしております。 個人での参加もOKです。

    【研修内容】 東北大学特任教授 斎藤幸男(元石巻西高等学校校長)先生による講話

    ・被災体験(語り部 16歳の語り部)

    ・避難所運営訓練(高校生が運営側になります。)

    ・防災かるた紹介 ・防災カレンダー紹介 など

    ・被災地(宮城県)の当時のお話や現在の状況などを語っていただきます。

    • 590e6e9682-IMG_2564.JPG

      被災地の高等学校での福祉防災研修

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    雰囲気
    • テンション高め
    • 勉強熱心
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    法人情報

    一般社団法人 やまと災害ボランティアネットワーク

    代表者

    市原 信行

    設立年

    1999年

    法人格

    一般社団法人

    やまと災害ボランティアネットワークの法人活動理念

    地域防災減災活動を通して人材育成に寄与する事

    やまと災害ボランティアネットワークの法人活動内容

    神奈川県内の防災減災活動

    被災地での支援活動(東日本や熊本、常総、広島、岡山、九州北部など)

    子供たちへの支援活動(児童養護施設への支援など)(震災孤児などへの支援)

    高校生・大学生への支援活動と人材育成事業 等(宮城研修事業なども行っています。)

    やまと災害ボランティアネットワークのボランティア募集

    やまと災害ボランティアネットワークの職員・バイト募集